大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屑屋さん

昨日、旧暦の5月5日は「端午節」で粽の話題で盛り上がったが、同時に新暦の5月31日はWHOが定めた「国際禁煙デー」でもあった。旧暦と新暦の定めなので「端午節」と「国際禁煙デー」が毎年一緒である訳ではない。
今日、6月1日は「国際児童節」つまり子供の日だ。中国の小学は半ドンになるらしい。中国では小学校とは言わず、小学、中学と呼ぶ、大学と同じだ。
一方、日本では「電波の日」だ。

「カンカンカン!カンカンカンカン!」
開発区のあちこちで、平日といわず、休日といわず、金物を打ち鳴らす音が聞こえる。
いわゆる屑屋さんが、「屑物はありませんか?」と触れ回っている音だ。
三輪リヤカーのハンドルにくくりつけたベル(金物)を叩いて、「カンカンカン!カンカンカン!」と鳴らし続けている。
kuzui060304.jpg

このおじさんは、今日は鉄パイプを手に入れてご機嫌のようだ。

ペットボトルの空き瓶、古いダンボール、新聞紙、金物各種などを買い取っているようなのだが、いくらで買い取るのか?収入はどの程度なのか?集めたものをどう処分するのか?まったく分からない。

通りに出るといつも出会う人たちなので、この人たちのことを取り上げようと、以前から写真は用意しておいたし、調べようともした。だけど、オレのニュースソースでは、この人たちの情報につながらない。オレらのような外国人とはほとんど接点がないんだ。

オレのつたない中国語で下手に話しかけて、「馬鹿にするな!」などと怒らせてしまうのも怖いし。

写真だけ紹介して、こういう商売をしている人が沢山いることだけを伝えよう。

コメント常連さんたちにお願い:
何か付加情報があったら教えてください。有効な情報は本文に転記させて頂きます。


コメントから
青云さん
ごみ集め
中国には、次のようなことばがある。「種田不劃算、在城市里拾 也比在農村種地強」「拾荒拾荒,拾成小康」(「農業は割に合わない、街へ行ってごみを集めたほうがまだましだ」「ごみも集めつづければ、少し余裕のある生活ができるようになる」)
国都市部におけるごみの静脈産業・リサイクルは農村出身の出稼ぎ労働者によって支えられていると言える。
都市ゴミはほとんどが塵芥と煤渣(石炭の焼却残渣)で、その他廃プラスチック、紙などは少ない。紙屑、木屑などは燃料の一部として家庭で使われ、残るビン・カン、紙屑などはリサイクル用として別途回収され、ゴミ中に含まれる割合は減少している。
中国では各市に資源ゴミ回収のための公司(物資回収公司、廃品回収公司)があり、産業廃棄物と生活廃棄物注から再資源可能なものを回収している。
中国と日本との違いは、居民が排出したごみが、「単位」や「社区」毎にまとめられることである。
「単位」とは、社会主義体制のもとで築かれた農村を除くあらゆる企業・機関・学校・軍など各人が所属する組織のことである。
各「単位」「社区」に専門の清掃員がおり、彼らの多くは「外地人」(外来流入人口)であり「長工」(常雇い)として雇われており、リアカーでごみ収集センターまで運ぶ。
「物資回収(分・区)公司」が一連のリサイクル業務担い、地域内にネットワークや加工工場を持っている。いずれも企業経営体として独立採算制を採っている。そして、末端の地域社会には、「総合回収商店」、あるいは「供・合作社」(社会主義時代に供給と販売を管理していた機構の名残り。)が置かれており、その下に「回収センター」(買い取りステーション)が置かれている。
買取りおよび販売価格
買取価格~販売価格 スチール缶0.1/5個~0.1/3個
              アルミ缶 0.1/2個~0.1/1個
              飲料瓶(大) 0.1/1個~0.18/1個
              ダンボール0.4/Kg~0.7/Kg
              新聞0.9/Kg~1.6/Kg

データが古いかもしれません。

コメントから
郷下人さん
ガラス瓶は安い
私が飲み干した5本の白酒瓶はたったの5角、隣部屋の中国人社員の2リットルコーラのPETボトル2本で1元で引き取られていった。
中国のガラス類は信じられないほど割安感。
以前、軽のライトバンのフロントガラスが割れて交換した時、総額で500元だった。
日本なら8万円くらいかかるのでは?

