大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌汁にスプーン

前回(23日)は、七面倒臭いことを題材にしたので、コメントを書き難かったのか、反応がなかったので、今日は軽いネタで行こう。
味噌汁にスプーン!

そりゃ無いだろう、って。

当社の工員を日本の工場に実習に連れて行ったときのことだ。

昼食は、日本人工員と一緒に工場食を食べることになっている。
まずお盆を持って、調理口に並ぶ。
普通は、ご飯を取って、味噌汁を取って、好みのおかずを取って、逐次カード清算をして任意の席に着くシステムになっている。好みによって、うどん、そばラーメンなどの麺類や、カレーライスも選べる。

引率した初日のこと。
「総経理、どうしたらいいのか分かりません」
「取り敢えず、まず、ご飯と味噌汁を取れ」

と言うことで、ご飯と味噌汁を取らせた。

ふと見ると、全員が味噌汁を取るついでに、カレー用のスプーンも取っている。
「ちょっと待て、そのスプーンは何だ?」

「ええ、スープを飲むから」

「スープって、味噌汁だろ!味噌汁は、お椀から直接飲むんだ、スプーンを返せ!」


と言うやり取りがあって、スプーンは戻したのだが、お椀の味噌汁をスプーンですくって飲むなんて到底想像も出来なかったから事前の注意もしなかった。
中国では、スープはスプーンで飲むものだ。こぼれるのを気にする場合は、口をテーブルの上の椀に近づける、いわゆる「犬食い」の姿勢になり、日本人的には大変見苦しい。

その反面、中国人から見ると、中国料理店で小椀を手に持って直接食器からスープを飲んでいる日本人の姿(オレだけかな)を見苦しいと感じているのかも知れない。

食文化って、細かいところで気になるよな。

コメント

5月に大連に行った時、案内してくれた中国人女性が日本料理店で味噌汁をデザート用のスプーンで飲んでましたよ。
汁等飲み物系の飲み方を見ていると・・・
味噌汁→スプーン
自家製豆乳(薄くて甘かった)→お椀系に入れていたがスプーンを使わず直接飲んでた。
鯉を丸ごと一匹入れた、何かのスープ→鯉は箸、スープはスプーン
この時私はスープを器から直で飲もうとすると、スプーンあるよ!と言われた。
あつあつのコーヒー→熱いから冷めるまでスプーンを使っていた。(私もたまにするが・・・)

  • 2006/11/27(月) 12:36:33 |
  • URL |
  • zhehong #-
  • [ 編集]

ジョンは、でっつ

ジョンは、でっつが想像するはずだった。
ここで調理された!
ここまでろを反応したかったの♪

  • 2006/11/27(月) 16:57:29 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

中国人には

分かんないみたいですね、この犬食いの醜さが。
自分の部下の本科卒の娘に聞いても反応はいまいちでした。

調べましたら、茶碗を手に持つことの方が、グローバルでは非常識みたいですね。
日本人が、お茶碗を手に持ち、皿に自分の口を近づけるのを忌み嫌いますが、これは、かなり勝手な思い込みみたいですね。

椀、皿等の文化的に似通った韓国、中国ではこのような習慣はないのですね。

でも、これは、もう、主観ですね、美しいと、醜いは。
日本人として、過ごして来た限界なのでしょう。

でも、これが私の美意識ですね。限界ではなく、原点としての。

  • 2006/11/27(月) 22:27:01 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

郷に入れば...........

一転して、今日のコメントの多さはどうしたの? でも、こうじゃなくちゃね。

私は「茶碗蒸し」を箸で食べる。 碗を手に持ち、最後には啜りながら食べる。 どうもスプーンは許せない。 

香港に行った時、食事処でスプーンの類がある時はそれを使うが、それ以外は「My 箸函にMy箸」を持参している、それも太くて先にギザギザのあるものだ(茶餐廳などでは注目の的になる)。
箸の持ち方はしっかり教えられたので心得ているつもりだが、中国の丸箸、韓国の金属箸は滑りやすいので好きになれない。 

「Miso Soup」と言われれば、スプーンも有りか、ズルズル音を立てなければ
。 しかし、「犬食い」も何となくおかしい。 まあ、「郷に入れば郷に従え」の言葉があるが....................   どうも、これも取り留めがなくて御免。

