大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階級意識

♪♪ミミズだって、おけらだって、アメンボだって、
♪♭みんなみんな生きているんだ、友達なんだ。


この歌とは、あんまり関係ないけど、日本って「人類みな平等」だと教えられたし、そういう意識を持っているよね。総理大臣だって、東京都知事だって同じ人間じゃないかと。

さて、

大連開発区は、広い道路設計に対して自動車台数がまだそれほど多くないので、渋滞することは殆どない。そんな開発区で、ある日、なかなか車が動かない状態にはまってしまった。前方を見ると信号が青であるにも関わらず進むことが出来ない。会社の運転手に「どうしたんだ」と聞いてみると、「市長が通るから待っているんだ」って。5分くらい待っていると、パトカーに先導された高級車が赤信号にも関わらず通り過ぎて行った。

運転手に「市長だって、急用でなきゃ信号守れよ!なぁ。」なんて言ったら、
「いや、領導(指導者)は、優先されるもんだ」
って、あっさり納得している。聞けば、信号に関係なく進めるのは、指導者、軍用車、公安だと言う。青信号で進入しても、こいつらとぶつかったら絶対に勝てないと。そういう権力を持っているんだと。

市長クラスでさえこうなのだから、国家の大臣クラスが通るとなれば、道路封鎖だって当たり前だよ。

大分前だが、当時外務大臣だった田中真紀子の車を警護のパトカーが先導し関越自動車道の路肩を140キロで走行したなどという事件が伝えられ、これが違法であると、日本では騒がれたが、中国だったら、大臣クラスが渋滞の横の路肩を走るなんて事はありえない。当然、関越道は時間ごとに部分閉鎖されて、田中外務大臣を乗せた車は、猛スピードで走り抜けていただろう。
記事にも噂にもなりゃしない。当たり前の日常だ。

で、何を言いたいかというと、中国では、階級意識がすごく強いと感じているんだ。
あの人は、違う世界(階級)の人だから、しょうがないみたいな。

もう一つ、身近な例を示せば、オレは、小さい会社だけれども、総経理という地位についているので、毎朝決まった時間に社用車が家の前まで迎えに来る。だけど、社用車が来客の送迎などで来れないときには、タクシーで出勤することもあるし、それを苦痛だとは思っていない。先日、社員の一人が出張することになり、朝6時半に社用車を使って空港に行くという。
配車担当者に、
「なぜ3時間も前に空港に行くのか?」と聞くと
「言い辛いけど、総経理の出勤時間を避けると、こうなります」って。
「オレはタクシーで行くからいいよ。どうして、そういう提案をしないのか?何回もタクシー出勤をしてるだろう」
「いや、総経理にそんなことは言えません」

「全体として、合理的に考えたら良いじゃないか」

「日本人と中国人では考え方が違います」

結局、オレの指示でタクシー出勤にしたのだが、総経理から提案されればありがたいが、下の立場からは言えないというのだ。オレは、怒鳴ったり怒ったりするタイプではないし、普段は一緒に酒を飲んで笑っている間柄なのだが、
「総経理、明日はタクシーで出勤していただけませんか」
とは、やっぱり言えないのだそうだ。
う~ん、日本でも社長には言えないのかなぁ?
社用車が1台しかない、ちっぽけな会社だよ。オレが配車担当だったら、絶対言ってると思うがなぁ。

階級意識を逆に言えば、自分よりも階級が低い人を見下すような傾向も感じる。
ある総経理の話では、昨日まで一般作業員だった人を、班長とかに昇格させると、いきなり威張り始めて、仕事をしなくなる連中も目に付くという。これも一種の階級意識なのだろう。

日本では、警察が理不尽な捜査をしたらマスコミに叩かれるし、被害者が裁判を起こせば勝てるケースだって珍しくないが、中国じゃ、農民が警察から殴られたって蹴られたって仕方ないと泣き寝入りが当たり前だ。訴えたって勝てる確立は極めて低い。警察・公安は特別な権力を持っている人達だから何も言えないんだ。言うとまた殴られる。

軍隊のように民主主義ではまとまりのつかない究極の集団が秩序を維持するために、階級制度を取り入れるのは理解できるが、この国では、社会秩序を維持するために、一般生活にまで階級意識を植え付けているのかも知れない。

なんか、今日は写真もなしで、ブツブツ堅苦しいいことを書いてしまった。こんなんじゃ面白くないよね。

コメント

私は、こういう堅苦しい話が好きです。
私たち外国人は、階級的にどこらへんに位置するんだろう?
興味深いです、今日のテーマ。
大連滞在の日本人間にも、階級意識があるかもしれないですよ。

  • 2006/03/16(木) 09:41:54 |
  • URL |
  • o-chuck #IY7bLZJE
  • [ 編集]

