大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閣下、閣下、 がそこで する。

今までに何度も書いたことだが、映画1本が丸ごと入ったDVDが6元で買える。いわゆる海賊版という奴だ。海賊版はいけないことだと分かっているけれども、人間弱いものでこういう環境にいると流されてつい買ってしまうものだ。
「日本人のモラルも大したこたぁーねぇな!」
こら!自分で言うな。

さて、日本の映画やドラマなら音声を日本語にして、字幕を消せば問題ないが、外国の映画は当たり外れがある。

日本語訳がでたらめなものがあるのだ。

経験的に言えば、パッケージにカタカナが書いてればまぁ大丈夫だろう。カタカナが全くないものは相当怪しい。
どういうことかと言うと、例えばアメリカハリウッドの映画を日本でDVDとして発売したものの海賊版であれば、日本語の吹き替えもあるし、日本語字幕もしっかりしている。これらのパッケージには大概カタカナのタイトルが書かれていることが多い。この日本語の製品を基に作られた海賊版は、そのままコピーしているのだから、当たり前だけど日本語がしっかりしている。

ところが、中国で独自に日本語字幕をつけたDVDには、自動翻訳機の出力をそのまま字幕にしたようなものがある。自動翻訳機のレベルが上がったとは言え、実用的にはまだまだだ。

例えばこんな具合だ。
koreho061105.jpg

「いいえ、我々はこれほど前におしまいであった誰かを必要とする」
会議の場面でリーダー格の男の発言だが、意味分かる?
英語から訳して見ると
「いや、我々は、以前にこの方面での経験がある人間が必要なんだ」
という意味だ。
いくらストーリーを追いかけても、字幕からは分からないだろう。

同じ映画の別の翻訳をいくつか紹介しよう。
「何であるか? 今晩?」 「ええ」
「なんだって? 今夜かよ?」 「そうだ」
意味は同じといえば同じだが、会話の雰囲気が全然伝わらない。

「閣下、閣下、 がここで する」
「報告、報告、奴はここにいるぞ!」
「閣下」の部分は、戦闘の場面で、敵を発見した哨戒機から本部に対して無線で "Sir, Sir" と呼びかけているところだから、日本語なら「報告、報告」辺りが適当だ。


更に極端な場合には、
「あなたは何であるか、 が走る??? わたし なに?」
このように、全く意味不明なばかりか、翻訳機が訳せない単語は???になったりしている。

こんな字幕でストーリーを追えと言うのは無理な話だ。6元もったいないけど捨てる、いや中国人にあげてしまう。

コメント

DVD日本語字幕

中国でのDVDの日本語字幕については、「DVDソフト事情〔9〕『迷』日本語字幕付の外国語映画」(http://km45.spaces.live.com/blog/cns!67AC4E09F9CD86BB!714.entry)において、述べておきました。
現在のところ、D-5では2種の製造元があるようで、いずれもカバー裏とカバー中に、中国語での字幕言語などの表示があります。この場合、字幕言語表示に韓国語がある場合はまず日本以外の原版のコピーですから、日本語字幕は自動翻訳であると考えてもよいでしょう。
カバー裏に日本語での作品解説などがあり、日本発売の原版をコピーしたものでも、カバー中に中国語での字幕言語表示があれば、そこに日本語があるか確認すべきです。ない場合は日本語字幕は付いていません。
現在のところ、正しい日本語字幕付はD-5よりもD-9の方が豊富です。いまのところ、D-9では自動翻訳のは出てないようです。いずれにしても、日本発売を原版にしたと思えるものでも、良心的なコピーはカーバー中に中国語での字幕言語表示があり、そこで日本語の有無を確認すると外れが少なくなります。

  • 2006/12/18(月) 18:59:34 |
  • URL |
  • KM #NscJhb76
  • [ 編集]

コピーこそ中国文化

でっつさん、最近DVDはちゃんと売ってますか?
またまた、中国政府は得意のコピー商品撲滅運動などを行ってますが、
今回は、息が長いような気もします。

私は、最近はあまりDVDショップには行っていないのですが、2ヶ月ぐらい前でも、壊滅に近い状況でしたが、復活してきているのでしょうか。

まあ、一部掲示板では、私のせいでDVDが大連から無くなったなどともいわれましたが、最近でも江西省でシュレッダーのような粉砕機を用いて処分などを行っているみたいですね。

2006年12月8日の午前10時、中国各地で一斉に、海賊版CDを廃棄処分するPRイベントが催された。これは政府をあげて、海賊版の音楽CDやDVDなどを撲滅しようという主旨で行なわれたものだ。江西省南昌市には、江西省内の悪質業者や一般市民から没収した海賊版ソフトが一堂に集められた。その数およそ142万枚。シュレッダーのような粉砕機を用いて処分された。

しかし、本当に中国で違法コピーゼロになったらどうなるのだろうとの疑問をもつのは私だけではないでしょう。
プリントアウトや名刺印刷を行う簡易ビジネスセンター、
ネットカフェ、
一般企業の殆ど、など
正規版をコピーした海賊版が「本当に使えない」日が来たら、中国の様な海賊版が浸透している国では、倒産する企業が続出するのかもしれない、というか国家崩壊でしょう。

勿論、今では偉そうに中国に文句を言っている日本ですが、以前の状況は、50歩100歩でした。

日本の違法コピー率の変化
1992年 92%、、
1993年 85%、、
1994年 79%、、
1995年 55%、、
1996年 41%、、
1997年 32%、、
1998年 31%、、
1999年 31%、、
2000年 37%、、
2001年 37%、、
2002年 35%、、
2003年 29%、、
2004年 28%、、
2005年 28%、、

この1992年92%のから1993年の85%は変化率は中国の2003年から2004年の変化と確か同じはずです。

ただ、パソコンの普及率とソフトの価格の所得に対する比率の状況の違いが、前述した企業倒産から国家崩壊の危険性を予感させます。

海賊ソフトが、なくならない。これが中国の生き残る道でしょう。


  • 2006/12/18(月) 22:18:02 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

こんなのも。

バンコクのゴーゴーバーのホームページです。
英語をそのまま翻訳ソフトで日本語にしたようです。
http://www.spicegirls.biz/index.htm
こんにちは、私達の棒への歓迎
バンコクの第1 ガラス床
幸せな時間 : 6:00 PM to 9:00 PM

笑えます。

海賊版のマーケット

>KMさん
丁寧な解説ありがとうございます。
最近は、携帯用DVDプレイヤーを持ち歩いて、再生確認してから買うようにしています。

>青云さん
市内では、海賊版が影を潜めているとの噂は聞いていますが、やっぱり本当だったのですね。私がいつも行っている所では、変わりなく新モノが手に入りますよ。
日本のコピー率って主にパソコンソフトじゃないですか? 15年前でも日本で映画の海賊版って見たことがありません。裏ナントカはありましたけどね。
以前どこかで書いたんだけど、今や中国の海賊版(映画、テレビドラマ)のマーケットで食っている人がものすごくたくさんいると思うんですよ。もし海賊版を一掃したら、海賊版を直接製造販売している人たちだけでなく、普通のDVDプレイヤー自体の売上も減少し、電器業界に壊滅的な打撃を与えると思います。
当分止められないでしょうね。

>Toshi@タイさん
これは笑っちゃいますね。
「Bar」を「棒」と訳して何か問題ですか? ってなもんですね。
「来なさい及び私達のセクシーなぴりっとする学校の女の子を訪問しなさい」
命令形ですね。じゃあ行かなくちゃ!!(笑)

  • 2006/12/19(火) 17:59:01 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/491-76b095aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。