大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【老公】と【老婆】

勘違い中国語シリーズ016【老公】と【老婆】

「老公」「老婆」と呼び合う二人がいる。
水戸のご老公と百姓婆あの罵りあいではない。

「老公」〔ラオゴォン〕は、妻が「あなたぁ」と呼びかける甘いささやき。
「老婆」〔ラオポォ〕は、夫が優しく「なんだい、おまえ」と応える。

「老公」「老婆」「老公」「老婆」「老公」「老婆」、、、、、、、。
「ダーリン」「ハニー」「ダァリン」「ハニィ」「ダァリン」「ハニィ」

実は、むつまじい新婚さんの愛のささやきなのだった。

「老公」は、一般に「夫」を指すくだけた表現で会話の中では良く使う。
結婚前でも「本命の彼」のことを「老公」と呼ぶことも普通だ。
一方「老婆」は、「妻」の事を指すくだけた表現だ。おばあさんのことではない。
他人に対しては「今日は家のヤツの誕生日だから先に失礼するよ」見たいな感じで、「老婆」を使う。


月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

PPMの歌じゃないけど、 ”Where have all the contributors gone ?”
この10日間でコメント数は20、毎日何回も開けてみるが少ない、みんなどうしたんですかね?

自分の奥さんのことを「内人」とは云いませんか?

  • 2006/11/26(日) 20:30:13 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

PPM?

>hexueさん
PPMと聞くと、濃度の単位百万分率を思い浮かべてしまいます。
ジクロルアミンが2000ppm検出されたとか、その類です。
ここでのPPMとは、ピータ・ポーポール&マリーのことでしょうかね。
「内人」は、私は直接聞いたことはありませんが、辞書には載っていますね。

  • 2006/11/26(日) 22:42:35 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

「老公」と「老婆」

日本語のニュアンスで言えば、「ダンナ」と「カミさん」という感じのかなりくだけた通俗的な言い方ですね。
あまり上品な言い方ではないので、あらたまった席では言いません。
「丈夫(zhang4fu)」と「妻子(qi1zi)」というのが比較的正式な言い方でしょう。
また、以前にでっつさんも取り上げていた「愛人(ai4ren2)」という言い方が、いかにも新中国らしい男女平等を象徴する好ましい言い方だと個人的には思っていますが、逆に「先生(xian1sheng)」(この場合は夫の意味)とか、「太太(tai4tai)」という民国時代の古臭い言い方がこの20年あまりに復活してきた(香港や台湾のTVドラマの影響?)のは、個人的にはあまり良い傾向だとは思えません。

それからhexueさんの挙げられた「内人(nei4ren2)」というのは、日本語のニュアンスでは「家内」に相当するのだと思いますが、「女性は家の中で家事に専念するべきだ」という封建的な観念が背景にある言葉として、現代中国では使わなくなっており、完全に「死語」の類いですね。
ただ、台湾の国民党の前主席だった連戦氏が中国を夫人同伴で訪問した時のスピーチでは、「我和我的内人」という言い方をしていましたから、台湾では今でも習慣的に使っているようです。

そういう点では日本の既婚女性が夫を「主人」と言うのは、習慣的な言い方であるにせよ、さらに封建的な色彩が濃いので非常に違和感がありますね。俺は嫁さん(中国人)には、日本語では「私の夫」と言うべきだと教えています。

家内・主人・女房・亭主

PPMは、仰るとおり、60年代後半のPeter Paul & Maryで、「Where have all the flowers gone=花はどこへ行ったの」に引っ掛けて、「投稿者の皆はどこへ行ってしまったの」と言いたかったのです。


「家内」、確かに、女性を家の中に居させるイメージが感じられます。
「主人」、夫を立て、自分は謙る慎ましさには、大げさだが悲哀さえ感じる。

「女房」、私はこの言葉は言ったことがないが、位の高い、高貴なと言う意味合いもあるので、女性にはこの方が相応しいか。
「亭主」、一家の主の意味だが、云われるとむずがゆい感じがする。
人前で配偶者は「主人」と言い、私は「家内」と言うことが多いが、通常の話の中では「嫁さん」と言っている。  まとまりがなかったな、この話。 

  • 2006/11/27(月) 21:58:43 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

遼寧省営口市在住 さん、自分は今の会社にお世話になる前にいたところでは、私の女房のことを、皆、にいだ太太シャマシャマと云っていました。
私の拙い中国語では、この太太が、当時分からなくって、おまえら、イッタイなに云ってんだ、俺のわかるぷーとんふぁでしゃでれよ、と思ったものです。
今でも、中国語はサッパリなので、普通語もなにも無いのですか。
ダーワイに一年半いてもこんなもんです。
っていうか、俺は分かりましたよ。語学はセンスだって。
だって、中国人がなに云ってるのか、今だに聞き取れませんから。
たまに思いますよ、俺の脳に何か欠陥があるんじゃないかろうって。

