大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛鳥を食う

孵化直前の玉子を食う鶏の脚を食う鶏の頭を食う、さあ今度は何を食うのか?


今度は、雛鳥だよ!!
ご覧の通り目もある、口もある、手羽もある、足もある、だけど串に刺して食べちゃうんだな。よく分からないけど、いわゆる「ひよこ」を焼いたのだろうか?

鶏の頭は、食べなかったけれど、この雛鳥は食べてみた。食べないで写真だけで紹介するのも有りだけど、実際食べてからの方がリアルなレポートが書けると信じて、食ったよ。

骨も頭もくちばしも、まだ十分に固まっていないようで、丸ごと全部食べられた。特に違和感はなかったけど、美味いからまた食べたいとも思わなかった。形が似てるのは日本ならすずめの丸焼きだな。すずめの丸焼きは、照り焼きのタレを塗っては焼き、塗っては焼きで、頭なんかてかてかに光っている。これに対して、こいつは「辛い系」の香辛料が何重にも振りかけてあって、素材の味なんかよく分からない。当然だけど、肉らしい味は全くなくて、胴体なんかは玉子の黄身がそのまま固まったようなものだ。

雛が4羽刺さった串が2元だった。高いか安いか判断が付かないが、一般のシシカバブーが1元なのと比べるとちょっと割高だ。
 
毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がり励みになります。謝謝!
キーワード:雛鳥、串焼き、香辛料

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/47-694b2a30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。