大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連に暴走族!

新聞に掲載された記事だ。
オレは見たことがないが、大連に暴走族が出没してると言う。

追跡、秘密暴走族
本紙記者が大連バイクスピード愛好者に密着取材。

boso060830.jpg

「犬が三つ+風」なんともすさまじい字だが、「ビャオ biao1」と発音して、暴風を意味するそうだ。

文字通り「暴走族」だが、一昔前の日本の暴走族の様に、徒党を組んで道路を占領したり、警笛を鳴らして存在を誇示したり、「族」同士の抗争も無いようなので、暴走族というよりも日本なら「峠のローリング族」に近いのだろう。

記者が後席に乗せてもらって二人乗り取材をしたようだが、なんども振り落とされそうになったと。
カーブの多い濱海路を20分間で30キロ走ったそうだ。時速換算で90キロになる。カーブが多い濱海路で平均速度90キロということは、最高速度は2倍は出ていると見るべきだ。

ところが「時速180キロまでは子供の遊び」と中見出しがあった。なんと250キロ以上で飛ばすのだという。

実は、こう見えてもオレも少し若い頃(30代後半から40代:あんまり若くないか)750ライダーだった。当時の国産バイクのスピードメータは180キロまでしかなく、最高速度規制を受けていた。このスピードメーターを振り切ってみたいという思いは、ライダーなら誰でも持っていると思う。 東京近郊で一番車両が少ないのは、常磐高速だった。常磐高速で車が少ないところを見計らって、フルスロットル、速度はどんどん上がる。140、150まではいつも普通に走っていたので問題ないが、170キロを超えて遂に180キロのメーターを振り切った。心臓がどきどきしている。時速100キロで走っている自動車がどんどん後ろに遠ざかる。
ねずみが飛び出してきたら死ぬだろう。小石が転がっていらた死ぬだろう、そんな思いが頭を駆け巡る。
だから時速180キロは子供の遊びなんかじゃないことは良く知っている。環境が整ったサーキットなら別だよ、あくまでも公道での話。
濱海路はカーブが多く見晴らしも良い、晴れた日にバイクで走ってみたいなぁなんて思ったものだ。

だけど、対向車が走っているこの公道で260キロなんて、自殺行為もはなはだしい。
少し前は、「モーターガール」と名づけて、女の子をケツに乗せて走るのが流行っていたそうだが、事故で死んだ娘もいたりして、今は流行っていないらしい。

記者のまとめの文章:
暴走行為はすぐに止めなさい。
あなた方は自分の趣味の問題だと言うけれども、周囲の人に対して流血や生命に危害を加えるとても危険な行為であることを考えなさい。サーキットのレースと公道の暴走を同じだと思うのは、大間違いだ。

若者よ、自分と他人の命を弄んではいけない。

一人当たりの国民所得が2000ドルを超えると、民主化運動が起こり、独裁政権が倒れるケースが多いという説があるそうだが、このような暴走族も貧困では存在し得ないはずだ。
「衣食足りて礼節を知る」と言う言葉があるが、衣食足りてこそこのような無駄な遊びが出てくるのだろう。
所得が幾ら位から出始めるのだろうか?
オレの感覚では、今の大連に暴走族の出現は想定の範囲外だった。

コメント

中国に無くてうれしいもの

私は騒音に敏感なんで、暴走族なんてものはすぐさまこの世から消え去ってほしいと思うのですが、中国にもこの手のバカが出てきたのは嘆かわしいですね。反面、でっつさんご指摘の通り中国も豊かになってきた証拠かも知れません。今まで「中国には暴走族がいなくて静かだ」と思っていましたが(反面クラクションは日本の数十倍うるさいけど)、それも過去のものとなってしまうかもしれません。
さて、暴走族は発生しても、いまだに「日本にはあるが、中国には無い、騒音発生源」といえば選挙カーです。中国が民主化されていないことの副産物ですから、喜んでいいのか迷うところですが、日本で選挙のシーズンになるたびに、「選挙カーのうるさい党には絶対入れてやらないぞ!」と心に誓う私にとって、選挙カーというのは候補者にとってもマイナス要素のような気がするのですが・・・。(これ以上の議論は民主主義の根幹の話になってしまうのでパスv-290

  • 2006/09/11(月) 10:06:29 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

なつかしのバイク時代

私も濱海路をクルマで走ったときに、「ここは、バイクで流したら気持ちいいだろうな」と思っていました。
でっつさんは、750ライダーライダーだったのですか。
私も20代の半ばまで、バイクに乗っていました。
GSX-FC(インパルス)から RZ350Rに乗っていた時代が懐かしいです。
当時、CBX,NS,γ(ガンマ),KR、VF,Z400GP 等とつるんで、よく246や、峠に走りに行ったものです。
いやー、ナツカシイ、若かりし頃の2度と戻らない青春の輝きはあの頃ですね。(クサイせりふですが)

