大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樟香木 梳子 大:5元 小:3元

樟香木 梳子 大:5元 小:3元 と書いてある。

「樟香木」とは、クスノキのことらしい。
「梳子」は櫛のこと。
kushi060618.jpg

屋台の上に山積みにされた木製品たち。

手前の朴訥としたボールペンにはあんまり興味ないのだが、奥に積まれている木製の櫛が3元、5元というのには魅力を感じる。
いま時の櫛といえば、プラスチックが主流だが、木製の櫛は趣があって良い。
「大:5元」を一つ買った。
クスノキからは、樟脳を作るらしい。そのためか、ほんのり香りがする。

一歯、一歯、丁寧に切り込まれた木製の櫛が3元、5元とはねぇ。

コメント

樟脳

すいません、読めませんでした。

樟脳:しょうのう[しやうなう] テルペン類の一種。化学式 C10H16O クスノキの根や枝を水蒸気蒸留して得る無色透明の結晶。水に不溶、有機溶媒に可溶、特有の芳香をもつ。テレビン油から合成され、医薬品・香料・殺虫剤・防臭剤などに利用する。医薬分野ではカンフルという。

樟脳の樹:クスノキの異名

今日は、会社が休みなので誰もいないオフィスは楽でいいですわ。
のんべんだらりと仕事します。

  • 2006/08/14(月) 10:49:46 |
  • URL |
  • 青云 #NtAfpdTw
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/440-4026e0f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。