大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行強盗

「ママー、早くおうちに帰ろうよ」
「待ってね、彩ちゃん、もうすぐ順番だから。」
愚図る女の子をあやしながら、順番を待っているお母さん。
そのとき、懐に手を入れた男が、そっとカウンターに近づいて来た。
やおら、カウンターに飛び乗ったかと思うと、いきなり
    ばぁ゛~ん!!
拳銃を一発ぶっ放した。銃弾を弾いたロッカーから火花がほとばしる!!
「騒ぐな、騒ぐと撃つぞ! 金だ、金を出せ!」
ユニクロで買ったデイバッグを女子行員に投げつけて、
「このバッグに一万円札を詰めろ。千円札を入れたら殺すぞ!」
なんて、せこいことを怒鳴っている。
銀行内は騒然となった。
身を伏せる顧客、震え上がる女子行員、警報ボタンを押そうと身をかがめる支店次長。
「こんなバッグじゃ、1億ちょっとしか入らないじゃないか!サンタクロースみたいな大きな袋を持って来いよ」
などと、場違いな考えが頭をよぎる、支店長。

映画に出てきそうな、銀行強盗の一シーンだが、中国では、このような光景はあり得ない。こんな悪いヤツがいないからだと思うあなたは、中国のことを良く理解していない。

中国には、こんなことをしそうな奴らは、ゴマンといるんだ。
だからこそ、中国公安は考えた。
「銀行強盗が出来ないようなカウンターにしよう!」

で、どうなっているかと言うと、中国の銀行では、お金を扱うカウンターには、厚さが4~5センチはあろうかと思える防弾ガラスが建っていて、客とカウンター内部は遮られているんだ。現金や、通帳などを受け渡しする半円形の溝にも、客側と銀行側をスライドして半分を覆うスライド式のカバーが付いていて、直接拳銃を差し込むことが出来ない。

全く顧客を信用していないどころか、顧客はみんな強盗の集団だと言わんばかりだ。
yinhan060123.jpg

いつもながらの下手な絵で恐縮だがこんな具合だ。銀行内部は写真撮影が制限されているので、我慢してくれ。

・まず、カウンターに飛び乗ることが出来ない。
・拳銃を撃っても、防弾ガラスにはじき返される。
・袋を投げ入れようにも、半円形の溝では狭すぎる。
つまり、どうにもならないのだ。

ある日系銀行が、人民元取り扱い業務を申請したときに、公安当局から、カウンターには防弾ガラス、腰板には鉄板を仕込むことを、認可条件として求められたらしい。
外貨だけを取り扱っていたときには、中国の一般人民はあまり関係ないが、人民元を取り扱うとなれば、上述のような強盗に襲われる可能性があるからだそうだ。

日本でもこうすれば良いのにとも思ったのだが、この設備にはすごいお金がかかる。日本程度の強盗発生率なら、保険でカバーした方が、割安なのだろうな。

コメント

すご~い!何が凄いかって、この絵が・・・・・。
何分かかりましたか?
色の配色も人の表情もナイスです。
でも、中国の銀行員は超無表情、無愛想ですよね。

  • 2006/01/24(火) 10:56:40 |
  • URL |
  • marorotti #-
  • [ 編集]

現金輸送車のガードマンも凄い

さすが、でっつさん!、観察が詳細ですね。
それと銀行の前でよく見かける「運鈔yun4chao2」(現金輸送)と書いた現金輸送車、前にでっつさんが紹介してくれた「遼O」の公安関係ナンバーが付いていますが、これに乗ってくるガードマン(普通は2人かな?)の武装も凄いですよ。車を停めると銀行の入り口前に1人が立ち、1人は中に現金バッグを運ぶために入りますが、この連中が構えてるのが、何と自動式のショットガン(散弾銃)です。おそらく「武警」(中国人民武装警察隊)あたりに属する専門の現金輸送ガードマンでしょう。
前に「農村信用社」(信用組合)に勤めている友達がいて、事務所の中に入ったことがありますが、現金輸送用に使うらしい防弾チョッキと軍用のヘルメット(鉄製)まで用意してありましたよ。

きのう、うちに申請したよ♪
だがでっつと信用したかもー。
だからこそきょうは、ゴマまででっつは信用するつもりだった?
だからこそきょうジョンがシーンが理解するつもりだった?

