大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中友好「北大橋」

「老虎灘公園」を過ぎて、濱海路(中路)の方へ向かって走ると、大きな吊り橋がある。

大連市と北九州市は姉妹都市だが、これは1972年9月の日中共同声明による国交回復を契機として、中国との友好交流を更に促進させるため、北九州市と都市形態が類似している大連市と友好都市の締結を行いたい旨、北九州市が希望したことによる。

大連市と姉妹都市の約束を取り交わしている日本の都市は、北九州市のほかに舞鶴市がある。
その他の国の姉妹都市も紹介しておこう、ドイツのブレーメン市、ドイツのロストック市、イギリスのグラスゴー市、フランスのルアーブル市、アメリカのオークランド市、ロシアのウラジオストック市。
その他に、遼寧省が富山県と有効都市となっている。
beidaqiao051226.jpg

この橋は、「北大橋」と言って、友好都市締結5周年を記念して、市街地の南に位置する秀月峰景勝地に架けられたつり橋で、1984年5月1日の起工式には、北九州市長をはじめとする北九州市友好代表団が参加した。3年後の1987年5月に竣工した。

橋の上から海を臨むと、晴れていれば沖合いの小島が見えとても美しい景色になる。そのため、今では、結婚式後の記念写真撮影のポイントにもなっており、ウェディングドレスを着たカップルが、しばしば訪れて撮影している。

コメント

大連~富山に航空便があったと思いますが、遼寧省との姉妹県(省)の関連があったんですね。富山~大連ってそんなに需要ないやろ?と思っていましたが(勘違いだったらすみません)。
ところで中国の「市」というのは一見同じに見えていくつかレベルがあるようで、
①重慶市→四川省から分離された実質上の「省」。人口3000万超。
②北京・上海・天津市
①、②は「中央直轄市」で「省」には属していません。(あえて①、②を分ける必要もないですが・・・)
③大連市、瀋陽市、広州市のようないわゆる「普通の市」
④「県級市」と呼ばれる小都市。少し前まで「県」だった。
↑の区分は非常に大雑把&いい加減なので、どなたか賢者の方適宜ご訂正ください。

ここで私が↑のような例を持ち出したのは、いったい日中間で姉妹都市関係を結ぶのに、日本の「市」対中国の「市」で本当につりあうのだろうか?ということです。同じ漢字である「市」を使っていても方や人口3000万の重慶市と方や人口6000人にも満たない北海道歌志内市(↓参照)
http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/
が同じ「市」というカテゴリーに入れるとしたら無理があると思うのです。
逆に同じ「県」という字を使っているからといって黒龍江省万寿県と愛知県が姉妹都市を結んだら(たとえば、ですよ・・・)これはこれでおかしいわけです(なぜなら中国の「県」は「市」の下、日本の「県」は「市」の上のレベルなので)。
まぁ北九州と大連位だったら釣り合いが取れてていいと思いますが、同じ「市」同士だからといって姉妹都市を結ぶとバランスが取れない場合も出てくるでしょうね。

  • 2006/01/07(土) 13:04:42 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

制度に拘らなくても

大連市の管轄は、6区、3市(瓦房店市、普蘭店市、庄河市)、1県(長海県)です。
市の下に区があるのは、日本でも同じなので抵抗は無いのですが、市の管轄下に更に市があるのは、どうしても納得できません。漢字が何万文字もあるんだから、わざわざ同じ「市」を使わず、何か別の字を当てはめるべきだと今でも思っています。
姉妹都市のバランスということですが、国毎に制度も名称も違うので、名前に拘らなくても良いのでは無いでしょうか?
中国の省やアメリカの州は、面積的には、日本国全体に匹敵する場合もあるし、英語のcountyは郡と訳されますが、アメリカのcountyはかなり大きく、日本の市を凌駕することも珍しくありません。 郡と市が姉妹都市でもおかしくないと思います。
ちなみに、大連の県級市の一つ「瓦房店市」は熊本県の玉名市、山形県の天童市と姉妹都市ですが、県級市といいながら、実は人口は15-20倍、面積は30-40倍、瓦房店市の方が大きいです。
お互いに、交流を深めることがメリットになると判断すればよろしいのではないかと思います。 しかしその判断過程において、互いにメンツもありますから、極端なアンバランスは、生じ得ないと思いますよ。

  • 2006/01/07(土) 15:21:53 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

中国の行政単位

BEOさんのコメントに関して
中国の行政単位は、新中国の成立(1949年)以降も何回か変遷がありましたが、現在は次のようになっています。
(1) 省・自治区・直轄市
(2) 地区級市
(3) 区・県級市・県
(4) 郷・鎮
(5) 村
ここで注意しなければならないのは、日本だと都道府県の下に市町村が並列的に存在するわけですが、中国の場合は(1)~(5)が全て縦系列になっていて、「市」に属さない「鎮」とか「村」というのは存在しないということです。
中国でわれわれの知っている「市」というのは、大連とか瀋陽とか、概ねこの「地区級市」ですから、日本の感覚で言えば、ある大きな市(例えば札幌市とか名古屋市とか)に周辺100kmぐらいの衛星市町村を全部くっ付けて、人口が300万ぐらいになったものだと考えれば判り易いでしょうね。そして、その中には、繁華街もあれば、市街地もあり、農村も山もあると言う具合です。大連市の中にも例えば「瓦房店市○○鎮××村」なんていう地名の、どうしようもない田舎があるわけですが、そういう所の田舎者でも他所の土地に行き、「俺は大連から来たんだ」と言うと、まあ体裁もいいし、しかもウソではないわけです(笑)。

市の中に市?

