大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【松】

勘違い中国語シリーズ001【松】

「松」を動詞として使う??

「松」を動詞にしたら、「トゲトゲする」とか「イガイガ」するとかのイメージだよね。

と・こ・ろ・が、

「シートベルトがきついようなら、松してください」
日本語と混ぜたので語法としてはおかしいが、だいたいこんな感じで使う。
緩める、ほどく、ふわふわ軟らかいなど、ゆったりしたイメージが「松」の字にはある。
ベルトを緩めるとか、ネジを緩める場合には、「松」を動詞として使う。

また、マッサージに行って、痛いことをされるんじゃないかと身を硬くしていると、マッサージ師から「放松」と言われる。
「リラックスしてください、力を入れないで楽にしてください」
という意味だ。

肉を繊維状にほぐして乾燥させた食品(でんぶ)を「ほぐす」と言う意味で「松」の字を使い「肉松」とか「魚松」という。

もちろん、「松」の字には、「松の木」の意味もあるので、誤解のないように。
松の木を背景に、鶴を前面に配した図柄は、「松鶴図」として好まれる。
「松虎」というと、「マツケムシ」のことだ。
いやいや、お恥ずかしい。
偉そうに「松」の動詞用法について書いたが、実は「骨粗鬆症」の「鬆」の字の置き換えだったことが、遼寧省営口市在住さんからのコメントで分かった。
「鬆」は、大根の内部に穴が開いた状態、つまり「大根のス」とか、「鋳物にスが入った」ように使う。漢字自体に「ゆるい」と言う意味を持つ。
コメントから抜粋

遼寧省営口市在住さん
おっ、これも

「置き換え字」の例ですね。

樹木の「松」は説明の必要もありませんが、動詞の「松」(緩める)は元の繁体字は「鬆」で、上の「髟」を省略した「簡体字」として「松」にまとめてしまったものです。

日本語の中では普段あまり使わない字ですが、カルシウム不足で骨がスカスカになる「骨粗鬆症」という病気がありますね。
この字の元の字の「鬆」は、多分、たいていの中国人は書けないと思いますよ。

月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

毎回楽しみです。

はじめまして、ハンニバルと申します。
去年からずっと見てました。
大連の生情報が楽しいです。
これからも様々な記事期待しています。

  • 2006/09/23(土) 08:38:31 |
  • URL |
  • ハンニバル大佐 #-
  • [ 編集]

おっ、これも

「置き換え字」の例ですね。

樹木の「松」は説明の必要もありませんが、動詞の「松」(緩める)は元の繁体字は「鬆」で、上の「髟」を省略した「簡体字」として「松」にまとめてしまったものです。

日本語の中では普段あまり使わない字ですが、カルシウム不足で骨がスカスカになる「骨粗鬆症」という病気がありますね。
この字の元の字の「鬆」は、多分、たいていの中国人は書けないと思いますよ。

ところで「松鶴図」って、どっかで見たと思ったら、「花札」の図柄にもあるじゃないですか。

楽しみな新しいシリーズ

「長・chang2」→「長・zhang3」
動詞になると、生える、成長する、伸びる、大きくなる、増加する............
仐子長高了とか長得很漂亮とか庄稼長得很好となる云うことですか

「麒麟」は「長頚鹿」と言いますか?

  • 2006/09/23(土) 13:29:52 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

さすが

遼寧省営口市在住さん、何でも良く知っていらしゃる。
漢字談義になるとなかなかついていけません。
ここには、遼寧省営口市在住さん筆頭に、BEOさん、hexueさん、郷下人さん等たくさんの勉強家がいらしゃいますので、私は、すみっこのほうで、拝聴していきます。

  • 2006/09/23(土) 22:00:19 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

いやいや、お恥ずかしい

>ハンニバル大佐さん
zhondaozhiさんのサイトでお名前は聞いておりました。
今後もよろしくお願いします。

>遼寧省営口市在住さん
「鬆」の置き換えだったことは、指摘されるまで気が付きませんでした。お恥ずかしい限りです。
読者に誤解を与えないように、本文に転記させて頂きました。

>hexueさん
いくつか原稿を書き溜めておりますので、徐々に公開していきます。
「麒麟」については、辞書で調べる程度しか分かりません。
手元の辞書では4つの意味があり、それぞれに異なる表現を使っています。
1、駿馬「千里馬」
2、すぐれた人物「傑出的人」
3、想像上の動物「麒麟」
4、動物の「長頚鹿」

>青云さん
そうなんですよ。
「傑出的人」が揃っているにもかかわらず、身の程知らずに話題を提供するのは、結構冷や汗モノです。

  • 2006/09/24(日) 06:47:51 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

松虎(松ケムシ)の記事を読んでてアレーッ、松の木に毛虫なんて付いたかなカミキリムシの事?何だろうって思っていた矢先、今日の昼に農家のおじちゃん、おばちゃん達と昼飯を一緒に食べたので尋ねてみました。
松虎は落葉樹の葉を食べる毛虫の事でした。
同じような例に地老虎(根切虫)があります。こちらは一般的に夜盗虫(ヨトウガの幼虫)のことを指します。ただし、夜盗虫に良く似た「カブラヤガの幼虫」も俗称 夜盗虫・根切虫と言われているのでチョットセーフかな。
でも中国には別個に若い植物の根、茎を喰いちぎるヘンテコな虫が居ます。ここら辺りでは甲板虫と呼んでます(標準語は不明、日本にはたぶん居ないと思う)。夜盗虫なんかとは全然形状が違います。どちらかと言うとこちらを根切虫と訳したほうがあってるように思うんですが。
ちなみに松虎、地老虎 共に油でサット揚げた料理があります。場末のレストランに行くと籠の中でゴソゴソ動いてる姿を見かけます。良質な蛋白質だからと言われても鳥肌が立ち、私は絶対食べません。勇気のある方、是非チャレンジしてみて下さい。と言うよりこんなレストランにたどり着く事が難しいかもしれませんが。

  • 2006/09/24(日) 15:51:26 |
  • URL |
  • 郷下人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/463-ce1aecaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。