大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門外不出の治療法

門外不出の専用治療

魚の目、何とか、いぼ、痣。


などと書いてある。
kampo060624.jpg

道端にこんな看板(実は布だけど)を広げているだけ。
販売している様子はない。

何だろう?

気になって時々見ていたのだが、商品がないのだから販売は出来ない。


ある日、偶然仕事をしているところをみかけた。
客(患者)と思しき人が椅子に座っている。
治療師みたいな人が、ピンセットだかメスだか何だか分からないけど、小さな金属の道具を使って、客(患者)のホクロの辺りを突っついているようだった。

ホクロや痣を金属で突っついて取ってしまう治療のようだ。
血は出ていなかったけど、道端でこんなことをやって良いのだろうか?

中国三千年の秘術なのかなぁ?

コメント

以前住んでいた所は・・

近くで朝市がやっていたんですが(お粥屋さんの近くです)
道で針治療をしてて、針を刺した人が沢山居たし、
白衣を着た人が注射をしてるスペースが有りましたよ(路上で)
栄養剤?それにしてもちゃんとした注射だったんですけど・・・。

  • 2006/08/28(月) 09:46:06 |
  • URL |
  • mihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

魚の目=鶏眼

怖いですね。
ばい菌が入って、悪化しそうな気がします。

  • 2006/08/30(水) 12:19:49 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

何しろ道端ですからねぇ

>mihirommさん
>青云さん
立派な技術なのかもしれませんが、何と言っても路上ですから衛生面では不安がありますよね。
日本では、魚の目、中国では鶏の目、どちらもまばたきをしないまん丸な目ですね。

  • 2006/08/31(木) 07:31:20 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/441-f912f127
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。