  • 2006/01/24(火) 13:21:26 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

詩人ぽく

ション君ついに詩人ぽくなってきましたね(笑)。それとも禅問答かな?

さて、僕も中国の街中で現金輸送車見かけたことありますが、いたずらで「金だせ!」とかやったら0.5秒以内に蜂の巣にされそうな雰囲気満々でした。こわー。

  • 2006/01/24(火) 14:17:06 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

私もあの現金輸送車とガードマンの重装備には吃驚です!
何もしてなくても、さっさとその場を離れたい雰囲気^_^;
銀行の窓口にはまだ、バスカードを買いに行っただけですが、
凄い観察力ですね。そういえばあんな感じ。
何も考えてないとぼけーっとバスカード受け取って帰ってきました。

  • 2006/01/24(火) 18:24:57 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

勝利広場の入り口でいきなり迷彩服と散弾銃に出くわしました。
テロ発生かとびびりましたが、現金輸送だったようです。
遼寧省営口市在住さんのコメント解かり易いですね。

  • 2006/01/24(火) 20:45:12 |
  • URL |
  • にわか大連人 #-
  • [ 編集]

はじめまして。いつも拝見しておりました。
先日、買い物したお店から出ると目の前でワゴン車が停まり、中から迷彩服&武器を持った人が4人出てきてピザ○ッ○に入って行きました。私はその場で直立不動になり心臓がドキドキしてビビってました。夫に「あれ現金輸送の人達よ、大丈夫」と言われ力が抜けて笑いが出ました。すごいですね~、銀行はまだ行った事ありませんがこんな風になってるんですかぁ。ホントすごいです。

  • 2006/01/25(水) 01:07:59 |
  • URL |
  • くすお嫁 #-
  • [ 編集]

やめてください!

>marorottiさん
こんないい加減な絵を褒められたら、顔から火が出ますので、止めてください。グラフィックソフトの機能を全く無視した強引な原始的な手法です。
まず、紙に鉛筆でラフな絵を書き、写真に撮ります。それを下絵にして、ドロウイングペンでなぞるだけ、直線機能さえも使っていません。その後エアブラシでちょっちょっと色をつけて、最後に下絵を消したら終わり。それでも30分くらいはかかってますね。
ちゃんとした絵ならmikihirommさんのページ( http://blog.mikihiromm.com/?cid=2824 )を見て研究してください。

>遼寧省営口市在住さん
マシンガンを肩から提げてるんじゃなくて、両手で構えていつでも撃てる態勢で警備されると、ビビりますね。さすがに、あの人たちへの取材は遠慮します。

>ジョン
初めて書いた長文だが、相変わらず、何を言ってるのか分からん。何を書いてもいいけど、オレの名前を使うのは止めてくれ。

>BEOさん
ジョンのヤツは相変わらず使えませんね。しかも、だんだん文字数が多くなっている。将来がヤバイです。
本当に、あの警備は怖いですね。

>mikihirommさん
バスカードって銀行で売っているんですか?知らなかった。
だいたい、バスには殆ど乗らないんですよね。贅沢にタクシーを使っちゃいます。

>にわか大連人さん
街中の迷彩服って却って目立ちますよね。目立って警戒効果を高めようと言う方針でしょうか?

>くすお嫁さん、こんにちは。
他の方のブログでは、時々お名前を見かけておりした。あと、「家族で大連」ブログでも。
大連に入られて丁度1ヶ月が過ぎたところですね。いろいろと困惑が多い時期でしょうが、すぐ慣れますよ。食べ物だけは、くすおさんの真似をしないで、健康に暮らしましょうね。今後もよろしく。

  • 2006/01/25(水) 10:26:34 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

おそレスで申し訳ない。

この絵の状況、タイの日本大使館領事部と同じです。

>Toshi@タイさん
と言うことは、大使館でも襲われることを警戒してるんですね。

  • 2006/01/26(木) 14:40:40 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

おそレスをもう一つ

香港の地下鉄駅構内の案内所もこのスタイル。

  • 2006/01/26(木) 20:20:45 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

>hexueさん
香港の地下鉄も、強盗を警戒している訳ですね。
案内所を襲っても幾らにもならないだろうにね。

  • 2006/01/27(金) 07:45:55 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/352-ca464775
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。