大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五香卵(茶蛋)

市場の外側、路上の鍋に放り込まれた卵。

大連で見かける卵はみんなこんな薄茶色をしている。日本のような白い卵を見たことがないのだが、鶏の種類が違うのだろうか?えさが違うのだろうか?

読者のコメントから抜粋
青云さん
殻の色

茶の卵を産む代表的品種は、ハーバードコメット。白い卵の方は、白色レグホンが代表だそうです。日本人がニワトリといわれて、頭に浮かぶ品種が白色レグホンです。
最近、チリ原産のアローカナという品種のニワトリが、スカイブルーの卵を産むことが発見されたそうです。
あまり、食べたくない色ですね。


さて、ここでは、ゆで卵を作っているんだけど、なにやら香辛料が配合されて、味が付いている。
wuxiang0607.jpg

「これは何だ?」
と聞くと、おっさんはめんどくさそうに
「鶏蛋」
つまり鶏の卵と答えた。
そんなことは分かっている、特別の名前がないのかという意味だったのだが、答えはない。
別の場所では「五香卵」と表示しているところがあった。
だから「五香卵」が正式な名前だと思っているが、どうなのか?
読書の皆さんのコメントから推察すると、このゆで卵は「茶蛋」あるいは「五香茶蛋」と言うようだ。
何が配合されているのか分からないが、食い始めると癖になり4個5個はあっという間に食べられる。
値段は、2個で1元だから、1個8円也。

街角で見つけたら、是非食べてみな、うまいから。
コンビニのレジの近くにおいている店もある。
読者のコメントから抜粋
遼寧省営口市在住さん
「五香」とは

中華料理の、特に肉や魚料理の生臭味を消すスパイスミックスとして「五香粉」なるものがあります。日本でもスーパーのスパイスや中華料理材料のコーナーにはたいてい置いてありますので、知っている人も多いでしょう。
この「五香粉」の中身はメーカーによっても多少の調合の違いはありますが、
(1) 桂皮(シナモン)
(2) 丁香あるいは丁子(クローブ)
(3) 花椒(サンショウ)
(4) 小茴(フェンネル、ウイキョウ)
(5) 大茴(八角)
(6) 陳皮
などを粉末に挽いて調合したもので、「五香」の「五」というのは「数種類の」という意味であって、必ずしも五種類に限られているわけではありません。
中国で食べる肉の煮込み料理などで、独特のスパイスの香りがするものがありますが、それがこの「五香粉」の香りです。

「五香蛋」というのは、これに更に醤油などを加えた汁で煮込んだ卵ですね。
卵自体には別に生臭さは無いと思いますが、水だけで煮たゆで卵の硫黄臭さというのか、オナラのような匂いをこれで取るのかも知れません。

この「五香」の香り付けは中国ではかなりポピュラーで、「牛肉干」(中国式ビーフジャーキー)とか、「瓜子」なんかでも、「五香」とか「五香味」とかパッケージに書いてあるものがあります。

と、ここまで書いたところで、家に前に買った「五香茶蛋調料」なるものがあることを思い出しました。
早速持ってきて、袋の裏に印刷されている「配料」(原材料)をそのまま書くと、
「茶葉、花椒、八角、丁香、茴香、白芷、肉蔲、草蔲、乾姜、香葉、枸杞、大棗」
えっ、何と12種類も入っているじゃねーの。中には何て読むんだか判らないような漢方薬材みたいなものまで入ってるよ。その他に煮る時には適量の醤油、食塩、味精(味の素)を加えるってんだから、これはなかなか大したもんですよ。
たかが「ゆで卵」じゃないんだよ、これは(笑)。

今回の記事は、調査が中途半端だったようで、読書の皆様からのコメントで3ヶ所も追記し、結果的に元々の本文よりもコメント引用の方が長くなってしまった。
皆様ありがとうございます。

コメント

茶卵じゃなくて?

お茶で煮込んだ茶卵は見かけましたが、これは違うようですね。
味は甘いとかしょっぱいとかじゃなくて、香辛料の香りがついているということでしょうか。
ああ~ハートを揺さぶられます。いますぐ大連に行って食べてみたい・・・。
ちなみに大連で食べたアヒルの卵の塩漬け、自分でも普通の卵で作ってみました。でも脂肪分が少ないからでしょう、出来栄えはいまひとつでしたわ。

  • 2006/10/01(日) 04:27:54 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

そうなんです。

タイでも白い卵を見たことがないんです。
なぜなんでしょうか。

殻の色

殻の色は主に鶏の種類によって決まるという話を聞いたことがあります。「羽の白いのが白い卵を、茶色いのが茶色い卵を産む」との説ですが、本当かどうかは分かりません。現在日本のスーパーなどで殻の茶色いのがなんとなく「高級」というイメージになっていますが、本来殻の色は品質のよしあしとは関係ありません。中国やタイでは白い卵を産む種類の養鶏が流行していないんでしょうね。
あと、黄身の色が濃いのがいい卵、という俗説があるようですが、鶏にパプリカなどの色素を食べさせると黄身の色が濃くなるので一概に信用できないようです。
私のいい卵の見分け方は
①殻が厚い
②黄身の盛り上がりがある
③生臭くない
というところです。当たり前の話ですんません。

