大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意地の張り合い、その後に

下の写真は、2年ほど前まで当社の独身寮として借りていた建物だ。
bailu060818.jpg

2年前だか、3年前だかはっきり覚えていないが、当社は、家主「甲」と契約を結んで部屋を借りて、独身寮として従業員を住まわせていた。寮に住んでいた従業員たち(以下、寮生という)が、
「最近、寮の廊下に変な紙が張られている」
という。

張り紙の内容は、
「この建物は、不法に占拠されている。居住者は、6月23日までに立ち退くこと。 地権者 乙」

(6月23日は仮の数字だが)というものだ。

総務部を通じて、家主「甲」に確認すると、
「何の問題もない。乙が勝手に張っているだけだから心配ない」
と剥がしている。
「そんなもんか」

と、特に対策もせずに時が過ぎていった。

当の6月23日の朝も、特に何事も起きずに寮生たちは出勤して来た。

ところが、昼前に総務の担当者が様子を見に行くと、
「総経理、大変です。乙が、寮の壁を壊し始めました」

こうなってしまっては、対策もへったくれもない。会社の仕事を中断させて、寮生をトラックの荷台に乗せて、急遽、寮へ向かった。

乙の配下と思われる作業員が数人、ハンマーで壁を叩き壊している。
「ちょっと待て、荷物を出すから、ちょっと待て!」
と、寮生が各自の荷物を持ち出して、とにかくトラックの荷台に積み上げた。
当面、行き場のない寮生たちを放置しておくわけにも行かず、荷物は工場の隅に置いたまま、洗面用具程度を持たせて、仮の部屋に数日住まわせた。
その後、新たに寮契約をした建物に移ったのだが、この騒ぎは一体なんだったのか? 未だに良く分からない。

人が住んでいるのに、いきなり壁を壊し始める乙の横暴にも腹が立つが、何の策もなく「大丈夫だ」と張り紙を剥がしていた甲にも文句がある。むちゃくちゃだ。
日本だったら、管理責任を放棄した甲に損害賠償を要求するところだが、中国じゃどうにもならないから、さっさとこんな連中とは縁を切ったほうがよっぽど身の為だ。

結局は、甲と乙の権利争いで双方が意地の張り合いになり、どちらも手が出せなくなってしまったようだ。その後長い間、写真の通り、ぺんぺん草が生えて、誰も近づきゃしない。細かな事情はいろいろあるのだろうが、中国では、このようなケースが非常に多いように感じている。
面子と意地の国だから、言い出したら引くに引けないのだろう。

この建物が、最近壊されて、今は更地になっている。双方で話がついたとも思えないので、もっと強力な権力か、金持ちが押さえつけるように、強引にまとめ上げたに違いない。
ともかく、活用の道が開けたようで、何よりだ。

コメント

ところで.............

「面子と意地の国」で思い出した。
8月の中頃、鞍山市体育学校での組織的なドーピングの件についての報道があった。 国家体育総局は北京五輪を控えて「ドーピング撲滅」と「厳格処分」を強調しており、地元当局も、当初、徹底調査を約束していたが、鞍山市幹部は「事件にはならない」と後退気味の発言をし、遼瀋晩報は責任追及の甘さを指摘している。
事をウヤムヤにする能力も相当なものだ、中国は。
結局、顛末はどうなりましたかね?

  • 2006/09/21(木) 22:34:00 |
  • URL |
  • hexue #-
  • [ 編集]

決定権者

>hexueさん
鞍山市体育学校の事件は知りませんが、そのようなこともあるでしょうね。
開発区でも、前の管理委員会主任が作りかけていた多目的文化施設の建設を、主任が交代した途端に、中止命令を出して、作りかけの施設の建設を途中で止めてしまいました。最近復活しているようですが、組織の決定ではなく、一人の権限でどうにでもなってしまう。すごいことですね。

  • 2006/09/22(金) 07:30:45 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

したくない経験ですね

サラッと、書かれてますけど、とんでもない経験してますね。
総責任者として、当時頭を抱えていただろうことは、想像に難くありません。
こんな目にあっても、会社で働いてくれた社員の方々には感謝ですね。
中国の範疇を超えた常識の無さも、ここまでくると、笑い話じみてきますが、社員の私物関係他は、大丈夫でしたか?
私も不動産関係の契約では、以前店舗を借りたとき、すぐ前の空間はお客様用の駐車場になるから、大丈夫だとの話が、まるきっりの与太話だったことがあります。
日本人は、基本が「信じる」ですが、これは世界の非常識かもしれませんね。
ただ、これが、日本人の良さだとも思いますが。

  • 2006/09/22(金) 23:50:46 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/460-6960f55c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。