階級意識、面子、など、日本人にはなかなか理解しがたいことがあると聞いています。
本を読んだりして情報を集めていますが、リアルタイムの実体験は貴重です。ぜひこういった話題を取り上げてください。
私自身の体験では、実習生の家族に会ったとき、各家族の父親たちとレストランに食事に行きました。その過程においては色々な思惑が絡んでの話し合いがあったようです。通訳さんに聞かされ「そんな大変なことなの・・・」と愕然としたことがあります。日本だと「久しぶり!皆でご飯食べに行こうよ!」で済むことですが。
次に訪問したときはその辺、よく吟味して(誰の家に泊まるか、食事は誰とするか等々)日程を組みました。でも中国人の面子、難しいです。

  • 2006/03/16(木) 11:16:08 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

ぜひお聞かせください

o-chuck 様、「大連滞在の日本人間にも階級意識があるかも」
意味深ですね~。
あ、前回のコメント、階級意識のテーマから外れてしまいました。申し訳ありません。

  • 2006/03/16(木) 11:20:20 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

他意はないです。

カンカンさん>他意はありません。
私も含めて、無意識に誰かを蔑視しているかもしれないという事です。

  • 2006/03/16(木) 15:50:08 |
  • URL |
  • o-chuck #IY7bLZJE
  • [ 編集]

日本も、階級社会になろうとしています。

日本でも、戦後60年近くたって、言葉は悪いですが、
上澄みと下澄みと、分かれてきたように思います。
特に、公立高校の学校差をなくした悪平等が、教育の
機会均等をなくしました。所得格差がそのまま、
教育格差に繋がっています。教育格差が又、所得格差を
広げています。
現在、30歳での未婚率は50%を超えます。
原因は、女性の要求が高く、結婚したいと思う男性が
いない、と言う事のようです。結婚紹介でも、有名大学卒
1流会社、弁護士、医者、上級公務員、は、入会金免除と
か、優遇措置があります。端的に格差をつけています。
メジャーな会社、マイナーな会社と、サラリーマン社会にも
社会格差は確実に広がり、階級社会を呈しています。
大連でも、現地採用、と、本社採用の転勤族、格差が
歴然としています。日本も、階級による特権は無いですが
教育、所得区分の、階級社会になっていると思います。

  • 2006/03/16(木) 16:30:42 |
  • URL |
  • hm #-
  • [ 編集]

階級意識

 すごいものですね。
 昨夏、大連の開発区管理委員会の局長と当社の中国人総経理など何人かで食事をしたとき、突如、局長と総経理と言い争いになり、局長の首を締め上げてしまったことがあります。
 言い争いの中味は中国語だったので、よくわからなったのですが、後から総経理に聞いたところでは、要するに馬鹿にされたということなのでした。
 どれほど馬鹿にされたのかは、よくわかりませんが、「酒は高ければうまいわけではない」といったことに対して「貧乏人め」てなことをいったらしいのです。当社の総経理は元遼寧省人民代表大会の議長の息子ですから、本人は省の党委員会の幹部は全部友達だといい、「あんな奴、くびにしてやる」と一晩いきまいていました。(ちなみに、ここの勘定は開発区管理委員会が払った)
 結果的には、当社の日本側親会社の社長が局長をゴルフに案内して、手打ちにしました。
 日本では、どんあことがあろうと、仕事の宴席で相手先の首を絞めてしまうなんてことは考えられません。役人は民間を見下げているし、一方、総経理には意識の上で党の序列があって、大連の高新技術開発園区管理委員会の局長なんかを見下げているのですね。

  • 2006/03/16(木) 17:00:59 |
  • URL |
  • mark #-
  • [ 編集]

特権階級

所謂社会主義国では党幹部は特権階級です。それも上にいけばいくほど。旧ソ連のそれを中国も見習ったわけです。党が権力の源泉ですから。それを実際の形で表現するのです。例えば、旧ソ連では専用車の別で党幹部のランクが分かりました。

  • 2006/03/16(木) 22:53:00 |
  • URL |
  • KM #NscJhb76
  • [ 編集]

差別は本能かも

どんな時代でもどんな国にでも、いろんなかたちで差別があるような気がします。差別のかたちが変化していくだけで、哀しい人間の性ではないかと。

  • 2006/03/17(金) 09:16:40 |
  • URL |
  • 婆さん #-
  • [ 編集]

階級と差別は違います。

>o-chuckさん、こんにちは。
日本人はどこら辺でしょうかねぇ。たぶん地位はないですよ。付き合う中国人と同じに扱われるんじゃないでしょうか。相手が党書記だったら、信号無視もOKですよ。

>カンカンさん
座る席順を決めるのは、結構悩みます。あの人とこの人では、どっちが上位かな?って。 この程度のことは日本でも普通ですよね。階級が下の人でも面子を潰されるとすごく怒りますよ。

>hmさん、
格差が広がることと階級意識とはちょっと違うような感覚です。
階級意識とは、具体的なイメージとして軍隊の階級です。例えば、戦闘ではぐれた2つのグループ兵隊が、山中でばったり出くわしたとき、お互いに面識がなくても、片方のリーダーが大尉で一方が少尉だったとすると、その後の指揮権は間違いなく大尉が握ります。
権限が付随する格差とでも言いましょうか。偉い人には逆らえないと言うあきらめの気持ち?

