大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた中国マナーについて

先日、九寨溝方面に行った旅行で、改めて感じた中国人のマナーについて書いてみたい。
まぁ、どれも言い尽くされたことなんだけれど、新たに感じたとなれば表現も変るかなと思って。
今、北京では、オリンピックを前にして、市民に対するマナー教育が盛んに行われているようだが、どうなんだろうかね?



さて、今日のテーマは3つ
1、待ち行列を作れない
2、食いかすはテーブルに、灰は床に
3、公共よりもオラが記念写真

九寨溝と黄龍は「九寨黄龍空港」が3年前に開港されて一気に観光客が増えた地域である。それまでは、四川省の省都「成都市」からバスで、凸凹急カーブの山道を10時間ほど乗り継いで、やっと到達出来る程の『秘境』だった。そのため、以前は特に環境に関心のある一部の人たちしか訪れなかったのだが、最近では一般の人も訪問するようになって来た。斯く言うオレも、そのミーハー野郎の一人なのだが。

とは言え、例えば北京からのツアーでは、およそ1万元ほどかかるので、家族旅行ともなれば夫婦と子供で3人分、約3万元が必要なのであるから、あるレベルの富裕階級でなければ来れないのだ。逆説的に言えば、外国人はともかく、ここに来ている中国人は、中国の富裕層の人達と言うことになる。
つまり、格差社会の底辺をさまよい、出稼ぎに出なければ家族の生活を支えきれない赤貧の農民が来れる場所ではないのだ。
オレが勝手に思うのだが、ある程度の富裕層となれば、それなりの国際感覚を持って、世界遺産に集う世界からの客人達と共に、人類に与えられた雄大な自然遺産を共に楽しみ、暖かく迎えてくれるものと信じていた。



ところが、、、、、、、!

九寨溝では、入場料を払って域内に入り、その後はフリーパスの循環バスが走っているので、どこで乗ってもどこで降りても自由だ。
オレ達は、12人の日本人と中国人のガイド1人からなる13人のグループで観光をしていた。展望台のある観光スポットを見た後で、次の場所に移ろうとバスを待っていた。バスが到着するたびに入り口に殺到する中国人たち。整列乗車なんて全く関係ない。
オレ達は、バラバラになっては困るので13人が一緒に乗るために、バスを2台やり過ごして待ち列の先頭に立った。
「今度のバスにみんなで乗ろうね」って。


ところが、、、、、、、、!

先頭に並んでいるにも拘らず、横から押しのけて入り込んでくる中国人たちに妨害されて、乗れない。
2台目のバスでも同じことだった。これじゃ、おとなしい日本人は永久に乗れないんじゃないかと心配してしまった。仕舞いには、警備をしていた警察官(ガードマンか?)が見るに見かねて、群集を抑えて我々を先に乗せてくれたので、やっと乗ることが出来たのだが、先にやり過ごした2台のバスを含めると、4台目か5台目のバスにやっと乗せてもらったことになる。

どうして列を作って順番を待つことが出来ないのだろう?
いや、列を作って待つのだけれど、バスが到着した途端に、行列とは関係無しに一気に乗車口になだれ込むのだ。
まぁ、似たようなことは大連でも経験しているから当たり前なんだけど、それにしても、
多少の小金持ちでも全然関係ないんだな。
世界自然遺産に指定された素晴らしい景色を見ても、心穏やかに順番を待つことが出来ないんだな。
他人を信用していないから、待っていたらいつまでも乗れないと思ってしまうのだろうか?日本の地下鉄乗車の様子を見せてやりたいものだ。
やっぱり、いくらオリンピック教育をしても、一朝一夕に変ることはないと確信した。



