大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走る巨大モニュメント

大連の話題じゃないので恐縮だが、まぁ中国だから許してくれ。
上海の浦東空港と市内を結ぶ弾丸列車、世界で唯一の商業運転をしている「磁気浮上式リニアモーターカー」だ。2003年の国慶節(10月1日)から一般に開放された。
上海浦東空港と市内の地下鉄駅を結ぶドイツの技術による世界最速のリニアモーターカーに乗った。貴賓席と普通席があり、それぞれ片道が100元と50元。当日券は2割引になる。あまりないチャンスなので、貴賓席に乗ってみたが、乗車時間が短いので、多少席が良くても、わざわざ高い金を払う必要はない。貴賓席は本皮シートで2列+2列のシート配列なのに対して、普通席は3列+2列で、新幹線のグリーン車と普通車のような関係だ。金曜日の昼過ぎだったので、ガラガラで貴賓席には、オレともう一人の白人だけでだった。
地下鉄「龍陽駅」を出発してから、2分で時速300kmに達した。まもなく3分もしないうちに最高速度の時速430kmに。大した揺れもなくて、窓外の景色の移動はさすがに速く感じる。

貴賓席は、最先頭車両なので運転席を覗くことが出来る。下の写真なのだが、何とびっくり、楕円形のテーブルに液晶モニターが3台填め込まれたパネルがあるだけなのだ。
linia.jpg
(写真右上は、リニアカーの全景、左下は貴賓席の革張りシート、下の数字は客席に示される速度計)
運転手というか、お姉さんが椅子に座って足を組みながらジュースかなんか飲んでいた。時速430kmの緊迫感なんかどこにもない。おそらく、スタートボタンを押したら、すべて全自動のため、このお姉さんがいてもいなくても運行には関係ないのだろう。実際、時速430kmで走っている車両から前方に異常を発見しても何もすることは出来ないだろう。

最大速度に達したら、まもなく減速し、7分20秒の旅程はあっけなく終わってしまった。タクシーなら3-40分ほどかかる距離が。

世界でただ一箇所しかない商業運転の磁気浮上式リニアモーターカーで、確かに速いのだが、こんな短い距離に89億元もの大金を投じて作る必要性があったのでしょうかね?経済的には成り立たないことは明らかだったし、最近では客も少ない。

以前から、中国では巨大モニュメントが非常に多いと、色々と紹介してきたが、こいつも、実用性を求める交通機関と言うよりも、走る巨大なモニュメントと理解した方が、存在を認め易い。

ではこのモニュメントの意味は何かというと、世界に冠たる中国のイメージを早く作り上げたかったのだろう。
この辺の事情は、 上海リニアモーターカーは何のために建設したかに詳しく書いているので、読んでみると面白い。

コメント

きたきた鉄道ネタ

南方の話題&鉄道ネタならしゃしゃりでるBEOです。え、「鉄ちゃんやないか?」って、ええ、その通りです^^。
でっつさんご指摘の通り430㌔走行している車両の運転席におねぇちゃんがいようと、たとえボブサップがいようと緊急時に急停止することなど不可能です。以前に新幹線の制動距離が2000mという話を聞いたことがあります。それも時速220㌔くらいで走っているころの話ですのでおそらく現在ののぞみならもっと制動距離が長くても不思議ではありません。時速430㌔走行であれば軽く3~4000m位行くのではないでしょうか?ブレーキの性能自体はたとえばジェットエンジンで逆噴射させるとかいくらでも向上の余地がありますが、しょせんは物理の法則、アインシュタインやニュートンの原理には勝てないわけでして、車両は停止しても乗客はシートベルトをしていない限り前に放り出されるわけです。
このリニアについては「杭州~上海間で国務院の着工許可が出た」という情報を先日見ました。北京~上海間程度の長距離にはあまりにも金がかかりすぎるので実現性はゼロに近いでしょうが、杭州~上海~南京、北京~天津、広州~深セン・・・くらいの距離であれば実現させてしまいかねないですね、中国なら。
・・・もっとも現状のリニアは店じまいが異様に早いし、龍陽路で地下鉄に乗り換えなあかんし、こんな中途半端なものを作るくらいだったら香港を見習って空港~火車站間直通「エアポートエクスプレス」にすべきだったのでは?と思います。この程度の距離なら在来線規格の150㌔運転程度でもせいぜい30分圏だったでしょうし・・・。そういう意味からいえばやっぱりこのリニアは「走る巨大なモニュメント」!

  • 2006/03/06(月) 09:16:54 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

乗ってみたい。

日本ではまだ実用化されていないリニアモーターカーがあっさり実用化されているのが不思議でならないのですが。
日本の場合何が問題なんでしょうね。
まあ、430キロも出してもらう必要はないですけど。
当日券の方が値段が安いというのも面白いですねー。

バンコクでは・・・

バンコクの空港から市内へ向かう道の脇に巨大な石柱が並んでいます。これは古代アユタヤ朝の遺跡で・・・というのは大うそで、タイのバブルがはじけ飛んでアジア金融危機に襲われた為に建築途上で放置された「空港連絡鉄道」の成れの果てなのです。こういういい加減なやり方をタイ語では「マイペンライ」といいます。中国語に直訳すれば「没什ノム(なんでもない)」でしょうか。
Toshiさんのご疑問ですが、専門家ではないので断定はできませんが、まず99%カネの問題でしょうね。技術面ではほぼOKだと思います。あと日本の場合新幹線でも300㌔営業運転を開始しているので、「いまさらリニア」という世論もあるのかも知れません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060301-00000008-jij-soci
↑将来的には「はやて」が360㌔運転を目指すとか、イヤハヤ・・・。