コメント

子供が屑を売っていた

昔の日本にはリアカーがたくさんありましたが、今はほとんど見かけません。ましてや屑屋さんなんか見たことも聞いたこともないですね。
私事だが、昨年の5月に西安の古い住宅街を散歩していたら、子供が何かを持って並んでいるので覗いてみたら屑(くず)を売っていた。ペットボトル、電線の銅線、ガラス瓶などだった。天秤ばかり(これも懐かしいですね)で重さを量って支払っているようだった。
40年前の記憶が甦ってきた。オレも昔、屑を売って小遣い稼ぎをしたことがある。電線工事の下で待っていて銅線の切れ端を集めたり、一升瓶を集めたり・・・そういえば、もう時効だが酒屋の裏の一升瓶集積所からくすねて、酒屋の正面に持っていって売ったこともあった。現代の日本ではこんなことする子供は居ないし信じられないだろう。屑はリサイクルやボランティアの対象でしかないだろう。テレビで見た、マニラかどっかのごみの山から金目の物を集めて暮らしている子供の姿も思い出した。
中国の屑屋さんのことを知っている人がいたら教えてください。

  • 2006/06/01(木) 07:38:52 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

アカ

> はくらくてんさん、
そうでしたね、言われて思い出しました。金物の中でも銅線は「アカ」と呼んでいた貴重品でした。いくらで売れたのか忘れましたが、「アカ」を集めた記憶があります。

  • 2006/06/01(木) 08:04:57 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ごみ集め

中国には、次のようなことばがある。「種田不劃算、在城市里拾 也比在農村種地強」「拾荒拾荒,拾成小康」(「農業は割に合わない、街へ行ってごみを集めたほうがまだましだ」「ごみも集めつづければ、少し余裕のある生活ができるようになる」)
国都市部におけるごみの静脈産業・リサイクルは農村出身の出稼ぎ労働者によって支えられていると言える。
都市ゴミはほとんどが塵芥と煤渣(石炭の焼却残渣)で、その他廃プラスチック、紙などは少ない。紙屑、木屑などは燃料の一部として家庭で使われ、残るビン・カン、紙屑などはリサイクル用として別途回収され、ゴミ中に含まれる割合は減少している。
中国では各市に資源ゴミ回収のための公司(物資回収公司、廃品回収公司)があり、産業廃棄物と生活廃棄物注から再資源可能なものを回収している。
中国と日本との違いは、居民が排出したごみが、「単位」や「社区」毎にまとめられることである。
「単位」とは、社会主義体制のもとで築かれた農村を除くあらゆる企業・機関・学校・軍など各人が所属する組織のことである。
各「単位」「社区」に専門の清掃員がおり、彼らの多くは「外地人」(外来流入人口)であり「長工」(常雇い)として雇われており、リアカーでごみ収集センターまで運ぶ。
「物資回収(分・区)公司」が一連のリサイクル業務担い、地域内にネットワークや加工工場を持っている。いずれも企業経営体として独立採算制を採っている。そして、末端の地域社会には、「総合回収商店」、あるいは「供・合作社」(社会主義時代に供給と販売を管理していた機構の名残り。)が置かれており、その下に「回収センター」(買い取りステーション)が置かれている。
買取りおよび販売価格
買取価格~販売価格 スチール缶0.1/5個~0.1/3個
              アルミ缶 0.1/2個~0.1/1個
              飲料瓶(大) 0.1/1個~0.18/1個
              ダンボール0.4/Kg~0.7/Kg
              新聞0.9/Kg~1.6/Kg

データが古いかもしれません。

  • 2006/06/02(金) 14:14:27 |
  • URL |
  • 青云 #s5hrz2K.
  • [ 編集]

ガラス瓶は安い

私が飲み干した5本の白酒瓶はたったの5角、隣部屋の中国人社員の2リットルコーラのペットボトル2ヶで1元で引き取られていった。
中国のガラス類は信じられないほど割安感。
以前、軽のライトバンのフロントガラスが割れて交換した時、総額で500元だった。
日本なら8万円くらいかかるのでは?

6月6日のニュースで、北京市大興区で地上3メートルの高さにある電話線が約1キロメートルに渡って切り取られたそうです。なんと、銅価格が高騰していることから電話線の銅線を転売目的で持ち去ったらしいとのこと。中国では予想外のことが起きますね。電話がかけられなかったり、再工事の費用などを考えると膨大な被害額ですな。

  • 2006/06/07(水) 06:15:06 |
  • URL |
  • 電話線ドロボー多発 #-
  • [ 編集]

遅レスでごめんなさい

>青云さん
詳細な調査報告を頂きありがとうございます。
本文に転記させていただきました。
拝見するとやっぱり安いですよね。
溜まっている新聞紙を計ってみたら、2kgでした。約2元ですか。
おっちゃんたちのリヤカーの新聞紙でも、10kgもあるかどうか。一日に10元稼ぐって大変ですね。

>郷下人さん
ペットボトルが2個で1元とは、高いような気がします。
ガラスは安いんですか? 私が飲んでいるビール瓶の保証金は1元取られています。転売されないように、高額にしているのでしょうね。

>電話線ドロボー多発さん
マンホールの蓋を盗んで鉄くずとして売ろうとしたら、FRP(プラスチック)だったので売れなかったと言う話がありますが、銅線なら確実に売れますからね。でも、電気痺れて危険ですよね。ある意味じゃ、命懸けの商売かも知れませんね。

  • 2006/06/08(木) 21:30:10 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/389-b4571662
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。