大連で、ゾッキーですか。
この国では、大騒ぎは難しいでしょうから、峠族になるのでしょうね。

  • 2006/09/11(月) 11:02:16 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

「飛車賊」

大連でも、まして人口のもっと少ない俺のところでも、群れになって真夜中にけたたましい爆音を立てて疾走する、あるいは故意にゆっくりとジグザグ走行でデモンストレーションするような日本式暴走族はまだ現れていないようですね。
でも、広州や深圳あたりでは、かなり前から、市街地道路を猛スピードで飛ばすオートバイ集団があるようですから、日本の「暴走族」に近いものが出てきているみたいですね。

「広州や深圳」と「オートバイ」というキーワードで、真っ先に思いつくのは「飛車賊(fei1che1zei2)」でしょう。
これは、要するにオートバイを利用した「引ったくり窃盗団」です。
オートバイに二人乗りして、前方を歩く女性にゆっくりと後ろから接近し、後部に座ったやつがハンドバッグを引ったくると、猛スピードで逃走するという手口ですが、これがもうかなり昔からこの2つの都市の悪しき「名物」になっています。
まあ、オートバイさえあれば簡単にマネできる犯罪なので、最近は全国どこでもあるようですが。
これは最初から犯罪目的ですから、「族」ではなく「賊」だというのが面白いところです。

ところで、「250km」もスピードの出るオートバイって、その辺でよく見かける重慶あたりで作ってる125ccぐらいのチンケなやつじゃ無理だろうな。やっぱり「日本原装」のホンダかスズキでしょうかね?

でっつが、礼節と

でっつが、礼節とかを暴走したかったの♪

  • 2006/09/11(月) 15:28:59 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

発祥地

私の住んでいる北陸が暴走族の発祥地だそうです。昭和36年ごろのことだそうで。
だから、どうということもないのですが。

  • 2006/09/11(月) 17:00:34 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

なにもかも、みな、なつかしい

GSX-FC(インパルス)→SUZUKI GSX-400 FS IMPULSE
昔の愛機の名前を間違えるとは。
ヨシムラサイクロンタイプの集合管っていっても、興味ない方には分からんでしょうね。
パラフォは最高だ、と思いつつ、ナナハンキラーのサンゴーRに乗り換えた私でした。
ちなみに、暴走族ではありません。大学のツーリンググループです。
(やってることは、あまり変わらないとしても。)

  • 2006/09/11(月) 21:18:45 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

カワサキ ニンジャ 900R (うそ)

>BEOさん
暴走族はいけないけれど、バイクのツーリングは風を味わうと言うか、開放感がたまらないですよ。でも中国では危なっかしいな。
中国で選挙カーですか、最も想像しにくいものの一つですね。

>青云さん
私は結婚が早く、20代は生活に追われバイクなど手が出ませんでした。せいぜい70ccのDAXが精一杯でした。ようやく好きなバイクを買ったのは35歳を過ぎてからでした。だから、20代の若者の暴走の感覚は分かりません。
最初は、カワサキの250cc、その後ヤマハのXS650SPというアメリカンバイク、40歳近くなってからカワサキGPZ750R忍者だけど、カウルなどのエンブレムは逆輸入車を装って900Rと書かれたミエハル野郎でした。

>遼寧省営口市在住さん
何気なく「飛車賊」と言う単語を読み進めましたが、最後に「族」では無く「賊」だとの解説を見て、なるほどと一人納得していました。
125ccの市販車では、せいぜい時速120キロ程度でしょう。オレが乗っていたカワサキの250で160キロくらいだったと思います。オレの750でもメーターは180キロまでしかありませんでしたので、時速260キロは想像できない世界です。
上の新聞写真のスピードメーターとタコメーターの格好から見ると結構なスポーツマシンのようです。少なくとも4,500cc以上はありそうな雰囲気です。

>カンカンさん
昭和36年頃ですか? 一人当たり所得で比較すると、今の大連と比べてどうだったんでしょうね?

>青云さん
ナナハンライダーといっても、40近くなってからなので、「ナナハンキラーのサンゴーR」なんかが近づいてくると、道を譲ったりする軟弱ライダーでもあります。
だけど、痩せても見栄張でもナナハンはナナハンで加速はそれなりに速いしスピードも出る。スピード違反で捕まるのは日常的なことで、あの当時は免許証から点数が消えたことはありませんでした。

  • 2006/09/12(火) 07:15:55 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ゾクはゾクでも

日本語では「族」も「賊」も同じよみですが、中国語では「zu」「zei」と分かれます。(広東語でも別発音です。)
日本の場合「暴走族」が「暴走賊」に聞こえるから余計に印象が悪いのでしょうね。
でっつさんのように純粋に開放感を味わうというようなライダーが大多数でしょうが、一部の輩はまさに「騒音をまきちらす」ことを無上の喜びにしているようで、そういう連中はさっさと消えてほしいものです。

