大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯番号を持ち運べるSIMカード

日本では、今、携帯電話の「番号持ち運び(ポータビリティー)制度」の議論が盛んで、MNP(Mobile Number Portability)の導入を決めた。総務省の研究会が作成した報告書案によれば、2006年第2四半期をめどにサービスが開始される予定だ。もうすぐだね。

つまり、電話機を買い換えても、電話会社を変更しても、従前と同じ携帯番号が使えるサービスのことなのだが、日本では、090、080に続く3桁が事業者番号として各電話会社に割り当てられているので、会社間をまたがる変更が簡単にできず、色々な問題が残されているのだそうだ。

さて、中国では、電話番号の持ち運びなど、ず~~っと前から常識だ。日本では、何を今頃って感じだなぁ。
細かい仕組みがどうなっているのか知らないが、SIMカードというICカードが、携帯電話の中に入っていて、このカードが、電話番号、支払い情報、電話帳など、電話機としての端末情報を全て持っている。寸法は、およそ15mm×25mmだが、正式にはインチサイズなのかも知れない。
icka051228.jpg

「ちょっと携帯貸して!」と、友人の電話機を借りた場合、自分のSIMカードに差し替えれば、電話番号も、通話料の支払い負担も自分のものになる。
古くなった電話機を新型に買い換えたときは、今まで使っていたSIMカードをセットすれば、取引先や友人には何も説明する必要は無い。カード内の電話帳も勿論そのまま引き継がれるので、再入力の必要も無い。

SIMカードは、100元で売っているので、二つ持って二つの電話番号を、例えば業務用と個人用に分けて管理することも出来る。但し待ち受けで同時に使うことは出来ないので、悩むところだが。

意外と便利なのが、電話機を落としたとか水に漬けたとかで本体を壊してしまったときだ。SIMカードは案外丈夫なので、電話機を買い換えれば、すぐ復帰できる。電話機本体は、600元から6000元と高いので簡単と言うと語弊があるが、金さえ出せば解決できるという意味で捕らえて欲しい。

日本では、プリペイド携帯の匿名性が犯罪につながると問題視されているが、中国のSIMカードは、どうなんだろう?SIMカードをたくさん持っていたら、犯罪し放題かな?

コメント

たしかに合理的ですよね。携帯の装置はたんなる「入れ物」という考えなのでしょう。反面僕のようにほとんど受信専門のユーザーには日本の「1円携帯」のような売り方がありがたかったりします。メモリにいれてる番号もさほど多くないし・・・。「1円携帯」であれば中国のようなシステムにするのはまず無理ですよね。

  • 2006/01/13(金) 08:13:08 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

日本ではなぜ?

デジカメなどのメモリーカードと同じですよね。なぜ日本では導入が遅れているのでしょう。どんなものでもそうですが、先に技術を導入したり、多くの企業がいろいろな競って技術開発が進む先進国では逆に統一がしにくく陳腐化するのかもしれませんね。ビデオのVHSとベーターがどうだったし、最近のテレビ技術でもいろいろあるようだし。その点では開発力がない国では、力のある企業や国が、一気に外国の最新技術を入れることで最初から統一できますものね。

ところで、大連の露天で携帯電話の番号を大量に陳列して売っていましたが、あれな何ですか。露天ウォッチャー(研究家)のでっつさんの得意分野と思われますので、そのうち紹介ください。

  • 2006/01/13(金) 08:39:11 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

>BEOさん
1円携帯あるいは0円携帯は魅力的ですが、月々の基本料金が3000円ほど付きまといますよね。これが結構高いと感じます。
中国では、1円携帯はありませんが、新しい電話機を買う時に保証金を2000元渡しておいて、通話料金が毎月400元以上1年間続いたら、保証金を返してくれるシステムがあります。(金額は例えばの例で、現実のものではありません)結果的に、電話機は無料で手に入ったことになります。でも、基本料金が安い分、ある程度通話料が多い人じゃないと利用できず、私は、通話料が少ないのでダメです。私の携帯の基本料金は、約50元です。

>はくらくてんさん
中国人が好む番号が、高く売れるという話しは聞いたことがあります。みんなが好きなのは、8ですから、8888だったら、相当高値がつくと思いますよ。
一般に、沢山の番号が並んでいるのは、普通のSIMカードの販売ではないでしょうか?SIMカードを買うときに、その店が持っている一覧表の中から好きな番号を選ぶことが出来ます。

  • 2006/01/13(金) 09:24:24 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

>でっつさん

中国人にとっては月400元の通話料はかなり高額でしょうね。
僕のツレアイは月収1500元のくせに4000元もするケータイを買いやがって(しかも代金は誰が払ったかは言わずもがな・泣)こっちは1円携帯に甘んじとるわけです(←愚痴り節)。

  • 2006/01/13(金) 10:01:01 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

何ヶ月か前に

うちの嫁さんが携帯を買い換えました。前のはもう3年以上使っていたという、黒くてゴロンとした、液晶画面も小さなモノクロで、メールも送れない、とっくに時代遅れになった代物でしたが、それでも買った時は3,000元近くしたんだとか。新しいのは折りたたみ式で、画面もカラーで、電池も長持ちするけど、それでも1,200元ほどでしたから、ずいぶん安くなったもんです。
それで、古い携帯の裏蓋を外してSIMカードを取り出し、新しい方にセットすればそれでOK、番号も今まで通りというのは確かに便利です。
この中国の携帯電話の方式は「GSM」と言うらしいですが、何でもヨーロッパで開発された方式で、日本と北米を除けば、これが「世界標準」になっているらしいです。
日本は独自の方式に頑なにこだわったばかりに、それが普及し過ぎて今更換えられないんだとか。まあ、デジカメとかビデカメ付きだとか、世界に先駆けて開発するのは良いんだが、肝心の方式が「世界標準」でないために、GSM方式では却って出遅れて、中国市場でもノキアとかモトローラなんかの後塵を拝するという情けないことになってます。(もっとも液晶画面の技術は各社とも日本のものを使ってるらしいですが)
こうなると、世界の趨勢を見誤って「独自方式」にこだわるのが、正しいのかどうか大いに疑問です。何だか今の日本の外交みたいだと思うのは、俺だけかな?

国際標準

ベータとVHSは日本の会社同士の戦いでしたが、今や、電気製品は一国で収まる時代ではありません。
公的であれ、成り行きであれ、国際標準になり得なかった製品は、消えていきます。パソコンのOSは、世界中どこに行ってもMS-Windousだらけです。中国でもそうです。当時日本には、トロンという優れたOSが開発されていたのですが、アメリカの圧力により、日の目を見ることはありませんでした。機器制御にはトロンが使われています。
パソコンとのインターフェイスなど、新しい規格を作る際には、各国の利害関係をむき出しにして、激しい議論されます。この方面での日本代表は、経済産業省です。ここで負けると自国の産業発展に大きな影響力があるため、条件が近い国と連携を組んだり、みんな必死です。

  • 2006/01/15(日) 08:09:35 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/322-39dc0c6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。