  • 2006/11/27(月) 22:04:49 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

語学はセンス

ということで言えば、俺なんかもう20年以上も中国語と格闘してるわけですが、いまだに口を開けばブロークンなレベルで、さっぱり進歩がありませんよ。
でも一つだけ自信があるのは、気合で通じさせるテクニックだけは年季が入りましたね。「語学」ってのは結局のところ、動物的な感覚で、後は聞き取りの注意力と、それから間違ってもブロークンでもいいから、とにかくガンガンと喋り捲ることでしかないと思いますね。その点では無口で消極的な人は絶対にダメですね。語学修行では「沈黙」は「金」はなく「クソ」だと思った方がいい。それと文法に拘泥すると絶対に先に進みません。そんな物は「後から付いてくる」ぐらいに割り切った方が良い。
どうせほとんどの人は「中国語教師」になるために勉強しているわけじゃないですから、要は聞き取れて、こっちの言ってることが相手に通じることが大切です。

場数の中にはできるだけ多くの中国人と喋ることが含まれますが、誰でも良いと言うわけではなく、できるだけ教養のある中年以上の人間と喋るようにした方が良い。教育レベルが低い人間や、若い連中と言うのは当然にも「ボキャ貧」ですから、そういう連中を相手に喋っていてもちっとも勉強になりません。今時の中国の大学生なんていうのは、ほとんどが受験勉強漬けで頭が腐ってますから一番ダメですね(笑)。
それとやっぱりTVですかね。ニュースやドキュメンタリーは日本より質の高い番組がいっぱいあるし、ほとんどが下に字幕が出ますから、実に勉強になります。なに、最初は流しているだけでもいんです。そのうち判る言葉の数が確実に増えてきますよ。
日本のTVなんか、わざわざこっちで見る必要はありませんよ。そんなものはインターネットで各大手新聞社と大手放送局のホームページをチェックして、見出しだけ眺めていても日本の情勢は大体判ります。せっかく中国にいるんだから、できるだけ中国のTVを見たり、新聞を読んだりした方が良いです。

中国語の友

>遼寧省営口市在住さん
「太太」は極普通に使われていますね。
手元にある「現代漢語小詞典」によれば、「太太」は、(1)旧時通称官吏的妻子、(2)旧時仆人等称女主人、(3)対已婚婦女的尊称:張太太、王太太など(4)称某人的妻子或丈夫対人称自己的妻子、と書かれています。
(1)と(2)はともかく、今では(4)の意味で多用されていますが、遼寧省営口市在住さんにとっては、好ましくないんですね。私なんかは、そんなことは良く分からないので、「太太」を使いまくっていますが、今後控えましょうか。

>hexueさん
私は、妻のことを「家内」と言う事が多いですね。
時には「女房」とも言います。

>青云さん
普通語と方言は初心者なればこそ、はっきりさせて欲しいものです。
応用力がないから僅かな違いに対応できなくなるのですから。
日本語初級者に東北のズーズー弁を聞かせたら全く分からないと思いますが、上級者であれば、聞き取れる部分から推測してなんとなく分かるようなものです。

>遼寧省営口市在住さん
私が中国語を話す相手は、家庭教師、カラオケの女の子、買い物の店員くらいのものです。一番手ごわいのは、道端で野菜を売っている農家のおばちゃんですね。

  • 2006/11/29(水) 22:12:42 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

>遼寧省営口市在住様
男性から「主人」の呼び方について触れられるとは驚きです。
一時期、フェミニストたちが
「主人」という呼び方は隷属的な響きがあるので止めよう、という運動を展開したことがありました。でも「主人」に代わる適切な表現がなくて、結局尻すぼみになったと記憶しております。
私は、公の場では「主人」、友人とのくだけた会話では「ダンナ」と使い分けております。

「稚児」という名詞に二つの意味があるように、「主人」も
①使用人と雇い主の関係
②夫と妻の関係
両方の意味がある、と、自分を納得させています。

  • 2006/11/30(木) 02:10:13 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

おっと

>カンカンさん
日本語の風習として「おっと」とは言い難い点もありますよね。
我が家では、身内では「おとうさん」ですが、外では何て呼んでいるのかな?

  • 2006/11/30(木) 07:19:42 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ウチは

老公・老婆ですね。
テレビで「着うた」のCMでも「老公老公我愛你♪」とやってますよ。

  • 2006/12/02(土) 15:44:05 |
  • URL |
  • 花花牌子 #-
  • [ 編集]

へ~そうなんですか

知らなかった。
彼女は私のことを老公と呼んでますよ。
彼女は自分のことを老婆と呼んでくれといいますので
言われたままに老婆と言っていますよ。
普通に「あなた」と「お前」の意味と思っていました。
確かに私達はもう直ぐ新婚になりますが
新婚というような年齢じゃないから、人前じゃあ恥ずかしくて使えませんね(汗)

  • 2007/08/01(水) 18:12:08 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

老公・老婆

>こうちゃん
いいんじゃないですか。老公・老婆で。

  • 2007/08/03(金) 07:27:18 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/504-d3b59316
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。