大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連地区専用トランプ

「トランプ」って、変な言葉だ。
語源由来事典によれば、
トランプは、英語「trump」からの外来語であるが、日本で「トランプ」と呼ばれるカードは、英語では「(playing)cards」と言い、トランプをすることは「play cards」と言う。
英語の「trump」は「切り札」を意味し、この遊戯やカードを意味するものではない。
明治時代、外国人がこの遊びをする際、「トランプ」と言っているのを聞き、この遊戯に使うカードや遊戯そのものと勘違いしたことから、日本では「トランプ」と呼ぶようになった。
また、英語「trump」の語源は、勝利や征服を意味する「triumph」である。


さて、このトランプだが、中国語では、扑克(pu1ke4、プォクァ)という。調べた訳ではないが、英語のポーカー(poker)から来たことは間違いないだろう。

コンビニで、「大連地区専用扑克」というのを見つけたので買ってみた。
puke051211.jpg

浙江省の会社がわざわざ「大連地区専用扑克」と書くからには、何か秘密があるのだろうと期待していたのだが、箱を開けてみると、普通のトランプが3組入っているだけだ。
説明書も何もない。

ここから先は推測なのだが、大連人がトランプでゲームをするときに、一組だけではなく、3組のトランプを混ぜて、150枚程を一山にして遊んでいるのをしばしば見かけるので、恐らく、3組が一箱に入っていることが、「大連地区専用扑克」の意味付けだと思う。

大連独特の遊び方があるようで、一緒に遊ぼうとしたことがあったのだが、結局ルールが分からず途中で抜けてしまった。しばらく横で眺めていたのだが、やっぱりルールは分からないままだった。

このトランプのメリットとしては、一組ずつ買うと
2元×3組=6元
かかるところが、一箱セットで5元と割安なところだ。
それにしても、トランプが2元(30円)って、安いよね。

コメント

拖拉機

拖拉機「tuo1la11ji1」という遊び方をご存知ですか?10年位前広州で中国人の友人たちの間ではやっていた遊びです。ルールは何回聞いても理解できず、また、はたから見ていてもどういう法則で「牌」を出していっているのか全くわかりませんでしたが、ともかく熱中してやってはりました。数元単位でお遊びでかけていたのでしょうが、ほんとに中国人は賭け事大好きですね。
先日もわたしの連れ(黒龍江省出身)が家族とビシバシ音ならしながら「打puke」に興じていましたが、これまたルールわからず。一見アメペー(アメリカンページワン)のような感じですが、「ハート7」「ハート10」「ダイヤ10」ときていきなり「K3枚!(ビシッv-355)」が出てきたり(笑)。なぞの遊戯でした。ちなみに1組のトランプでしたよ。

  • 2005/12/24(土) 09:57:31 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

道端で賭けてますね

>BEOさん
拖拉機と言うゲームは知りません。
中国人は、道端のトランプで熱中して遊んでいますね。
あの熱中の仕方は、5元10元の遊びじゃないと思いますよ。それこそ、家や家財道具まで全部賭けているような勢いです。

  • 2005/12/25(日) 13:24:59 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/312-6d8f29d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。