大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東鶏冠山北堡塁

今回の名所巡りの最後は、旅順にある「東鶏冠山北堡塁」だ。

大連市内から車で1時間ほど西に走ると旅順口に着く。旅順に行く道は南路、中路、北路があり、春になると、桃の花や桜の花の名所がにぎわっている。
旅順港は、現在では中国の軍港として利用しているので、旅順のあちこちに、外国人立ち入り禁止の場所が設定されている。外国人が旅順に行く場合の基本ルールとしては、旅順南路を通り途中下車は許されていないそうだ。
この東鶏冠山付近も、旅行会社を通して事前に申請しないと外国人は入れない場所だ(と聞かされたのだが?)lvxun051226.jpg

「東鶏冠山」は、海抜119メートルの山地で、日露戦争の激戦の舞台になった所である。日露戦争の激戦地といえば、「203高地」が最も有名だが、こちらの「東鶏冠山」も主戦場のひとつだった。

「堡塁」とは、広辞苑によれば、「敵の襲撃を防ぐため、石・土・砂・コンクリートなどでかためた堅固な構造物。とりで」とある。一口で言うと、とりでのことだ。

1900年の初めに、帝政ロシアが、アジア進出の拠点とするべく、大連の街を作り、アジア戦略の拠点となる旅順口を守るために、コンクリートと石を掘って作った強固な要塞である。士官室や兵舎、食堂、弾薬庫など、当時の構造がそのまま残されており、壁という壁は、砲弾、銃弾の弾痕が残っており、当時の戦いの激しさを物語っている。

観光地とは言うものの、旅順は戦争の傷跡ばかりで、説明を聞いていても、虚しくなるだけだし、2度行きたいとは思わない。

日露戦争の意義については、日本帝国主義者の侵略と言う見方もあるが、そもそも侵略しているのはロシアだったし、もし日本が戦わなかったなら、ロシアのアジア戦略が成功して、日本や台湾、中国の東北地方は、ロシアに制圧されていたかも知れない。そういう意味では、日露戦争は、日本の帝国主義侵略ではなく、むしろ防御の戦いだと思っている。ただし、その後、関東軍の満州政策は、侵略と言わざるを得ないだろう。

この手の、歴史・政治問題は、あまり得意じゃないので、この辺にしておく。この方面への突っ込みや質問には、答える用意が無いので、ご勘弁を。

コメント

旅順は

90年代の初めごろに一度だけ行ったことがあります。但し観光ではなく、仕事関係で旅順にある水産加工工場を見に行っただけなので、旅順の街も、まして日露戦争の戦跡も見られませんでした。一度は行って見たいと思っています。
「外国人立入禁止」の話がありましたが、日本統治時代は現在よりもっと厳しくて、大連市内の観光絵ハガキまで「海軍旅順要塞司令部検閲済」の文字が印刷されていて、旅順はもちろん「外国人立入禁止」でした。実は、ちょっと前まで日本でもそういう場所があった(今もあるかも)のをご存知の方は少ないと思います。90年代以前の旧ソ連が健在だった時代に、北海道の稚内にはサハリンに向けた大規模なレーダー基地があって(元は在日米軍基地で、現在は自衛隊の管轄)、稚内市とその附近は事実上の「外国人立入禁止」区域でした。当時、特にソ連と東欧、中国などの団体が来る前には、日本側招待者は外務省に行動スケジュールやルートを提出しなければならない等のたくさんの制限があって、ルートの中に自衛隊とか米軍の基地などの軍事目標が近い場所は許可されず、強制的に変更させられるとか、場合によっては日本側の「公安調査庁」などがベッタリくっ付いて来るといったものものしさだったそうです。
中国以外でも紛争のある国境付近や、軍事的に重要な場所は一般に「外国人立入禁止」になっている国はかなり多いんじゃないでしょうか。

大連のツレに旅順の名所めぐりのガイドを頼んだらいの一番に連れて行かれたのは「帝政ロシアと旧日本軍の旅順監獄(ri4e2jian1yu4)」なるところで、しっかり反帝国主義教育されました。こういう場所は大変気が重くなるので、訪れる意義はともかくとしていくのは行くのはイヤですね、正直。あとは乃木さんとステッセルの会見場だとか、203高地とか「行きたければ一人で行けば?」って感じで、まぁ中国にすれば「人の領土で勝手に戦争しておいて、いい迷惑よ!」というところなんでしょうね。
大東亜戦争、満州帝国関連の話題になるとあまりにも重いテーマなので私もパス。でも旧満州時代関連の名所紹介は大歓迎です。

  • 2006/01/09(月) 17:07:24 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

旅順行ってきました

料理美味しいです^_^;
ローカルな海鮮料理屋さんは、香辛料無しの素材そのものの味で、
料理だけ食べに行っても良いくらいでした。

  • 2006/01/09(月) 22:31:00 |
  • URL |
  • mikihiromm #-
  • [ 編集]

mikihirommさん>
いかれたのは「北路」ですか?それとも「南路」?
「南路」(旅順港周辺)は今でも外国人立ち入り禁止で、まぁだまってりゃー見抜かれないでしょうが、中国人も結構神経質に外国人立ち入り禁止を守ってました(僕の周辺では)。僕もタクシーの車内から港、火車站近辺を見学するにとどめましたが、203高地あたりよりよっぽど面白そうでした。港付近をフラフラしたって「軍事機密」なんて盗めないだろうし(というよりほんとの軍事スパイならゆうゆう潜入してるでしょ・^^)いまさら「立ち入り禁止」もないと思うのですが・・・。さっさと大連からの路面電車を「北河口」から延長して観光名所として開放すればいいのに、と思ってしまいます。

  • 2006/01/10(火) 09:53:25 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/325-25801483
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。