大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの皮を剥く

当社工場の現場で、「スクレーパー」という、汚れを削る道具を使っている。
scrpr.jpg

日本なら、文房具屋で普通に売っているものだが、どうも中国では、ぴったりしたものがないので、仕方なく日本から買ってくる。中国製の類似品を試したのだが、すぐに刃先が丸くなって、使えなくなる。

日本の刃物と言えば、誰しも「日本刀」を連想するだろう。名人が丹精を込めた芸術品なら、中国にもきっと良いものがあることだろうが、今日の話題は、工業用に大量生産される刃物についてだ。
以前に本大連雑学事典の読者である遼寧省営口市在住さんがこんなコメントを書いてくれた。

なぜか中国の金物って本当にダメなんですよね。俺なんか中国びいきのつもりで、中国で生活している間はできるだけ中国製品を使ってやろうと思うんだけど、信頼性の必要な金物だけはどうも…(苦笑)。
何だか「焼入れが甘い」というのか、ネジ山なんかすぐにナメてしまうし、精度が低いし、錆び易いし、刃物なんかすぐに鈍らになっちゃうし…。
   ---(中略)---
ってことで、これはスイス製ですが、金物はやっぱりヨーロッパ製、特にドイツ製には敵わないですね。日本の刃物も世界有数ですが、それは刀鍛治みたいな熟練した職人が手作りで作るような類いの、言わば「工芸品」でないと味わえません。ところがドイツ製の金物の優れたところは、規格物の量産品の品質の良さでしょうか。
こういう差ってどこから来るのかって考えて見ると、常に戦争をやってたヨーロッパで、短時間で質の良い武器を大量に揃えるという武器工業の伝統からじゃないかと思うんですよね。中国も古代から王朝交代で戦乱は何度も経験しているわけだが、相対的には太平の世の中の方が長いわけで、戦争経験からすればヨーロッパの比ではないわけです。だから古代の青銅器は優れた物をたくさん作った中国も、近代的な鋼の製造では残念ながら伝統を作れなかった。


遼寧省営口市在住さんはヨーロッパ製品に惚れ込んでいるようだが、日本製品も負けてはいない。冒頭の「スクレーパー」以外に、最近日本の刃物の優秀さを実感した製品があるので紹介しよう。

技術修得のために中国人工員を日本に連れて行ったときのことだ。彼らを100円ショップに案内した。
すると、女子工員が野菜の皮剥き器(ピーラー)を3つも4つも買い込んでいるのである。
「どうして、そんなにたくさん買うんだ?」
「中国の皮剥き器は切れ味が悪いから」
「それなら、一つあれば良いだろう」
「友達や親戚にあげると喜ぶから、お土産に」


高々野菜を剥くだけなら、それほどの差も無かろうと、大連に戻って来てから、中国製の皮剥き器を買って比較してみた。
確かに、中国製の皮剥き器は切れない。

ジャガイモの皮を剥いても、日本製ならりんごの皮を剥くように帯状の皮が取れるのだが、中国製では切れ味が悪いからボソッ、ボソッと千切れて2センチくらいの破片しか取れない。

という訳で、彼女たちの判断は正しかったようだ。

やっと本題に入って、今オレのお気に入りの皮剥き器を紹介しておこう。100円ショップ・ダイソーで買った皮剥き器だが、通常のピーラーと違って縦型なんだ。peeler061122.jpg

刃先がギザギザに尖っているので、軟らかい材質にも食い込んでくれる。これで、ジャガイモの皮を剥いても良いし、茄子や胡瓜を剥いても良いのだが、お勧めはトマト。

トマトって、刃物の切れ味を試すときの対象に出されるように、切れ味が悪い刃物では刃が食い込まない。ましてや、包丁でトマトの皮を剥くのは容易なことじゃない。
中国では、「トマトと玉子のスープ」がポピュラーで、よく出されるのだが、トマトの皮が口に張り付くといやな感じがする。やっぱりトマトの皮は剥かなくちゃ。冷やしトマトだって、口当たりが良くなり一段と美味しく感じる。

トマトの皮剥きと言うと、湯むきが一般的だが、こいつを使えばそんな面倒なことをする必要は無い。この皮剥き器を使えば、誰でもりんごの皮を剥くように、簡単にトマトの皮が剥ける。

さぁ、皆さん、明日からはトマトの皮を剥いて、美味しい料理を頂きましょう。
ダイソーの製品って、中国製が多いから、このピーラーも案外中国製かも知れない?


ついでにもう一つお気に入りの刃物を紹介する。
やっぱり、ダイソーの100円商品である「ネギ切り器」だ。
negi061210.jpg

刃が両刃になっており、ネギを往復させることによって簡単にネギの輪切りが出来る。納豆やうどん・そば・ラーメン・素麺の薬味を作るのに最適だ。使ってみれば切れ味と便利さが分かるはずだ。

コメント

でっつさん、ダイソー大好きなんだなーと感じるのは、
たぶん、わたしだけだはないでしょう。

でも、衣料品中心にして、日本のメイドインチャイナは、ここ中国に
あんま、ないんですよね。

  • 2006/12/15(金) 23:10:05 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

必ず行きます

>青云さん
ダイソーに限ったことではないんですが、100円ショップが好きです。
日本に帰ったら、必ず(毎日に近いほど)行きます。何かしら新しい発見があるから楽しい。

  • 2006/12/16(土) 09:24:15 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

100円ショップ

100円ショップ、あなどれないですよね。
彼のご両親が来日されたときに連れて行ったら、眼を輝かせていました(笑)
ちなみにトマトの皮むき。
私はトマトを冷凍してから流水で剥きます^^;
冷やしトマトなどには向きませんが、煮込み料理ならこれが便利かな・・・と。

  • 2006/12/17(日) 13:23:48 |
  • URL |
  • lulu #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/459-88a0332f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。