2番目のテーマに移ろう。
黄龍に上り始めて中腹を過ぎた、標高3500メートル辺りに、休憩所がある。イメージとしては、日本のスキー場の大食堂を思い浮かべて欲しい。大きなプレハブの建物の中に、簡単な椅子とテーブルが並んでおり、アイスクリーム、暖かいお茶、お粥、ソーセージなど軽食を販売している。
雪が降ってきて体が冷えてしまったので、温かいお粥を食べて温まった。
ふと見ると、隣のテーブルに若いカップルが座って、「茹で落花生」を食べ始めた。殻はどうするのかと見ていたら、当たり前のことだけど、テーブルの上に放置する。まぁ、中国では今更驚くような話ではないのだが。
この公園は、全域が禁煙指定されている。当然、この休憩所にも灰皿は無い。
「だから何だって言うんだ!!関係ねぇだろう!!」 
てなもんですな。いや、禁煙なんて認識がないのかも知れない。
堂々とタバコを吸って、当然灰皿は床の上。吸い終わったタバコの空き箱は、悪びれた様子もなくそのまま置いていく。
日本だったら、このような休憩所って後片付けまでセルフサービスが普通だと思うのだが、中国ではそうは行かないようだ。
ケンターッキーフライドチキンやマグドナルドは、世界中でセルフサービスが当たり前だが、中国では食べるところまでは自分でやるが、食べ終えたら尾張名古屋は城で持つってなもんで、さっさと立ち去ってしまう。食器を片付けないばかりか、骨を床に捨てるものだから、中国では、ケンタッキーにもマグドナルドにも掃除のおばさん(おじさん)が何人も居て、客が去るとすぐに床を掃いてテーブルの食べかすを片付けるのだ。

もう一度書くけど、ここは標高3500メートルの高地で、世界自然遺産の指定を受けた、いわば地球の『聖地』なのだ。


ところが、、、、、、、!

pnuts061004.jpg

ご覧の通り。
世界自然遺産だろうが、街の三文食堂だろうが、関係ないよ、同じことさ!!



さて、3番目のテーマだが、中国人は記念写真が好きだ。
景色が良い所、記念碑がある所、有名な建物、そういう場所では、必ず記念写真を撮りたがる。
しかも、他人が一緒に写ることを極端に嫌う。
30年程前の日本人も同じように言われていたんだろうな。
ノーキョーの旗を立てて、眼鏡をかけて、カメラをぶら下げているのが、海外旅行日本人の典型だといわれていたものだ。
香港のディズニーランドでは、中国人観光客が乗り物やアトラクションの前で、行列を乱して記念写真を撮りたがるので、記念撮影の場所として、ダンボとか、ドナルドダックの彫像を増やしたそうだ。

さて、場所を再び九寨溝に戻して、青く輝く透明な湖水が水底を映し、さすがは世界自然遺産だと感心する。
ike061006.jpg



ところが、、、、、、、!

画面を下に移すと、実は、こんなにラッシュアワーの新宿駅のような人だかりなんだ。
hito061006.jpg

上野動物園に初めてパンダが来たときには、
「立ち止まらずに、順にお進みください。立ち止まらないでください!!」
と言う騒ぎになったそうだが、正にそのような状態だった。


ところが、、、、、、、!


どんな混雑でも、人ごみでも、記念写真は撮らなくちゃ。
ご覧の通り、記念写真を撮ろうと言う人が、クロスして重なっている。こんなに人が多いにも拘らず、他人が写り込むことを嫌がるので、他人を手で制して、
「写真を撮っているから、こっちに来ないでくれ」って。
これをそこら中でやるものだから、人ごみの混乱が更にひどくなる。
kinensha061004.jpg

皆さんが持っているデジカメを見ると、液晶画面が大きいので、新型のカメラだと分かる。やっぱり金持ちなんだ。
金持ちでも、個人のエゴが公共に勝ると言うことには変わらないんだなぁ。
いや、金持ちだからこそ、エリート意識みたいなものがあって、エゴが強いのかも知れない。

コメント

変わっていない

私が上海にいた10年以上前と変わっていないんですね。
残念ながら。
共産圏であるにもかかわらず、中国で金持ちになった人達は、貧乏な中国庶民よりも、人を押しのけるという、気持ちは強いのではないかと。

横入りして他人より優先されることに
非常に喜びを感じるということですね。
そもそも信号も少なく交差点では頭を先に突っ込んだ方が
青信号という非常に臨機応変というのか
ファジーなルールにしっかりのっとった社会ということでしょうか。
一種のゲーム感覚で皆生活しているのかもしれません。
そもそもしつけとか教育されていない人たちは
周りを見て真似しますから。
ヨーロッパに観光で行ってもモナリザとかベルサイユ宮殿の中で
フラッシュをたくのは中国人でしたね。
けど百年城のマクドナルドは1列にならんでいました。
社会の階層別の行動パターンを研究すると面白いですね。
ごみについては「まち全体がゴミ箱」と理解しています。
そのゴミ箱に皆が捨てて掃除の人が雇われている。
やはりこれもこれだけ規模が大きいと文化と言うほかないですね。

