大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5元のシャツ

前回までちょっと重い内容だったので、しばらくは、いつものブラブラ道端ショッピングの一幕で、軽く流すことにしよう。

kyou060708.jpg

「狂」は日本語の漢字と同じだが、下の字「ひげ付きの用」は見たことが無いだろう。
「ひげ付き用」は、シュワァイと発音し、放り投げると言う意味だ。
二つ合わせて、「狂ったように激しく放り投げる」と言う意味だが、いわゆる「投げ売り」を示している。普通は「ひげ付き用」+「売」を合わせて「投げ売り」を意味するのだが、ここでは、「狂ったように激しく」を表現したいようだ。

で、「5元」と言うことだが、何が5元なのだろうか?
ワゴンに山積みにされた衣類が全部5元ということだった。
思わず買ってしまったのが、このサッカーユニフォーム(?)
黒/赤と紺/白の2着で、メインの生地は艶がありしなやかで、脇の部分は通気性の良いメッシュ生地が使われていて、仕上がりは上々だ。
15元のTシャツは良く買うのだが、1着5元は初めてだ。
shirt060708.jpg

「CONELI」って商標が付いているけど、オレは知らない。
5元だけど、縫製もしっかりしているし、生地も使い分けているし、モノは悪くないよ。

いつも思うんだけど、こういうものって、正規の製造工程を経て、正規の物流ルートを通ったら絶対に成り立たない価格なので、必ず裏があると思う。
盗品なのか、倒産した工場からの回収品なのか、金融商品なのか?

コメント

盗品に1票

軽めの内容に戻ったので軽めに流します。
上海で偽者製品を作っている工場長屋を見たことがあります。
農村民家が立ち並ぶ場所に小さな納屋のような2階建て、部屋は狭く今にも崩れ落ちそうな古い建物。
私は友人の紹介で家具を安く作ってくれる所に自分用のベッドの注文に来てました。(まだメーカー名を入れる前なので海賊版じゃないですよね・・・自分に言い訳。)
他には革製品を作ってる所もありました(50元のビィトンなら可能?)。
働いてるのは出稼ぎの若い女性たちでした(ノンハオって話しかけたら反応なし、ニイハオで応えてくれました。明らかに隣近所の小姐ではありません)。
こんな所でも5元で写真のシャツはできないと思います。
盗品に1票!

「ひげ付き用」この字の意味と発音を初めて知ったとき頭に浮かんだのが 岡山・広島弁の「シュワイ=せせこましい?」でした。意味はチョット違うが語源は中国語?かなって。他にも余り歓迎されない方言(発音)の語源が中国語かなって思わせる言葉が以外に有る様に思います。
私の田舎では「アホな奴」を「ブンタン:混蛋」と言います。これは単にアンポンタンが訛ったのかもしれませんが・・・。
この手の中国語発音の疑いあり方言は やはり大陸に近い九州、中国地方に多いのでは(単なる個人的感想です)。

  • 2006/08/10(木) 13:05:43 |
  • URL |
  • 郷下人 #-
  • [ 編集]

これだと・・・

うふふ・・・外を着て歩けませんね。どこ歩いていても直ぐにでっつさんだとわかるし・・・・(笑)
露天の5元はさすがに出くわした事がありません。(でも大連市内には洋服の2元ショップが有りました)。
去年の冬に露天で買った10元の中綿キルティングジャンバー。家に帰ってよく考えたら150円??。う~~ん、どう考えても生地代も無い。
こちらの人は、仕入れの値段を忘れて(というか考えてない)お金が入ってくれば売れないより良いという計算で売ってしまうので、直ぐに倒産してしまう店も多いみたいですね。どう考えても採算が合わない商品はそんな店からの引き上げ品かな。

  • 2006/08/10(木) 20:30:04 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

ちんぷんかんぷん

>郷下人さん
いかに偽物工場といっても、生地代と工賃を考えたら3元位はかかりそうですね。それに物流費と利益、、、、、、、う~ん。
原価が無料でも5元で売るのは難しそうな??

ちんぷんかんぷんの語源が、テンブドンカンブドン(听不懂看不懂:聞いても分らない、見ても分らない)だと言う説を聞いたことがありますが、本当でしょうかね?

>mikihirommさん
うふふ・・・って。
いくらオレがおめでた野郎でも、このシャツを着て街に出ることはありませんよ。このシャツはスポーツ専用、オレの場合はテニス専用です。
2元の洋服屋さんって、恒常的に成り立っているのですかねぇ。きっと、もう潰れていますよ。

  • 2006/08/11(金) 17:47:28 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

語源

中国語が語源っぽい言葉はなかなか面白い話題ですね。
「アンポンタン」についてはフランス語語源説、インドネシア語語源説など諸説あるようです。「チンプンカンプン」が「聴不dong,看不dong」だったら目からうろこですね。
さて「髭付の用」字ですが、普通話では「shuai3」と読むのに大して、同じ字を広東語では「lat」と読みます。「甩拖lat tho」と書いて「男女が別れる」などという意味で使いますが、たぶんに口語語彙に対する当て字っぽい漢字ですね。
この文字を見ると思い出すのが「shuan4(シ刷)」という字です。「シ刷羊肉」はおなじみの「羊のしゃぶしゃぶ」ですね。
「刷」はshua1という発音ですし、この字を「shuan」と読ませるのはムリがあるように思えてなりません。(実際江南出身の友人は「この字はshuaiと読むのよ!」といって譲りませんでした。辞書を見せたらしぶしぶ?納得していましたが・・)
「髭付の用」「シ刷」ともに普通話の中に存在する「当て字」のような気がしてなりません。(ちがってたらごめんなさい)

  • 2006/08/12(土) 10:15:48 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

ロートル

中国語が語源で有名なのがロートル(老頭儿:lao3tou2r)ですね。
大連に来るまで、ロートルが中国語だとは知りませんでした。英語かなんか西洋語だと思っていました。

  • 2006/08/12(土) 15:41:42 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

暇に任せて調べると

> 「アンポンタン」についてはフランス語語源説→ 近世、上方で生まれた言葉が江戸でも流行した。 「あほだら」、「あほんだら」から転じた言葉で「安本丹」と捩られた。 俗説で、フランス語で性交不能を意味する「アンポンタン」から来た、江戸時代の漂着外国人の名前から来たとする説もある。

> 「チンプンカン」が「聴不dong,看不dong」だったら→ 漢字では「珍粉漢粉」「珍糞漢糞」「陳奮翰奮」などで表記される。 江戸時代から使われるようになった語で、儒学者らの用いた難解な漢語は庶民らには理解できず、彼らに対する皮肉をも込めて、適当な漢字を並べた。
中国語で「チンプトン カンプトン」と言う言葉があるが、教養に疎い人々によって広まった背景から考えると、特殊階層が使う中国語からの説は不自然であり、たまたま音や意味が近かっただけの俗説、とある。

> 今の今まで知りませんでした。 儿(er2)が児の簡略体とは。

チョッと外れますが、ラーメン(拉麺)は「引っ張られた小麦粉」と言う意味ですね。

  • 2006/08/12(土) 20:24:04 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

本題とはずれて

雲呑 ワンタン
焼売 シューマイ
叉焼 チャーシュー
以上は、広東語。
「西瓜」の発音はxi gua、なまれば「スイカ」

  • 2006/08/13(日) 22:55:40 |
  • URL |
  • 青云 #21y6maIE
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/439-95f7daae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。