大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万病に効くシップ薬

前回の「専用治療」も訳が分からなかったけれど、こいつがまた、なんだか分からないんだ。

頚椎、肩凝り、腰痛、股関節痛、膝痛、肘関節痛、喉の痛み、不眠症、歯痛下顎痛、頭痛、眼痛、耳痛、痔と便秘、前立腺肥大、婦人病、背痛、内臓病、花粉症あるいはアレルギー性鼻炎、太り過ぎ痩せ過ぎ、など
banno060618.jpg


この能書きを見ると、単に痛みをとるだけのものではないようだ。

なんだか分からないが、膝が痛いと言ったら、白いシップ薬のようなものをくれた。
1枚で30元くらい取られたから、道端ショッピングとしてはすごく高い薬だ。
高い薬なら良く効くんじゃないかという妙な消費者心理も働いてひとつ買ってみた。

患部に当てて、縛っておけと言うので、膝にあて、サポーターで押さえていたら、まるで患部の悪い成分を吸収したかのように、次の日には茶色に変色してドロドロになっていた。
サロンパスのようなスースーした爽快感はないし、熱いわけでもなく冷たいこともない。

肝心の膝痛は、そういえば治っているような。

よく分からないが、ひょっとしたらすごい秘薬なのかもしれないな。
何と言っても、中国3千年、4千年の歴史だからな。

コメント

日本でも

足裏の貼り薬ありますね。毒素を吸い取るというの。
同じようなものでしょうか。
それにしても一枚30元は高い!こちらでは10枚入りで980円くらい。
それでももったいなくて、よほど調子の悪いときしか使いませんよ。

でも、でっつさん、痛みがとれたのだから、結果オーライ?

  • 2006/08/31(木) 09:35:35 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

相当怪しいですが・・

それでもちょっと気になってしまいます。
「太りすぎ」にもそのシップをくれるんでしょうか?
わけの分からないものだからこそ、試してみたくなるものですよね。
う~ん・・・。

  • 2006/08/31(木) 18:50:48 |
  • URL |
  • ぴよこ #nft/jt/c
  • [ 編集]

我が家にもあった。

四時感冒、風火牙痛、化痰止咳、塗搽肚痛、無名腫毒、止癢減螆、止血止痛、不傷皮膚、舟車暈浪、肚痛腹瀉、風濕骨痛、蚊蟲咬痛、湯火損傷..........
「星洲油」の効能だ。 それでいて成分表示は全くなし。 メントールの臭いがする。 10年ほど前に土産でもらった、最強の居家旅行常備良葯だそうだ。 万病に効くシップ薬よりは効能は微力のようだ。 
馬鹿げている、そんな薬なら世の中(あるいは華人)の病人はいなくなって、医者は失業だ。 信じる者こそ救われる、ああ、中華思想は偉大なり。
いつもの独白でした。

  • 2006/08/31(木) 21:57:11 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

万病に効くなら病人なしか!

>カンカンさん
1枚30元ですから、500円くらいですよ。たった一枚で!
高いですよね。
でも、膝痛が治ったのは、ホントです。でも、たまたまそういう時期だったのか、シップが効いたのか、良く分かりません。

>ぴよこさん
ブログ頑張ってますね。あまり長文に拘ると続かなくなるから、少し手をニ抜いて、お気楽にどうぞ。
太りすぎって書いてあるから、効くんでしょうね。
下痢にも便秘にも効くって言う薬もあるくらいだから、「太りすぎ」「痩せすぎ」両方に効く薬があってもいいでしょう。
でも、あやしい。

>hexueさん
その通りです、中国には病人がいません、なぁんてね。
万病に効くとは、ありえないだろうな。

  • 2006/09/01(金) 07:33:17 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

頭痛他

昔からの頭痛持ちでしたが、最近、左側面のみ頭皮部分のところが
手で触ると、打撲跡を触ったかのような感じでの痛みが続いていました。その後、耳の後ろ、耳の前(頬骨の側面部)もさわると痛みがあり、左脇、左股のリンパが腫れてきて、しょうがないので、医者に行ってきました。
生まれた初めて、立ったまま、尻に注射を打たれ、1時間以上の点滴。
これを3日間繰り返し、快方に向かっているような気もします。

しかし、中国は何でも点滴ですね。
注射でも飲み薬でも貼り薬でも、なんでもいいですから、点滴はなにか、時間の無駄のような気がしてしょうがないですよ。

今回の貼り薬のように、ペタッと貼って、はい、オッケイが楽でいいですね。

  • 2006/09/01(金) 14:50:27 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

青伝さま、立ったままの注射って、なぜ?
何か意味があるのでしょうか?中国では立ったままのお尻注射が常識でしょうか?
うちの実習生にも聞いてみようっと。

  • 2006/09/02(土) 14:13:35 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

意味なし

カンカンさん
意味なんかないと思いますよ。
ただ、点滴の場所の隅の小部屋で、立ったまま、
はい、ズボンおろして、
はい、注射します。
って感じですから。
日本とは、ただ単に常識が違う。
それだけでしょうね。
遅レスごめんなさい、今、気づきました。

  • 2006/09/09(土) 21:35:14 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

青伝様のお尻注射

なるほど、意味ないのですか。何でも質問してしまいましたね。
うちの実習生たちに聞いても「立ってする、寝てする、両方ある」と言っていました。
立ってのお尻注射は単にスペースの節約なのかも。
ベッドが空いてないね、じゃあ立たせたままやっちゃおう。ある意味臨機応変。なんとなく「さすが中国」。

  • 2006/09/10(日) 08:22:01 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/443-121f3657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。