  • 2006/10/23(月) 09:32:50 |
  • URL |
  • やまだ #Qhkulfr2
  • [ 編集]

群がり→排隊→フォーク

原始共産主義からさまざまな過程を経て社会主義、共産主義にいたる、という理論がありましたが、「並ぶ」という行為の進化の過程をしめすと

①秩序無くひたすら群がる!
②排隊(pai2dui4)という意識が芽生える(窓口が複数有る場合はその窓口ごとに並ぶ)
③窓口が複数の場合、フォーク状にならぶ、いわゆる「フォーク並び」

の順に進化していくように思えます。中国の殆どの場所では(とくに田舎に行けば行くほど)①の状況にとどまっているようです。
①→②→③に行くにしたがって、何が変化するかというと、大げさに言えば「待ち時間の機会均等化」と言えるでしょう。①の群がり型では突進力の強いものが先に機会をえる(逆に我々気の弱い日本人(但し大阪人は例外・笑)や老人・障害者などの弱者はいつまでたっても機会が回ってこない)のに対して、③になれば並んでいる人にまったく平等に機会が与えられるわけであって、どう考えても③の方が合理的である、と考えるわけです。
ただ、なぜ、③が難しいかというと、③をするためには日本の空港のやJRの旅行センター、銀行ATMなどを思い浮かべれば分かるように、ポールに縄を渡したような柵?や、地面にテープ付けで表示したり、といろいろ「設備」がいるわけです。②の場合はそのような設備もいらない代わりに、窓口によっては待ち時間に極端な差がでるなどの「運不運」の要素が付きまといます。(人間というのは勝手なもので、自分の列がスムーズに流れたときは記憶に残りませんが、自分の列でおばあちゃんなどがまごまごしているとものすごくいらいらするものです。)

以上のように「並ぶ」こと一つを取っても実はいろいろな社会的要素が絡むのですが、私のように小難しく理屈を並べ立てるのって、日本人(あるとしたらドイツ人)くらいなんでしょうね・・・。

  • 2006/10/23(月) 09:52:21 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

カメラ優先

>他人が写り込むことを嫌がるので・・・
というでっつさんの記述がありましたが、これも個人的にはすごく文化的差異を感じる項目ですね。私個人としては周囲の人々も「風景の一部」くらいに捕らえているのですが、中国人的には「この神聖な一枚に他人が映りこむなんて許せない!」というような意識が働くみたいです。
観光地で他人が写真を撮っている際に、カメラと被写体との間や被写体の周囲の空間に入らないようにする気遣いは万事に「遠慮」がない中国人にしては非常に強く感じます。私などは「キミらが写真を撮るのは勝手。ワシは関係あらへん!」とばかり平気でカメラと被写体の間を通過してゆく(その代わり、自分が撮る場面では極力他人様の邪魔にならないように気遣う)のですが、中国の観光地では「カメラ絶対優先」のような交通ルール?があるように思えて面食らいます。

  • 2006/10/23(月) 10:07:09 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

「雲崗石窟」なんて酷いを超えてます

同じく世界遺産である「雲崗石窟」なんて酷いなんてもんじゃありません。
遺産自体にとにかく名前(個人名)が所狭しと彫られてます。あまりの量、あまりのくだらない落書きぶりに唖然とさせられます。貴重な石像、絵画など見るに無残な姿です。当然修復も不可。中国は「世界遺産」の名を客寄せ(金儲け)にしか使ってません。まあ拝金主義、自己中心主義国家の面目躍如といったところですか。はるか古の方々も自分の子孫に、まさかこのような形で破壊される(進行中)とは夢にも思わなかったでしょうねえ。

  • 2006/10/23(月) 20:37:59 |
  • URL |
  • イノキ! #-
  • [ 編集]

まぁ、長い目で見ましょうか?

>Toshi@タイさん
一朝一夕には変わらないんですねぇ。

>やまださん、こんにちは。
農村地区の貧乏な農民ならマナー教育もされていないのでしょうが、このクラスの人達ならという期待があったのですがねぇ!

