大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大菜市の庶民食堂

「大菜市」の建物に向かって一番右の端から横に回って、横の入り口から入ると、2階の食堂に上る階段がある。ここは、中国庶民のファストフード店である。昼時ともなると、人人人でごった返して、ぼそぼそ声の日本人では注文すらも出来ないだろう。

写真に写っている辺りが麺類引渡しコーナー(取麺処)で、写真に写っていないが、右奥の方では、ご飯と各種のおかずを販売している。他に、名前が分からないが、雑炊のような鍋ものや、蒟蒻を焼いたようなものなどを食べている。
ウィッグを着けたケバイお姉さんが食券を売っているので、食べたいものを告げると、お金と引き換えに、食券と割り箸、ペーパーナプキンなどをくれる。これをもって引き渡し場所で、品物と換えてもらうのだ。
ここでのオレのお勧めは、ラーメンだ。と言うか、他のものは食べたことがない。

ここの麺作りは、写真のように手で引き伸ばす方式だ。手作り麺の作り方には、「引き伸ばし麺」、「刀削り麺」、日本そばのように「包丁で切る麺」があるが、オレは細くて丸くつるつる食感がある、引き伸ばし麺が好きだ。カン水が入っていないので、麺の食感はラーメンと言うよりも細うどんに近いが、スープは中華の味だ。



写真のラーメンが2元、結構盛りがいいので量的には満足できるだろう。ただし、ネギと香菜が降り掛けられているので、香菜が嫌いな人には向いていない。2元のラーメンに牛肉とか絲肉などを載せると5元になるが、コストパフォーマンスなら素ラーメンだ。

「大菜市」の個人店主達が、このラーメンを買いに来る。「持ち帰り」というと、スーパーのポリ袋に、なんと汁ごとザァっと空けてくれるので、これを持ち帰るのだ。茶色の液体の中から白い糸状の麺が見え隠れするものを袋で持ち歩く!なんとも異様な感じがする。店主達は、自分の店舗に戻ると、店の隅っこで食べ始める。

3階にも同様な食堂があるが、こちらはうなぎの寝床のようにすごく長いが、こちらもお勧めだ。

毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:格安ラーメン、1杯2元、

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/43-53226106
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。