大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽軌のチケット

前に書いた軽軌電車のチケットだが、JR東日本のSUICAと同じようなICカードでワンタッチで改札を通過することが出来、改札を出るときに回収される。ICの中身を書き換えてまた使うのだろう。


大連駅と開発区駅間は約30分で4元だ。日曜日など大変混雑してチケット売り場に長い列が出来る。大連駅では、開発区行きの客が多いので、4元のチケットを左手に抱えた係員と、1元コインか1元札をしこたま持った係員がペアになって、
「開発区~!開発区~、開発区はこっちだよ~!!!」
と叫んで、開発区行きのチケットを売り始める。
4元の細かいのを丁度出す客は少なく、大体が5元札を出す。するとチケット係りがチケットを、おつり係りがお釣りを返してくれる。販売窓口や自動販売機に並ぶより速いので助かる。
041226tichou.jpg
裏面にはこんなことが書かれている。
1、未使用のチケットは当日限り有効、入場時チェック、出場時回収します。
2、入場後は2時間以内に出場してください、時間オーバーは追加料金になります。
3、取り消し清算はチケット購入時に申し出てください、入場後の返金は出来ません。
4、折り曲げたり、汚したり、破損した場合は、賠償金として5元いただきます。


これは、1回限りのチケットだが、まとまった金額を入金しておいて、毎回の使用分を差し引いていく、デポジット方式のカードもあるようだ。



毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:電車、切符、ICカード、IC、乗車券

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/38-710a26bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。