大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【念】

勘違い中国語シリーズ004【念】

「この字はどんな風に念ずるのですか?」
中国語で「念」は、声を出して読むという意味が普通だ。
この意味は、本来は口偏が付いた「唸」なのだが、簡体字では「念」に置き換えられている。「唸」はもともとは「うなる」ことだ。

「この字はなんて読むの」
とか
「あなたの名前はどう読むのですか」
というふうに使う。このときの、読むは、黙読ではなく声を出して読むことである。
日本語の「念仏」はお経を声を出して読む、別の言い方をすれば「唱える」ことで、中国語の「念」に近い。
月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

CDのタイトル

「念」という字でふと思いつき、CDラックの中からを探し出してきた。
深圳音像公司出版発行の「懐念麗君 但願人常久」、紀念専輯珍藏 TERESA TENG 3枚組CDだ。 これは連鎖街の小さなショップで20枚ほど購入した中の一つだ。 確か20元だったが、日本でなら5000円くらいか。
「懐念=huai2nian4 waai4nim6」、センチメンタルなイメージの言葉だが、「念」繋がりで書いてみた。 

話がそれたが、この「念」という字、大修館書店の「漢語林」を引いてみると、思う・思い・唱える・慎む・二十・極めて短い時間などの字義があり、会意は、今+心。 今は含に通じ、ふくむの意味。 心の中にふくむの意味から、いつもおもうの意味を表す、とある。

光生館「現代中日辞典」では、心にかける・忘れずに覚えている・思い・考え・読む・唱える・学ぶ・廿 などが書いてある。

外研社「現代漢英詞典」では、(想念) think of, miss (念頭) thought, idea (読)read (求学)study, attend school などが書いてある。

  • 2006/10/07(土) 14:50:19 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

念と唸

>hexueさん
色々な調査をしていただき、ありがとうございます。
中国簡体字の「念」は、「念」と「唸」の二つの字の意味を包含しています。
「念」については、hexueさんが調べてくれた通りですが、日本語の「唸」には、うめく、感心のあまり声を出す、詩歌などを大声で歌う、獣などが怒ってほえる【大修館新漢和辞典】の意味があります。

  • 2006/10/09(月) 07:18:19 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

念と讀

の違いが、大外で習っている頃から分かりませんでした。
今回、でっつさんが取り上げてくれたので、思い出し、
アシスタントの女の子に聞いてみました。
念書と言うと年寄りくさい、讀書は若者がつかう言葉だそうです。
単独の場合でも、念は田舎の言葉で、讀が都会っぽいだそうです。

  • 2006/10/09(月) 09:43:42 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/469-dc2ce099
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。