  • 2006/09/12(火) 10:42:43 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

サーキットの狼

中国でバイクの走りや出現とはホント驚きです。高速道のバイク通行が禁止されているこの国では大型バイクは実利に乏しいんですよね。確か中国産バイクの最大は250ccだったと思います。記事のバイクは遼寧省営口市在住さんがおっしゃるように輸入物でしょうね。しかし250km/h超とは恐れ入ります。
余談ですが走りに徹するならやはり専門のサーキットがお勧めです。私は10数年前友人に誘われカートにはまった事があります。それまでにわか峠族だったんですがカートをやりだしてから市販車がいかに安定走行性能に優れているか知りました。峠で結構早いと思っていても車の性能に助けれてる部分が大です。安定性の限界が低いカートだとチョッとしたミスでタイムロス、しまいにはコースアウト。
カート用サーキットでレース用バイク(小排気量カテゴリー多数)も時間を割り振って走れます。ここで本気に競い合うと一般道で競い合う馬鹿らしさが分ります。上海ではこの手のサーキットが営業開始されました(現在はライセンスが要らないゴーカートに毛の生えたタイプばかりですが)。
大連にも早くサーキット場が出来るといいですね。

  • 2006/09/12(火) 20:21:56 |
  • URL |
  • 郷下人 #-
  • [ 編集]

「飛車党」

なんだか勝手に「役に立たない中国語講座」をやってますが、
日本の暴走族に当る「バイク走り屋集団」を意味する言葉としては、「飛車党」(fei1che1dang3)という言葉があります。
先に挙げたのは「飛車賊」で、字面からも明らかに犯罪の匂いがするわけですが、今度のは「党」ですから、まあ集団を意味するだけで、直接に悪者を意味するわけではありません。
と言っても、マフィアの訳は「黒手団」(hei1shou3dang3)ですから、政党を表す「党」以外は、「~党」というのは、どちらかと言えば良いイメージは無いようですね。そう言えば日本語でも「悪党」とか「徒党」とか、ロクでもない連中を指す言葉がありますね。

ところで、中国のサーチエンジンで「暴走族」という単語をキーワードに検索すると、
(1) 日本の暴走族の解説。
(2) 集団でバイクで疾走する連中のことを、日本語の「暴走族」でそのまま表現している。
(3) これは、全くバイクとは関係ないのですが、「日光に曝されて集団で歩く」、つまり日本式に言えば「歩け歩け運動」とか「ウォーキング」とか言う類いの集団を「暴走族」と自称している記事がいくつかありました。これは字だけを借りて、中身は全く中国語の意味にしてしまっているわけで、ちょっと面白いと思いましたね。言葉として一般化しているわけでは無さそうですが。

ところで、バイクの話になると乗ったこともないので、全然判らないんですが、自分で乗ったとしても、スピード狂ではないので、道路を飛ばすことには興味が湧きそうにもありませんが、四輪車の方は三菱ジープ(幌付き2シーターのやつ)に10年も乗っていたことがあったりして、オフロードバイクなら乗ってみたいなと思ったことがあります。思っただけで、結局実現しませんでしたけどね。まだ乗ってみたい気もするんだけど、もう50過ぎにもなると体力的にも、反射神経もダメでしょうね、多分。

訂正

マフィアの訳語を「黒手団」と書いてしまいましたが、「黒手党」の間違いです。

暴走族は、歩く集団?

>BEOさん
「純粋に開放感を味わうというようなライダー」って、当時、実はスピード違反常習犯でした。

>郷下人さん
ナナハンライダーなんて威張っていますが、究極にチューンアップしたマシンは、素人には乗りこなせないようですね。回転数が低いとすぐエンストするし、回転数を上げすぎると加速に追いつかなくて、置いて行かれるとか?

>遼寧省営口市在住さん
「走」は「歩く」の意味ですから、「暴走族」は文字通り解釈すれば「歩く人たち」ですね。冗談で書いているとしたら最高です。
いつもながら、色々な調査を頂いてありがとうございます。遼寧省営口市在住さんのコメントには、私の知らない情報が多く、楽しみです。

  • 2006/09/13(水) 00:00:23 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

「暴走族」は傑作

暴走族→ウオーキングの集団というのはなかなかしゃれてますね。想像ですが、その記事を書いた人は日本語の「暴走族」の意味を知っていてシャレたのだと思います。中国語では「~~族」というのはあまり悪い意味で使われておらず(ロ合日族、とか)、また「暴」には「日に曝す」のような意味もありますが・・・。

  • 2006/09/13(水) 15:24:30 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/453-14df5fb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。