大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【去】

勘違い中国語シリーズ005【去】

「去」は日本語では、文字通り「去る」ことであり、「消え去る」とか「いなくなる」「離れる」ことを意味する。「死去」なんて言うと、死んでいなくなることだ。

一方、中国語の「去」は、「行く」「出かける」ことを示す。「来」の反対語だ。

「誰が行くの?」「私が行きます」は、「誰去?」「我去」となる。

「明天我去你家」は「明日私はあなたの家に行きます」という意味で、極めて日常的に使われる言葉だ。「去」には色々な意味があるが、日常生活で単独で動詞として使われたら殆どが「行く」だと思って良いだろう。
mingtianwoqunijia.jpg

他にも、過ぎ去った「去年」、手紙を出す、取り去るなどの意味もある。
月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

「去」 は 「come」

英語の [ come ] には様々な意味があるが、一般的には「来る」である。

発語の時点で、
① 話し手の方へ人や動物や車などが「来る」時に使う(Come here.)
② 相手の方へ「行く」時に使う(I'm coming. ここで going を使うと、違う場所へ行くという意味になってしまう)

「去」は、この「come」の② の用法と同じではないかと勝手に推察する。

漢英辞典には、「離開某地到某地、go 」とある。

間違っていたらごめんなさい、「我們要去吃飯」。 私が大学時代に聞いた中国語、昼食に学食へ行く時に仲間うちの中国人が言いました。 なぜか今も覚えているフレーズです。


  • 2006/10/13(金) 21:31:41 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

どこかいけ

哪里去 でしょうか?
今日は、久々震えるが来るくらい会社で怒りました。

中国人は、ホント、叱られることが何を意味するのか、何に対してこちらが叱っているのかの洞察が出来ない人が多いです。

脊髄反射に近い感覚での<いいわけ>のオンパレード。

自分に与えられている仕事が、会社の中でどのような意味を持っているのか考えもせず、私に書類を廻してきましたので、本人を呼び、なんだ、これは?と最初私はあきれただけで、強い注意でもなかったのですが、
返ってくる言葉のあまりの低次元に、さすがにキレました、久々に。
大連は日本語人材が豊富とはよく言われる言葉ですが、他社の総経理から言われた言葉が心の中で反芻しました。
日本語が出来るは、仕事が出来るとはまるっきり関係ない、と。

まだまだ、未熟な私でした。

  • 2006/10/13(金) 23:56:22 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

去去去…

中国では街中で物乞いなどがしつこく付き纏って来ることがありますが、そういうのを追っ払う時に言う言葉が「去去去…!」です。
日本語では「シッシッシ…」というニュアンスでしょうか。
この場合の「去」は本来のqu4という第4声の発音ではなく、短い第1声で3つ続けて、「チチチ…」という感じで発音します。同時に手で追っ払う身振りもします。

>青云さん
本当に腹を立てて、「どっかに消えろ!」とか「失せろ!」とか言う場合、最もピッタリなのはただ一言、「滾(gun3)!」でしょう。「滾開(gun3kai1)!」とか「滾出去(gun3chu1qu4)!」とか言う言い方もありますが、一字だけの方が語気がより荒いようです。
でも、これは相当に喧嘩腰の言い方なので、その後どうなるかについては責任は持てませんよ(笑)。
「教科書に無い役に立たない中国語」でした。

中国人の辞書に「平謝り」はない??

大阪のわが社のタクシー乗務員で、「老北京」を自称する、残留孤児2世の方がいます。彼とは普通話が通じるので、よくおしゃべりをするのですが、彼が社内で上司の不興を買った際にとった行動は「ひきつった笑顔で申し訳なさそうに言い訳を述べたてる」という中国人の典型的な行動でした。日本人なら反省した表情で「すみませんでした!」と恭順の意を示して、相手の怒りを静めるところでしょうが、中国では(というより日本以外のたいていの国では)下手に自分の非を認めてしまうと、「お前が悪い!」と断罪されて大げさに言えば命までとられかねないので、とにかく自分の正当性を主張(もしくは不可抗力であった、という精一杯の言い訳)をするのだ、という風に察します。

  • 2006/10/15(日) 22:14:32 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

「去」に対してこんなにコメントが

たかが「去」一文字の解説にこんなにコメントが来るとは想像も出来ませんでした。
本当に皆さんの博識と関心の広さに驚きを感じ得ません。

>hexueさん
英語のcomeとの関連は考えたこともありませんが、行くか来るかは主語の立場によって異なります。 例えば部屋に入る場合に「進去」か「進来」か、どちらも使われます。

>青云さん
そんなに怒らないで!
怒ったってダメなんです。文化が違うから伝わらないんですよ。
私も、一応総経理やってると、同じように「このくらいのことは、言わなくても自明だろう」思うことがしばしばあります。だけど、怒ったってダメですよ、だって悪いと思っていないのだから。
繰り返し、繰り返し、教えるしかないのだと思います。
「言い訳を聞きたいんじゃない、どうすれば良かったか考えろ」と説明します。
当然、1回では分かりません、繰り返し繰り返しです。
そうして育った人材は財産です。残念ながらいくら言っても育たない人もいますけどね。

>遼寧省営口市在住さん
「去去去」は知りませんでした。
物乞いに付き纏われたら、言葉を発するよりも、自分から離れます。
それはそれとして、言うなら「走走」だと思っていました。

>BEOさん
残留孤児2世ということは、日本民族ですよね。
単一国家単一民族などと言われますが、日本民族というものがあるのかどうか知りません。
その中華思想の言い訳は、生まれつきの民族ではなく、育てられた環境によって、後天的に身に付くもののようですね。と、言うことは、現代の日本人と、100年前の日本人と、100年後の日本人と、同じ民族と言えども、まぁバラバラなんでしょうね。

  • 2006/10/16(月) 22:23:35 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

去去去ならぬ看看看も

上海語の面白い表現で「看看看」というのがあります。意味は「看」が三つあるから「よく見る」なのではなく、逆に「ちょっと見てみる」という意味です。
動詞「看」+「看看」(ちょっと~する)という構造ですね。

  • 2006/10/17(火) 12:22:17 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/471-008f3aca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。