大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天牛

背中に羽根が生えた馬が「天馬」なら、こいつは「天牛」と言うしかないだろうな。羽根の先までなら優に20メートルを超える巨大なオブジェだ。
niu060402.jpg

ここは、UFOの展望台の隣の峰の頂上なのだが、何故こんなオブジェを作ったんだろうか?
実は、この辺一体は「童牛嶺」(tong2niu2ling3)と呼ばれる地域で観光開発に力を入れているように感じられる。そこで、「子供」と「牛」を組み合わせて、「嶺」の頂上に巨大なオブジェを作ったのだろう。

この山の頂に、これほどの資材をどうやって運んだのか疑問を持ったが、下の写真にレールが見えるので、ウインチ式のトロッコを作って運び上げたようだ。
niumen060402.jpg

「施工現場閑人免進」
このオブジェは、まだ完成していなくて、周囲は鉄板の塀で囲まれており、このように「工事中、関係者以外立ち入り禁止」表示されている。

だけど、ここは中国だ。こんな文字が書いてあったって、見張りがいなけりゃ、意味がない。
次から次と、塀の隙間から入り込んで、日曜の午後ともなるとちょっとしたデートスポットになってしまった。

だけど、天牛の像の周りは、とても急な絶壁に面しており、まだ手摺りが設置されておらず、危険な状態なのだ。もし転落事故が起きたら日本では、この現場の管理者の責任が問われるところだが、おそらく中国ではそんなことはないのだろうな。

何でも自己責任だから。

この件とは全然関係ないのだが、開発区には「天牛」という名の日本式焼肉屋がある。ここは、確かにうまいのだけれど、値段が高い。大人が普通に飲み食いしたら、200元オーバーは覚悟してね。

コメント

オブジェ

中国人は変なオブジェが好きなんでしょうか。濱海路なんかそんなものだらけですね。瀋陽にも太陽鳥の大きなオブジェがあるし…。
建築物も奇をてらったようなデザインのものばかりで、他の建築物との調和や街の景観とかは考えないのでしょうか。まあ、日本もそうですけど…。
ヨーロッパだったら決して許されないようなデザインの建物じゃないかと思いますね。おまけに床掃除くらいしかビルメンテナンスをしませんから、将来どうなってしまうのか心配です。

  • 2006/04/27(木) 11:56:03 |
  • URL |
  • Mark #-
  • [ 編集]

小さいけど

街中のオブジェもそうですが、私がふ~んと思ったのは、マンションとかの販売してる所(なんていうんだろ、建物群を造っているすぐそばにある、日本ならモデルルーム展示場がありそうな所)に必ずある、そのマンション群の完成ミニチュア。
中国人は、ホント視覚に訴えるものが好きですよね。
このミニチュア、私が知らないだけで日本にもあるのかな?

  • 2006/04/27(木) 19:09:47 |
  • URL |
  • 青云 #Zjokcj32
  • [ 編集]

誰のお金?

観光客としていろいろなオブジェがあるのは楽しいから嬉しいことです。でも正直、なにこれ、、、というのが多いですよね。外国人が口を出す問題ではないような気がしますが・・・。
オブジェ(わけのわからない構造物=失礼)は個人の財力で作れませんよね。たぶん「オレは芸術家や!」とか言ってその地区の政治家(中国では政治家なんて言わないのかナ)を説得してお金を出させるのでしょうな。いずれにしても悪趣味な芸術っぽくない構造物とそれを作る地元業と、それを発注する何者かがあるのかな~~~なんてね。暇だから勘ぐってみました。

  • 2006/04/28(金) 19:10:17 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

オブジェの前で写真が大好き

>Markさん
言い切ります! 中国人は、オブジェと言うかモニュメントというか、大きいものを作るのが好きです。また、その前で写真を撮るのも大好きです。
Markさんがおっしゃるように、ビルの上を平らな屋上にするという発想は少なく、ほとんどのビルの上には、訳の分からない造形物がのっかっていますね。建築家の遊びが過ぎるような気がします。それとも、オーナーの趣味なのでしょうか?

>青云さん
マンション群の完成ミニチュアって、中国では私は知らないのですが、日本にもありますよ。あれって、手作業なので案外高いんですよね、人件費の安い中国だから、多用されているのでしょうか?

>はくらくてんさん
やっぱり、基本的には税金でしょう。また、訳の分からない建造物の値段など一般に分かりませんから、1件建造されるごとに見えないお金がどこかに動いているのかも知れませんね。

  • 2006/04/29(土) 16:08:52 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/397-ac38ca43

天牛

天牛カミキリムシ科 Cerambycidaeルリボシカミキリ ''Rosalia batesi''生物の分類|分類界:動物界 Animalia門:節足動物門 Arthropoda綱:昆虫類|昆虫綱 Insecta目:甲虫類|コウチュウ

  • 2007/01/30(火) 10:24:26 |
  • natsuhoのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。