大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連森林動物園

濱海路に沿った、大連観光めぐりの最後は「大連森林動物園」だ。
10年ほど前に、市内からこちらの海岸沿いに移って来た、かなり広い動物園だ。dongwu060103.jpg
(写真をクリックすると、大きくなります)


園内案内写真を縮小しすぎると見えなくなってしまうので、今日はサムネイルを使った。

山を挟んで、大きく二つの区域に分かれている。
写真の下半分が、サファリパーク方式になっており、放し飼いにされた猛獣たちをバスに乗って見て回る。バスが通るときの扉の開閉が結構雑なので、ライオンがシマウマの地域に入り込んだら食べられちゃうだろうな、なんて心配をしたりする。

写真の13番で示されるロープウェイが二つの区域をつないでいるのだが、これが相当長い!正確には覚えていないが、15分くらい揺られていたような気がする。

写真の上半分は、普通の動物園のように、檻に入った動物たちが展示されている。この区域にパンダが1頭いるのだが、いつも客に汚いケツを向けて寝ているように見える。顧客サービスの精神など全く無いパンダなのだ。

全体に相当広いので、半日ではちょっと忙しいかな、という感じだ。入場料も80元と高いので、散歩がてら、ゆっくり楽しむと良い。

看看大連に動物園の詳しい説明があるので、参照されたい。

コメント

ロープーウェイ

怖かったです~~。乗ったら底が錆びて穴が開いているじゃありませんか・・・降りるわけも行かず・・それにぎしぎし・・とか、がたんがたんとか・・。
子どもに馬鹿にされながらしがみついてました。
あ~あの時間長かった。
パンダちゃんは、お尻を向けて寝たままびくともせず、
大きな雑巾としか見えませんでした(涙)
運動不足の息子が坂道にすぐばてて「歩けない」と座り込んだので、
園内バス200元の出費。
来たばかりでほいと払ってしまいましたが、
1元のバス代を節約して歩いている今じゃ考えられないですね^_^;

  • 2006/01/07(土) 18:47:38 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

スリルはサービスです

>mikihirommさん
まさか穴から落ちることも無いでしょうから、スリルは、無料サービスだと思って楽しんでください。って言われてもねぇ!
パンダって、いつも薄汚れたケツを向けて、寝ていますよね。動いている姿を見たことが無いので、ひょっとしたらワザと汚く作った剥製ではないかと疑ってしまいます。(笑;

  • 2006/01/08(日) 08:15:35 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

私もロープウェイ怖い

私は、雨の日に乗りました。
山頂に近づくにつれ、揺れが大きくなり、ビビリました。
また、一山越した後の山と山の間も、風が強く、大きく揺れました。
日本だったら、運行中止にするはずです。
しまった。命の値段が中国と日本じゃ違う。もしかしたら、落ちるかもしれないと命が縮みました。

  • 2006/01/08(日) 12:10:18 |
  • URL |
  • ロシアの隣人 #-
  • [ 編集]

穴は怖くないが

>ロシアの隣人さん
風で揺れたら怖いですね。ロープが外れたら、一巻の終わりです。
命の値段は、
http://huaihua.blog5.fc2.com/blog-entry-15.html
の記事にも書きましたが、軽く10倍以上の差がありますね。

  • 2006/01/08(日) 21:42:19 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

村上春樹氏の中国

村上春樹のエッセイを読んでいたら、大連の動物園のことが出てきました。
「ネコ」という檻があった。まさかと思って近づいたがそれは確かにどこからどう見ても普通のネコだった という具合に。
かなり長いことネコの檻の前で観察していたようです。
今でもあるでしょうかね?

他にも短い滞在中に、中国の交通事情や建物のことなど面白く描いておられましたよ。お勧め。

  • 2007/12/02(日) 15:03:45 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

Re:村上春樹氏の中国

>カンカンさん
ご紹介ありがとうございます。
日本に帰ったときに探してみます。
ねこの檻には、気がつきませんでしたねぇ。

  • 2007/12/03(月) 07:18:13 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/331-d77ac9ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。