>BEOさん、その1
隊列の進化形を「フォーク並び」というのですか? 初めて聞きましたが、イメージは良く分かります。
成田の出国審査と大連の入国審査は、相変わらずの「平行並び」で、せっかく列の短いところに並んだつもりでいても、書類不備の外国人が一人いると、すごく時間がかかってしまいます。
でも、素晴らしい分析力に、なるほどと思ってしまいました。

>BEOさん、その2
確かに、何でもかんでもずうずうしい中国人が、他人のカメラの前を遮るのには、ちょっと躊躇を感じているようです。暗黙のルールがあるようにさえ感じられます。それにしても、、、、、、、程度の問題だと思いますがねぇ。

>イノキさん、こんにちは。
「ユィンガンシークー」ですか?敦煌、洛陽、甘粛と並ぶ中国の石窟ですね。行ったことはありませんが、きっと立派なのでしょう。
日本でも、法隆寺だか別の寺だかの柱に相合傘と名前を落書きしたことがニュースになったことがありましたが、あまりに多いとニュースにもなりませんね。
嘆かわしいことです。

  • 2006/10/23(月) 22:32:50 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

うーん

最近、つくづく「衣食足って礼節を知る」というのはウソではないかと思っています。
妙案は? 浮かばないですねぇ。(諦め)

ただ、俺のところでは、路線バスはちゃんと行列して乗っているし、年寄りに席を譲っている場面もよく見かけます。
大都市と違って、バスもそんなに混んでいないし、顔見知りの人間にもよく出くわすからでしょうかね。
俺の経験だとバス乗り場の行列は、大都市ほどダメみたいですね。
すし詰めバスにみんなイライラしながら乗っているし、よそ者も多いのでマナーが悪くなるんでしょうか。

それと、でっつさん、中国では小金持ったヤツほどロクな者はいない。これははっきりと断言できます!
だって、いつでも無理やり人を押しのけて金儲けしてるんですから、そういう連中にマナーなんか語ったって「どこ吹く風」ですよ。
田舎の農民の方がよほどマシな人間が多いですよ。

マナー教育

>遼寧省営口市在住さん
このようなマナーの話をすると、日本人の多くは「衣食足りて礼節を知る」と言いますけどねぇ。

先日、当社の従業員を引率して日本に行ったときのことです。
公共バスに乗ってしばらくすると、おばあちゃんが二人乗って来ました。
すると、私は何も指示しませんでしたが、座っていた22歳の女子社員二人がさっと立ち上がって、おばあちゃんたちに席を譲りました。おばあちゃんは「ありがとう、助かったわ」とお礼を言っていたようですが、女子社員は日本語が話せないので、照れてただ微笑んでいただけでしたが。
私は離れたところから見ていていました。初めての日本で緊張していた特殊な環境のかも知れませんが、自主的に席を譲ってくれたことがうれしくなりました。
日系企業なりに多少はマナー教育もしているので、その成果かな、などと少し自己満足。

  • 2006/10/24(火) 06:49:13 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

>でっつさん
・「フォーク並び」はそれほど浸透している用語とは思えません。考えてみれば「フォーク」の先端は各1名ずつなのですから「フォーク」じゃないですけどね^^。
・中国人は確かに自己チューなところもありますが、「敬老精神」に関してはむしろ日本より高いように思えます。大連でも市内バスの席を老人に譲っている光景みたことがありますよ。
・出入国審査では列の前の人がひっかかってひどく待たされたことはありません。ただ、いまだに思い出してもイライラするのは去年珠海→マカオへ抜けようとしたときの珠海イミグレの長蛇の列です。30名以上は待っていると言うのに「外国パスポート保持者」の窓口はなんと一つだけ!また、入管の係員のねえちゃんは1分以上も人の顔をじろじろねめまわし、一人あたりたっぷり2分以上かけるサービス?ぶり。結局通過するのに1時間はかかりました。かつての共産圏からの脱走を阻むような時代でもあるまいに、と憤慨しました。

  • 2006/10/24(火) 09:27:05 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

敬老精神は

日本より上だと思います。
毎日バス通勤してますけど、老人が乗ってきたら必ず席譲りますから。
これだけ敬老精神があるのだったら、どうしてもっとバスを乗りやすくするとか、そっちの方へ気を回さないのだろうか...。

  • 2006/10/24(火) 15:05:42 |
  • URL |
  • 花花牌子 #ThzCuj4.
  • [ 編集]

衣食足って礼節を知る

1、待ち行列を作れない
2、食いかすはテーブルに、灰は床に
3、公共よりもオラが記念写真

マナー教育
躾教育
自分たちの行動が他人様にどう映っているのか?
どういう行動が迷惑なのか?
洞察力、想像力、は理性のどこら辺から発生するのか?
そして人として、その行動は恥ずかしくないのか?