大連市の管轄は、6区、3市(瓦房店市、普蘭店市、庄河市)、1県(長海県)とのことですが、「瓦房店市○○鎮××村」は正式には「大連市瓦房店市○○鎮××村」となるのですか?それにしても、かなり離れた庄河市まで大連市の管轄とは初めて知りました。500万以上の人口は、これらすべての合計で6区だけでは無かったのですね。
ついでと言っては何ですが、「大連市政府」とか言いますが、アメリカの「州」のような権限はあるのですか、それとも日本の「県」位の感じですか。(日本では「政府」は国だけですよね)小生の印象では、国にお伺いを立てていつも従属しており自治というイメージはないのですが・・・。もうひとつ「○○自治区」という少数民族の自治区は自治権があるのですか(もちろん一定の範囲内なのは当たり前ですが)。
なんか、いつも質問ばかりですね。恐縮です。

  • 2006/01/07(土) 17:48:58 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

おおよそ僕の予想通りの反応をいただけたようで・・・(^^;>)
はくらくてんさん同様の疑問を僕も思っていたのですが、おそらく住所を書くときに「遼寧省大連市瓦房店市」とは書かず、大連市を省略するのではないでしょうか?この場合の「大連市」と「瓦房店市」は上下級の関係にあるのでしょうが、一般的に瓦房店市に住んでいる人を「大連市民」とは呼ばないですよね。そのあたりのニュアンスもどなたか賢者の方ご教授ください。
別の話題でカラオケ小姐のことが出てましたので、ついでに書きますと(笑)、小姐が「上海出身」「北京出身」と言ったときも「まぁだいたい江蘇あたり、河北あたりの出身なんだろうな」と思うようにしています。ベトナム人の小姐が「サイゴン出身」といった時は10中8、9メコンデルタのカントー、メトー、ベンチェーのど田舎出身ですから、残念!!

  • 2006/01/09(月) 13:54:30 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

その通りです

郵便などで宛先住所を書く場合は、「遼寧省瓦房店市…」と書くのが一般的です。それから瓦房店や庄河の住人を大連市内の住民は「大連市民」とは認めません(「あんな田舎は大連ではない」という差別意識と、現在の地区級市の制度は確か1980年代以降の制度で、それ以前は大連市には属していなかったことの二つの理由があります)が、制度的には広義の「大連市民」であるということはできます。
まあ、全国的には「瓦房店市」なんて言ってもほとんど知られていませんし(遼寧省の中でも知らない人間は多い)、大連はやはり全国的にもネームバリューが高いですからね。

郵便局の見解

郵便局の知人に尋ねたら、郵便物としては
  「遼寧省大連市瓦房店XYZ路123号」
が良いということでしたが
省級市でも県級市でも市は市なので
  「遼寧省瓦房店市XYZ路123号」
という書き方が正式なのではないかとのことです。
そうは言っても、遼寧省の中で「瓦房店市」じゃ分からないかもしれないので
 「遼寧省大連瓦房店市XYZ路123号」
と書く人もいます。

頂いた名刺を探してみたら、二つのタイプがありました。
  「大連庄河市XYZ」
  「大連市庄河XYZ」
です。
そもそも開発区だって正式に書けば
  「遼寧省大連市大連経済技術開発区XYZ路123号」
となりますが、一般的には
  「大連開発区XYZ路123号」
で、郵便物も契約書も通ってしまいます。

ちなみに、当社の各種登録書類を調べてみたらお役所ごとに色々です。
 「大連経済技術開発区XYZ路123号」が最も多く
 「遼寧省大連市開発区XYZ路123号」もあったし
 「大連市経済技術開発区XYZ路123号」もあり、
結局何が正式か分かりません。

  • 2006/01/09(月) 16:02:16 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

結局はもともと県だったのをムリクリ「市」にしてしまったために起こった矛盾なんでしょうね。まぁこういう不整合性も中国らしいっちゃー中国らしいですが・・・。「遼寧省大連市○○県××鎮」方式統一しておけばよかったのでしょうが。

  • 2006/01/09(月) 16:59:09 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

でっつさん、何となくわかりました。開発区の場合は、れっきとした大連市だから、いろいろな表現の仕方があっても違和感はありません。でもね~、大連庄河市、大連市庄河というのはピンと来ませんね。
地図で確認しようと思って探したが、いつも見ている中国発行のものが手元にないため、子供が使っていた「新高等地図(東京書籍)」を見ましたが残念ながら庄河は載っていませんでした。ところがビックリ!大連は、ダイレンではなくターリエン、瓦房店はワーファンティエンです、何だこれ!!
遼寧省はリアオニン省、普蘭店はプーランティエン、金県はチンシエン、旅順はリュイシュンとカタカナで書いてある。なんとびっくり、営口はインコウと書かれています。天津にいたってはティエンチン。今の地図は中国読みで書かれているのですね。杭州は「ハンチョウ」(笑)と書かれており決してオレが教わった「くいしゅう」ではありませんでいた。
でもね、間抜けな教科書は、北京はペキンと書いてありました。日本人体質丸出し!

  • 2006/01/10(火) 18:55:54 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

帝国書院・最新基本地図

>はくらくてんさん
私も、息子の高校の地図帳を使っていますが、これにはチュワンホーが「荘河」がですが、中国の地図では「庄河」です。
「瓦房店」はローファンテンとなっており、ワとロの誤植ではないかと思います。
また、はくらくてんさんの例にもありますが、この地図に載っている「金県」や「新金」は、中国の精密な地図でも、見つけられませんでした。地名が変わったのかもしれませんが、中国の実態とは違っています。

位置関係から推測すると「金県」は中国地図の「金州」で、「新金」が「普蘭店」のようです。

  • 2006/01/10(火) 19:56:00 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/321-dc5be5b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。