  • 2006/10/01(日) 12:34:15 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

「五香」とは

中華料理の、特に肉や魚料理の生臭味を消すスパイスミックスとして「五香粉」なるものがあります。日本でもスーパーのスパイスや中華料理材料のコーナーにはたいてい置いてありますので、知っている人も多いでしょう。
この「五香粉」の中身はメーカーによっても多少の調合の違いはありますが、
(1) 桂皮(シナモン)
(2) 丁香あるいは丁子(クローブ)
(3) 花椒(サンショウ)
(4) 小茴(フェンネル、ウイキョウ)
(5) 大茴(八角)
(6) 陳皮
などを粉末に挽いて調合したもので、「五香」の「五」というのは「数種類の」という意味であって、必ずしも五種類に限られているわけではありません。
中国で食べる肉の煮込み料理などで、独特のスパイスの香りがするものがありますが、それがこの「五香粉」の香りです。

「五香蛋」というのは、これに更に醤油などを加えた汁で煮込んだ卵ですね。
卵自体には別に生臭さは無いと思いますが、水だけで煮たゆで卵の硫黄臭さというのか、オナラのような匂いをこれで取るのかも知れません。

この「五香」の香り付けは中国ではかなりポピュラーで、「牛肉干」(中国式ビーフジャーキー)とか、「瓜子」なんかでも、「五香」とか「五香味」とかパッケージに書いてあるものがあります。

と、ここまで書いたところで、家に前に買った「五香茶蛋調料」なるものがあることを思い出しました。
早速持ってきて、袋の裏に印刷されている「配料」(原材料)をそのまま書くと、
「茶葉、花椒、八角、丁香、茴香、白芷、肉蔲、草蔲、乾姜、香葉、枸杞、大棗」
えっ、何と12種類も入っているじゃねーの。中には何て読むんだか判らないような漢方薬材みたいなものまで入ってるよ。その他に煮る時には適量の醤油、食塩、味精(味の素)を加えるってんだから、これはなかなか大したもんですよ。
たかが「ゆで卵」じゃないんだよ、これは(笑)。

茶蛋とは違うのでしょうか?
茶蛋より色が薄いような気もしますね。
以前友達と茶蛋を作った時は八角とシナモンとお茶たくさんの塩を入れて作りました。(彼女の家のレシピ)

  • 2006/10/01(日) 14:25:01 |
  • URL |
  • akanas #6SCEPhGY
  • [ 編集]

殻の色

茶の卵を産む代表的品種は、ハーバードコメット。白い卵の方は、白色レグホンが代表だそうです。日本人がニワトリといわれて、頭に浮かぶ品種が白色レグホンです。
最近、チリ原産のアローカナという品種のニワトリが、スカイブルーの卵を産むことが発見されたそうです。
あまり、食べたくない色ですね。

  • 2006/10/02(月) 01:25:32 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

茶蛋ですよ

  • 2006/10/03(火) 14:26:49 |
  • URL |
  • 大連人 #-
  • [ 編集]

きょうは、でっつ

きょうは、でっつと五香へでっつと配合しなかったー。
でっつが五香までレジへ表示するつもりだった?

  • 2006/10/04(水) 11:41:38 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

>カンカンさん
お茶で煮込んでいるのかどうかわかりません。また、はっきりとした塩味が付いているわけではなく香辛料の香りが付いているだけです。

>Toshi@タイさん
既に、BEOさん、青云さんが調べてくださいましたが、鶏の種類によって、卵の殻の色が違うようですね。

>BEOさん
羽の白い鶏が白色レグホンのようですね。
良い卵の見分け方は、参考にさせていただきます。

>遼寧省営口市在住さん
いつもながらの詳細な解説をありがとうございます。
五香に欠かせないのは、八角だと思っていました。
丁寧な解説なので、読者の皆さんにも読んでもらいたいから、本文に転載させていただきます。

>akanasさん
皆さんのコメントを拝見していると、茶蛋のことのようですね。
ところで、akanasさんの「思い煩うことなく愉しく生きよ」は、中国からつながないのですが、今日はたまたま日本にいるのでまとめて読みます。
でも、どうやって更新しているのですか?不思議!

>青云
白色レグホンは子供の頃から聞いた名前ですが、ハーバードコメットと言う名は知りませんでした。スカイブルーの卵ですか! う~む! アヒルの卵はちょっと青っぽいですよね。

>大連人さん
そのようですね。

>ジョン
相変わらず分けの分からないことを。

  • 2006/10/06(金) 10:16:58 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/446-7d7cd3b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。