大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒト科・ヒト属・喫煙種」展示室

大連空港の吸煙室(喫煙室)だ。
空港全体が禁煙指定なので、タバコを吸いたい人は、この部屋に入って吸うしかない。
kituen051220.jpg

「吸煙室」と看板が掲げられているが、
「脊椎動物門・哺乳綱・霊長目・ヒト科・ヒト属・喫煙種」
とでも書いた方がピッタリ来ると思った。
要するに、ヒト属の中でも、特にタバコを吸わずにいられない特殊な「喫煙種」の展示ルームという訳だ。

日本から大連空港に到着する直前に、機内放送で、
「大連市内の公共の場所は、全て禁煙ですからご注意ください」

と案内されてビビった人も多いのではないだろうか。
喫煙者が多いのは昔の日本と同じだの記事で書いたように、中国の喫煙者は非常に多いし、マナーも良くないので、路上でタバコを吸うのは当たり前だから、あまり心配しなくても良い。

オレは、もう30年以上も前に禁煙して、今じゃ全く吸いたいと思わないが、禁煙には3・3・3・3の危機があるとよく言われる。
即ち、3日・3週間・3ヶ月・3年を意味する。
タバコを止めようとする決意があれば、3日・3週間は軽くクリアできるだろう。もし、ここまでで挫折するなら、もともと本気じゃない。
かなり、本気で止めようとして、壁にぶつかるのが3ヶ月だ。
この辺で辛いのが、喫茶店と宴会だ。
彼女とデートで喫茶店に入ったは良いが、話が途切れて間が持たない、いつもなら自然とタバコに火を点けるところだが、、、、。
最も危険なのが、宴会だ。盛り上がってくれば、周りは霧のようにタバコの煙が漂い、誰のものか分からないタバコが、その辺にいくつも転がっている、酔っ払って自制心はゆるくなっているし、ここでつい一本、3ヶ月の努力が無になる瞬間だ。

もう一つ危険なのが、麻雀だな。
ツイてなければいらいらいして、
「おい、ちょっとタバコ1本いいか?」

逆にすごく良い手が来れば、ドキドキしながら、
「ちょっとタバコ1本貰っていいか?」

聴牌タバコという習慣もあるし。

オレの経験的感覚では、3年過ぎてもまだ安心は出来ない。まだまだタバコの魔力を断ち切ったとは言い難く、上述のようなちょっとした切っ掛けで簡単に崩れてしまう。
5年たてば、まず大丈夫だろう。逆にタバコに対する嫌悪感が出てくるから、ここからニコチン中毒が再発する危険は少ないと思う。

禁煙を目指しながら、こうした努力と自己抑制が出来ない人たちは、上の写真の
「脊椎動物門・哺乳綱・霊長目・ヒト科・ヒト属・喫煙種」展示室
に入って、自己反省をしつつ、人目に醜態を晒すしかない。

禁煙をする気などさらさらない人は、紫煙をくゆらせながら、堂々と吸っていれば良い。

コメント

でっつは、辛いのが空港とかを決意したい。


  • 2005/12/27(火) 13:48:26 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

タバコに関しては積年の恨みがありまして、あまり下手なことを書くとスモーカーの方からブーイングを浴びかねないので1日様子を見ておりましたがコメントがないようなので(除了ジョン君以外・笑)・・・。
僕と友人(彼も嫌煙派)との間では↑の写真のような空間を「アヘン窟」と呼んでいました。空港に限らずありとあらゆる公共空間は「アヘン窟」方式にして全面禁煙にしてもらいたいですね、嫌煙派としては。ただ、この点についてはスモーカーの皆さんとは利害関係?が対立する点なので無理にとは申しません。
中国人の喫煙マナー(に限らず公共道徳全般、ですが)は日本よりもなお悪いですね。さすがに市内バスや軽軌の車内で吸っているのは見たことありませんが、「禁煙」と明記してあるトイレやエレベーター内で吸うのは理の当然という態度なのは面食らいます。

  • 2005/12/28(水) 10:46:35 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

タバコはねぇ!