  • 2006/03/06(月) 09:30:59 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

ジョンは、陽駅で少ない経済とか、面白い大連や、ないのだろう龍陽などを発見しなかった。


  • 2006/03/07(火) 12:47:47 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

経済性を無視して実用化。

>BEOさん、
中国ではどうして日本の新幹線を使わないのか?なんて言ったら、ちゃんと台湾で走っているだろう、と言われました。中国は一つなんですね。

>Toshi@タイさん
何故日本で実用化しないか?BEOさんが書いているように、経済性の問題だけだと思いますよ。リンクの文章から抜粋すると
「利息は年間約3億元に対して、旅客収入は年間で約1.5億元で、商業的に完全に失敗したプロジェクトである」
ビジネスとしての観点は置いといて、とにかく世界一を作りたかったと言うことじゃないですか。だって、ドイツ本国だって実用化していないんですよ。

  • 2006/03/07(火) 14:28:56 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

オタク話題ですんません

ジョン君がついに関西弁をしゃべった!!「おもろいだいれんや」・・・って思ったら助詞の「や」だったんですね、がっかり(笑)

さて、あまりのオタクねたにあまりコメントもなく^^;ひとり浮いてますね。
浮きついでにコメントを。台湾の新幹線の採用はほぼ李登輝総統(当時)の政治介入で決まったというのが有力な説です。台湾新幹線の車体は700系のぞみそのもの(!)で、一回台湾に行かれた方乗ってみてください。きっと新幹線そのものですから・・・。中国は反日意識もあるし、死んでも日本式新幹線は導入しないでしょうね。
あと、リニアに関していえば適切な区間、運賃、運行時間・・・などを設定すればあの人口の多い中国ですから十分採算は成り立つと素人考えでも思います。しかし、現状のようにただでさえ高いのに夜早々と店じまい、しかも市内まで入らず途中で乗り換え必要、とくればこりゃそっぽ向かれるに決まっています。
 そういや大連の「軽軌」もやたらに店じまい早いですよね。夜間走行に技術的な問題でもあるのか?と疑りたくなります。

  • 2006/03/07(火) 21:53:01 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

浮いていませんよ

>BEOさん、
全然浮いていませんよ。
あっ!そうか、リニアモーターカーだから浮いてるって!?→座布団1枚。
浦東空港から市内の何箇所かを結んで、虹橋空港まで直結したら便利ですね。そうしたら、利用客は格段に増えるでしょう。今の龍陽駅は市内とは言え、外れですから本当に不便ですね。
そうですね、大連の軽軌は、終電が早過ぎるので通勤には使えません。

  • 2006/03/08(水) 06:53:31 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

しつこく続報

http://jp.chinabroadcast.cn/151/2006/03/05/1@58318.htm
てっきり浦東―龍陽路間と上海―杭州間を別々に作るのだと思っていましたが、どうやら龍陽路からひん曲げて杭州の方へ向かうようで・・・。情報不足で上海市内まで入ってくるのか、それとも回れ右して杭州方面へ向かってしまうのかは定かでありません。
でっつさんのおっしゃるとおり、「龍陽路は町外れで不便」なのですが、どうも中国(上海市)当局は浦東全体を今後の新都心と考えているようで、それなら今後たとえば100年後には龍陽路近辺が上海の文字通りの中心になっているかもしれへんやん!という壮大な構想のようです。ホエホエ。
あと、「店じまいの早いリニア」ですが、夜9時くらいまで延長して営業するようになったみたいです。大連の軽軌も忘れた頃に夜間延長されることでしょう。いまのままだったら終電前に「からすと一緒に帰りましょう~♪」というあの音楽をぜひ流してもらいたいものですね。

  • 2006/03/08(水) 15:55:54 |
  • URL |
  • beo #-
  • [ 編集]

乗ってきました上海リニア

念願かなって?リニアに初乗りしてきました。でっつさんは「あまりゆれない」とおっしゃっていましたが、日本の新幹線に比べるとかなりガタガタきますね。車内の記念写真をとろうとしたら手元が揺れて大変とりにくかったです。
あんなものはムダ、とばっさり切り捨てる向きもあるようですが、龍陽路での地下鉄との乗り継ぎもスムーズですし、東京で
リニア→京成スカイライナー
龍陽路→京成上野駅
地下鉄2号線→地下鉄銀座線
という状況に置き換えて考えれば成田空港~京成上野が8分でつく勘定になるのですから、これは早いですよ!個人的には「大いに利用価値あり」と判断しましたが、皆様はどうでしょう?
ただ、苦言を申せばあまりにも値段が高いのと、乗降時にケチって?一箇所しかドアを開けないために乗降時込み合うという点でしょうか・・。

  • 2006/04/07(金) 10:07:58 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

揺れましたか?

>BEOさん
そぷですか、上海リニアは揺れましたか?
私が乗った時にはそんなに感じなかったと言うよりも、明らかに新幹線より振動は少なかったと思います。まさか、もうガタが出始めた訳ではないでしょうね。もう乗るのやめようかな!

  • 2006/04/08(土) 12:22:17 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/348-7dac5ebd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。