いろいろ言葉が浮かんできますが、二世代ぐらいは、改善するのが難しいような気がします。
罰を与えられないと改善しないというのは、根が深いのでしょうか?

  • 2006/10/24(火) 17:20:12 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

花花牌子さんへ

たしかに、その通りだと私も思います。
中国人の徳性の高さ、良さもいっぱいあるんですよね。

自分が、日本に居た頃によく部下に言ったのは、
おまえら、俺が見てるときと、見ていないときの行動が違っていたら、
それは、おめえ自身がはずかしくねーのかよ。
おまえらは、犬とか牛とか、ペットでもなけりゃ、家畜でもないだろうが、
店長の俺に叱られるから、しないじゃねえだろ。
それは、しちゃいけないことだから、しないんだろうが、
てめえの頭で考えて行動しろよ。

これは、今となっては、部下が高卒の19、20のにいちゃんでも、同じ
日本人だから通用した言葉なもですね。

先日、私がキレタときの相手の反応をみると、なんだか少し無力感を感じました。

たしかに、中国人の良いところも、いっぱいあるんだけどなー。

  • 2006/10/24(火) 21:31:45 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

個人的なことで

3連ちゃんの投稿、ごめんなさい
花花牌子さんのブログhttp://dalian-life.seesaa.net/はいつも開けられません。
読んでいるのは、km45のRSSリーダー
http://r.hatena.ne.jp/km45/%E6%9D%B1%E5%8C%97/http://dalian-life.seesaa.net/index.rdf
とかですが、自分のネット環境が悪いためでしょうか?

ここに、コメントしている人で、中国在住者で、http://dalianlife.seesaa.net/は見れますか?

km45のRSSリーダーは、読めてもコメント出来ませんもので。

お題と関係なく御免!

  • 2006/10/24(火) 23:57:22 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

恐縮ですが

ウチのブログの話で恐縮ですが、中国からだと規制かかっているようで、見られたり見られなかったりします。
確実に見るにはプロキシ当ててください。

http://www.cybersyndrome.net/
↑プロキシ解説のページ

  • 2006/10/25(水) 17:28:13 |
  • URL |
  • 花花牌子 #ThzCuj4.
  • [ 編集]

中国人に限らず

日本人でもマナーのなってない方、最近多いですね。

「挨拶ができない」「慇懃無礼」「ハメを外し過ぎ」

駐在員にしろ出張者にしろ学生にしろ「若者」にこの手のタイプ多いように思うのですが、こういう方々に仕事で関わると非常に疲れます。

  • 2006/10/25(水) 18:01:32 |
  • URL |
  • 花花牌子 #ThzCuj4.
  • [ 編集]

香港人

香港在住です。香港は女性がとても強くて礼儀やマナーが悪いです。
昨日もスーパーマーケットのレジで、バーコード読み取りのガラスの部分に肉汁(血)が垂れているのに拭こうとしません。
私が買った寿司のパックにあやうくその血の汁がつきそうになったので、拭いてくれと頼んだらとても嫌そうな顔をされた後に、ティッシュで嫌々拭きました。当然悪いと言うそぶりも見せません。
このキャシアーの女性、自分がお買い物する立場だったらどうなのか
それが知りたいです。

相手の立場で

>ねんさん、はじめまして。
香港だけではありませんよ。
相手の立場になって考えるというのが、まだ定着していないようですね。

  • 2007/07/13(金) 06:17:24 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

私が駐在している広東省の街は小さいですが金持ちが多い所です。(最新型のベンツ、ボルボ、BMW、ポルシェ・・・ 全然珍しくありません。しかし、こんな街でも人々のレベルは低いです。信号無視、逆走、歩道をクラクション鳴らしながら走行 それらは日常の風景です。マクドナルドの警備員の職務の中にお客の食べた物の後始末、掃除が含まれているのには驚きました。

  • 2007/12/28(金) 13:52:15 |
  • URL |
  • 蓮池山 #JalddpaA
  • [ 編集]

片付け要員

>蓮池山さん
マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンなどのセルフサービスの店に、片付け要員がいるのは世界中で中国だけではないでしょうか?
先日、食べ終わったトレイをもってどこに片付けるのかうろうろしていたら、従業員が飛んで来て「謝謝、謝謝!」って、すごく恐縮していました。

  • 2007/12/31(月) 09:45:56 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/477-34c62dc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。