>markさん
すごいですね。さすがにそこまでの修羅場は見たことがありません。心の中にある階級意識がそうさせたのかも知れません。素直に気持ちを表現するって言っても限度があるだろうと思いますよね。

>KMさん
まったくもって、軍隊の階級と一緒ですね。
党組織が、軍隊と同じ構造になっているのでしょうね。その考え方が民間まで浸透していると言う感じかなぁ。

>婆さんさん
どうしても、何らかの差別は、心の中に住み着いてしまうと思います。しかしここで私が言いたかったのは、権力が付随する階級を国民が認めていると言うことです。上に書いたhmさんへのコメントも参考にしてください。

  • 2006/03/17(金) 14:16:44 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

席順、それは大変

自分が客の立場なら、勧められる席に座ればいいし、私自身は多少席順が下がっていても気にしません。
でも招待する側となると、お客様に失礼のないよう、面子を潰して怒りを買うことのないよう、神経つかうのでしょうね。
でっつさんを始め、中国でお仕事していらっしゃる方々は、そういう場面に遭遇することも多いでしょう。お疲れさまです・・・。としか言いようがないですわ。

  • 2006/03/18(土) 09:05:11 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

昨日NHKで・・・

昨日、BSのNHKで「北京の胡同」を紹介するってのをやってまして(声は矢崎滋)そこで北京の胡同の家の門が紹介されてたんです。
その門には、狛犬みたいな犬とか虎の形をした石が置かれていて
その石の図案がその家の主の身分を表している(軍人か文人かとか)そうですが、家の門の「階段」がその家の主の「階級」を表していたそうです。
それで、その階段の数を見て地位が高いか低いかがわかったので
「階級」という言葉ができた・・・と言ってました。
日本も「階級」がはっきりしてくるなんて言われてますけど(もうすでにそうなのかもしれませんが・・)中国みたいにはっきり・きっぱりの階級差があるとなんかやっぱりしんどいですよね。
最近、日本では大学の卒業式にガウンを着用することも増えたんですが、そのガウンが軍隊の階級を表すのといっしょで、ガウンのデザインや
模様を見ると彼らの地位がまるわかりみたいなことになってるんですよ。(修士は振袖式で、文学博士だと白ライン2本とか)
目に見える「階級」って、やっぱり辛いですわ~。
五つ星ホテルの隣で、1杯2元のラーメン食ってると「この差はなんなのかしら!?」と思っちゃいます。

  • 2006/03/20(月) 08:59:35 |
  • URL |
  • モチモチ #-
  • [ 編集]

階級は権力者の手段

>モチモチさん
階級と身分制度って、非常に近いものがありますね。
軍隊のような組織の運営は、極限の状態の決断は、待った無しで行わなければならず、協議している時間はありません。そのため普段から能力のある人を選んで順番をつけ、いざと言うときに上位者に事故あるときは、次の位の人が決断をするようにルールズ付けをしているのでしょう。これはその存在意義が良く分かります。
一方、古い社会構造では、権力者が自らの地位を守るために、社会的な階級つまり身分制度をつくり下層階級(庶民)を押さえつけていた訳です。日本では、士農工商から、明治以後の男爵、子爵といった類の人たちまで、歴然と階級がありました。インドのカースト制度なども同じでしょう。

  • 2006/03/20(月) 21:10:24 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

はじめまして。
階級のお話、興味深く拝見しました。
確かに中国では特権があたりまえで誰も特に気にしてないですよね。
私も以前、軍のOBの車に乗せてもらったことがありますが軍のナンバーをつけたその車は交通法規完全無視で猛スピードで街を走り抜けていました。
日本でも中国大使館の車に乗ったことがありますが銀座のど真ん中に路上駐車して平然と飲みに行きました。帰りはもちろん飲酒運転です。

軍用車は信号無視どころか

>zhuangyuanさん
軍用車の特権意識はすごいらしいですね。聞いた話ですが。
一般車が交差点で停車しました。そこに後ろから走ってきた軍用車が追突してしまいました。軍用車の運転手が降りてきて、一般車の運転手を引きずり出して殴り倒して去っていったと言うことです。

  • 2006/04/03(月) 07:25:17 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/381-c2139b23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。