大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼろぼろの歩道

ボロボロに壊れたブロックが並んでいるのは、開発区の歩道だ。
どうしてこんなにボロボロになるんだろう?
hodou060212.jpg

下地の地固めを十分にしないで、ブロックを並べているだけだから、時間が経つとゆがんでくるのが一つの理由だが、それだけじゃない。

開発区では、通常考えられないほど、歩道を広く取っているところがある。歩行者がゆったり歩けるならそれも良いだろう。だけど、ここは中国だ。広い歩道があるとどうなるか分かるかな?

自動車が、我が物顔で歩道を走り出すんだ。

歩道を歩いているにも拘らず、クラクションで追い散らされたことは、一度や二度じゃない。歩道なのだから、基本的には車は走ってはいけないはずだ。百歩譲って、駐車のために進入するにしても、歩行者の邪魔をしないように、小さくなって走るべきじゃないか! それなのに、でかい態度で
「プォワー!!パパパー!どけどけ、貧乏人どもめ」
と言わんばかりだ。

中国人の生活挙動を観察していると、遵法精神が足りないと思うことがしばしばだ。決められたことだから守ろうではなくて、処罰されるから仕方がない。見つからなければ良いんだ、と。

最初の話題に戻るが、幾ら地固めが足りないといえ、人間が歩くだけなら、これほどブロックが割れて、ボロボロになることはない。これらは、自動車が歩道を走り回った結果なのだ。

コメント

遵法精神が足りない

中国人が遵法精神が足りないのは、歴史の問題だそうです。
ずーっと昔から、中国は皇帝が支配してきて、その後は共産党政権。
法律というのは、時の権力者が庶民を制するためのものであって、人々の為のものではなかった。
だから、そのような法律を守ることが自分たちのためになるわけがない。
だから法律を守ろうという気持ちが最初から無い。
資本主義、自由主義の国との根本的な違いですよね。
中国の人々に法律を守らせるためには、まず共産党政権をやめて、法律を新しく制定しなおすしかないのでは。
自分たちの法律を。

遵法精神が足りないというのは

その通りだと思うが、
それが「共産党政権」のせいだというのは、間違いだ。
その証拠に、新中国ができた1949年から「文革」の前は、今よりずっと「遵法精神」は高かったし、それは中国の歴史の中でも最高と言えるレベルだった。それが「文革」で社会秩序が破壊され、それ以前の「法体系」は「反動的」なものだとされて、大きく後退してしまった。つまり10年間は、まるで「無法状態」になったわけで、それが法に対する人々の信頼感を無くした大きな原因だということだ。
1978年からは「改革開放」の時代に入ったわけだが、経済建設だけが強調された結果、法律の整備や執行が後手に回り、人々の意識も「拝金主義」にどっぷりと浸かって、「金儲けのためには手段を選ばない」ような風潮が蔓延し、その結果、現在のような情け無い状態になっている。
ウソだと思ったら、街で60代以上の人たちの行動を見てみるといい。バスの乗り場ではきちんと並んでいるし、地域の環境整備なんかでも一番積極的なのがこの年代の人々で、意識も一番高い。中国が「貧しくても一番輝いていた」時代に、「遵法精神」をちゃんと身に付けたからだ。
それに引き換え、中国の「現役世代」のダメさ加減には、本当に悲しくなる。

このあたりの話題はつらい、、、、
オレは中国を好きだ。がちゃがちゃしている中国が好きだ。
他人の国の統治について他国の人間は言ってはいけないと思う。どのような政権を選ぶかはその国の国民が決めることだと思う。
「文革」か、、、重いですね

西安の街を歩いていたら。60台中ごろかな、眉美だかなんだか忘れたがみんなで自分の鳥を自慢しあっていた。この人たちはオレが好きな中国だ。オレも一緒にみんなで楽しいかった。戦争中の日本人のあこぎな行動は何も言わない。それがつらかったが、、、でもそれがやさしさだよね。オレは中国が好きだ。

  • 2006/02/23(木) 19:59:32 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

政治的な背景も歴史的な背景も

何の予備知識もなしに、中国に住み着いて、3年と9ヶ月。
周囲の中国人の挙動を見て、遵法精神が不足していると感じることは、本文に書いたとおりですが、その歴史的な背景も、政治的な背景も私には語ることが出来ません。
遼寧省営口市在住さんが仰るような60歳代の老人は、開発区にはいません、というか、極めて少ないので、接する機会は全くありません。何故なら、大連開発区は以前は山林で、開拓されてから僅か22年です。その当時、20歳の若者が移住してきたとして、今40歳代前半です。開発区には若者しかいないのです。私のように外地から移ってきた老人を除けば。
民族を語るって、簡単には出来ませんね。

  • 2006/02/23(木) 20:29:25 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/367-9be338c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。