>ジョンは
相変わらず、訳の分からないことを書いているなぁ。

>BEOさん
常連読者の皆さんが喫煙愛好家か嫌煙派か分からないままに書いてしましたが、喫煙者を責めてはいないつもりですよ。
責めているのは、禁煙しようとして、出来ない人です。
元来の喫煙愛好者は、こんなことではめげません。私の実父は、もう80歳ですが、相変わらずヘビースモーカーで、「メシは止めてもタバコは止めない」とガンガン吸っていますが、肺がんの兆しはありません。

さて、トイレはともかく、狭いエレベーターの中で吸われるのは堪りませんね。さすがに、エレベータの中でスパスパ吸うわけではありませんが、火がついたタバコを持ったままエレベータに入ってくるのは、常識みたいですよ。「禁煙」のステッカーの前でたなびく煙を見ると信じられない思いです。

  • 2005/12/28(水) 13:16:18 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

中国では自分がタバコを吸うときに必ずと言っていいほど同席の人に「どや?」と勧めてきますよね。それに対して「我不抽煙。」というと「好!」とほめられることが増えてきたように思えます。中国でも健康ブームなんでしょうか?10年位前には「男のくせにタバコもすわへんのか?」とバカにされた経験もあるのですが、中国人のタバコに対する考え方も徐々にかわりつつあるのかもしれません。
 それでも、特に田舎に行くと「タバコの煙を迷惑だと思う人間がこの世には存在する」という思想そのものが彼らの中にはほとんど無いようです。携帯電話の使用にいたってはマナー云々いう感覚がひとかけらもないように見えるのですが、どうでしょう?

  • 2005/12/28(水) 14:11:43 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

タバコの話になると

日本では「禁煙ファシズム」に押されて、ますます肩身が狭くなっていますが、俺は「一度も止めようと思ったことの無い」スモーカーなんで、中国ではけっこう居心地が良いです(笑)。
俺は酒はほとんど飲めないんですが、その代わりと言ってはなんですが、タバコは滅法好きで、一種のこだわりもあります。その点で中国は地方毎にいろんな銘柄のタバコがあって、実に面白いですね。
普段吸ってるのは、地元の営口捲煙廠の「人民大会堂」で、これは遼寧省を代表するブランドで東北の「中華」と呼ばれているそうです。日本では「マルボロ」か両切りの「ピース」を吸ってました。一番売れている「マイルドセブン」はあの独特の紙臭さが鼻について全く美味いと思いません。…なんて書いても、どうやらスモーカーの人がほとんどいないので、反応はなさそうですね(苦笑)。
でも、俺はマナーはちゃんと守ってますよ。エレベーターの中でタバコを吸うなんて、スモーカーの風上にも置けねぇやつだ! だいたいあんな閉鎖空間でタバコを吸って美味いわけがない。タバコって屋外の空気の良いところで吸うと、一番美味いんですよ。とか何とか書いても…、ま、いっか、と、またタバコに手を伸ばす。(バカヤロー、死んだって止めるもんか、ガハハー)

携帯にしてもタバコにしても結局は「他人に迷惑をかけないように」使う(吸う)分には全く問題ないと思います。「営口市」さんのようにマナーを考えて吸ってくれれば、われわれ嫌煙派も目くじら立てないんだけどなぁ・・。
ところで、嫌煙人間には全く立ち入れない分野ですが、中国ではやはり「ニセタバコ」って多いのでしょうか?以前物の本で読んだところによるとニセタバコ、ニセ酒が多いので買うときは気をつけるように、なんて書いてましたが・・・。ニセタバコはともかくニセ酒は命にかかわるのでそれ以来中国での酒は極力レストランかホテルで飲むようにしてますが・・・。

  • 2005/12/29(木) 08:41:02 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

他人の迷惑

>BEOさん
確かに必ずタバコを勧めますね。
タバコもさることながら、携帯電話のマナーも最悪ですね。もともと中国人って声が大きいのに、狭いエレベータの中でやられると参ってしまいますよ。
電車の中は当たり前、映画館でも音楽会でもお構いなしデスね。

>遼寧省営口市在住さん
両切りのショートピースですかぁ。オレが吸っていた頃でも、ヘビースモーカーの栄誉みたいなタバコでしたねぇ。缶入りともなると「アオカン」とか言って、別の意味もあったりして。
マナーの良い喫煙者を責めたりしませんよ。自己責任ですから。
ただ、止めようと思って止められない人って、可哀想だと思います。
マークトゥェインの有名な言葉
「禁煙なんて簡単なことだ、ボクは何回も禁煙しているよ」
ダメな奴!更にこれを引用して威張る更にダメな奴!

>BEOさん
茅台酒の偽物があると聞いたことがあります。
でもね、飲料水「娃哈哈」の偽物があるくらいだから、タバコの偽物もあるんじゃないですか!

  • 2005/12/29(木) 10:22:57 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/314-61787655
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。