大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのうちに遊びにお出でよ

仲良くなった友達に「そのうちに遊びにおいでよ!」とは、日本人が社交辞令半分でよく言うセリフだ。

日本人同士であれば、「はい、そのうちに機会があれば」で、過ぎてしまうことが多い。取り立てて騒がなければ、お互いに忘れてしまって、約束そのものが立ち消えになってしまうものだ。

ところが、中国人との会話となると、だいぶ感じが異なる。
オレの感覚によれば、「そのうちに遊びにおいでよ!」と声をかけたら、1週間以内に誘ってあげないと、
「いつ遊びに行ったらいいですか?」と問われることだろう。

極端な場合は、夕方突然電話がかかってきて、
「もしもし、今から遊びに行って良いですか?」
「えっ!今どこにいるの?」
「お宅の玄関の前です」
ドアを開けてみると、花束なんかを抱えてニコニコしている。

中国人との遊びの約束でも、食事の約束でも、来週だの来月だのという長期の約束は少なく、たとえば
「でっつさん、こんど一緒に食事に行きませんか?」
「いいよ、いつにしようか?」
「じゃぁ、今夜はどうですか」という具合だ。

中国人がせっかちなんだろうか?日本人がいい加減なのだろうか?

中国人との交友では、社交辞令のお誘いは止めて、「遊びにお出でよ」と言うからには、具体的に日にちを指定するくらいの気持ちでないと、声をかけてはいけないと思う。逆に日にちを指定しなければ、「予告なしに、いつ来ても歓迎します」の意味に取られるような気がするのだ。

事実、友達が訪ねて来たとなると、いろいろな予定を変更して、友達優先の対応している中国人が多いように感じている。それだけ友達とは大切なものなのだろう。

読者諸氏の感じ方は如何なものであろうか?

コメント

有言実行タイプ

初めまして、ティー太です。一時杭州に暮らしていました。

私は日本人ですが、「そのうちに遊びにおいでよ!」と言われたら、本当に行く人です。1週間以内というほど素早くはないですが。いきなり下宿暮らしの友人宅へピンポーンということも・・・。もちろん土産持参で。最近は電話してから行っています。

でっつさんの言うように、中国人の場合、誘ってきたら「じゃあ今晩どう?」と即実行する人が多いですが、約束しておいて当日めっちゃ遅れてくる人もいますねえ。ひどいときには来ないことも。中国人は、あんまり先のことははっきり決めないのかな?という印象を持ちました。

では、でっつさんも、そのうち私のブログに遊びに来てね!

  • 2006/07/01(土) 22:29:34 |
  • URL |
  • ティー太 #9dh/XElY
  • [ 編集]

中国検索エンジン

とても参考になったのでリンクしました
http://www.ffch.jp/~china/html/03_07.html

下記のリンクでランキングに参加できます
http://www.ffch.jp/~china/rank.cgi?mode=r_link&id=18

  • 2006/07/02(日) 13:21:35 |
  • URL |
  • 中国検索エンジン #sSHoJftA
  • [ 編集]

一回生,两回熟、三回就是好朋友

私の家に女房の友達はよく来ています。
振り返って考えてみて、私中国人の友人で家に遊びに来てくれた人は、えーと、、、2人だけですね、それも日本人と一緒のときでした。

ここに、3年弱居るんですが、少し反省材料ですね。
もっと、付き合いの頻度を上げていかねばと思っております。

  • 2006/07/02(日) 18:01:15 |
  • URL |
  • 青云 #NtAfpdTw
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/405-0dc45fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。