  • 2006/11/27(月) 22:27:58 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

味噌汁をスプーンで

飲むのはおかしいと思うんだけど、中国にはスープ類を碗から直接飲む習慣は確かに無いですね。中華料理では必ず「勺(shaor2)」(日本で言うレンゲ)が付いて来ますから、それで飲むのが本式だし、その方が格好も良い。
でも日本料理では味噌汁の椀に匙なんか付いて来ませんし、あれは箸を突っ込んで、椀の縁に口を付けて飲むのが正しいし、その飲み方が決まるわけで、匙の類いを使うのは全くの余計で、格好も甚だ良くない。

思うにそれぞれの料理の食べ方には、そうする合理的な理由があると思うんですね。だから俺は日本料理屋では味噌汁には匙の類いは使わないし(日本人だから当たり前か)、中華料理屋では必ずレンゲを使ってスープを飲みます。

ところで「わん」と言う字には2つあって、日本料理では「椀」で木製の漆塗りの椀が正式だし、中華料理では「碗」で磁器の碗が正式な食器なんですね。この辺にも匙を使うか使わないか、という差が出てくるんじゃないかと思いますが、どうでしょうかね?

うーん、でっつさん、中華料理屋で磁器の碗から直接スープを飲むのはいただけないなぁ(笑)。人ごとながら個人的には止めて欲しいと思いますねぇ。カッコ悪いですよ。
洋食レストランで、皿から直接スープを飲んだら、もっと変だと思うけどね(笑)。

洋食では

西洋料理のマナーでも、皿を持つのはタブーですよね。
でも背中を曲げての犬食いもダメ。
ひたすら背はピン美しく保ちつつ、スプーンでスープをすくうと。
ああ、至難の業です。だってどうやっても垂れてしまうではないの。
マナーをあれこれ考えていると食べた気がしないので、高級レストランの洋食は遠慮したいです。(まあ、機会もありませんが)

  • 2006/11/28(火) 04:38:46 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

中華料理の正しいスープの飲み方

は「左手で碗を持ち、右手でレンゲを使って飲む」(左利きの人は当然逆になるが)、これが正解です。こうすれば「犬食い」なんかにはなりません。

韓国(朝鮮)では、碗や皿を持ち上げるのはマナー違反(だから匙の柄が長くできている)だそうですが、中国ではそんなタブーはありませんから、飯碗も汁碗も手で持ち上げて構わないのですよ。(皿は持ち上げませんけどね、笑) こうすれば格好がいいでしょう。

>カンカンさん
西洋料理で背中をそっくり返らせてスープを飲まなきゃいけないなんて、ウソだと思いますよ。そんな無理な姿勢で食べていたら、疲れるだろうし、第一、料理を味わう余裕も無くなります。消化にも悪そう。
フランス映画なんかの食事場面を見てください。結構、「犬食い」もしてますよ。ただ、その時間が短く、すぐに「基本形」に体を戻すので、気にならないだけです。妙にそっくり返って無表情に食事をしている場面は、「味気ない食事」のパロディだけです。
それから、中国のテーブルの高さは一般に西洋式や日本の物より高めにできているので、「犬食い」でも案外気にならないのです。

味千でレンゲ

西安路と青泥窪橋の「味千ラーメン」に行きましたが、「ゴマだれ冷麺」についてきた、お椀の味噌汁にレンゲがついてきました。
やはり、中国基準では食器に口を直接つけるのはお行儀が悪く見えるのでしょうね。

  • 2006/11/29(水) 22:07:42 |
  • URL |
  • だんご #pYrWfDco
  • [ 編集]

犬食い

>zhehongさん
スープを持ち上げて直接口をつけて飲むのは、世界中でも日本の味噌汁やうどん・そば類だけかも知れませんね。

>青云さん
そうなんですよね、美意識って、生まれ育った過程で植えつけられた後天性本能(?)みたいなものだから、変え様がないですよね。

>hexueさん
仰るとおり、中国の丸箸と韓国の金属箸は使い難くて馴染めないですね。

>遼寧省営口市在住さん
中華料理屋で磁器の碗から直接スープを飲むのはやっぱりカッコ悪いのですか? じゃぁ、今度から止めよう。でも、さすがに皿から直接飲むことはしませんね。

>カンカンさん
洋食では、取っ手が付いたカップスープがありますよね。あれはコーヒーのように直接飲んでもいいんですよね。

>遼寧省営口市在住さん
うちの社員のレベルが低いんでしょうかね。
左肘をついて、首を折り曲げて「犬食い」でスープを飲んでいる姿を見かけます。会社規則で禁止するようなことでもないし、今は放置しています。

>だんごさん
「中国基準では食器に口を直接つけるのはお行儀が悪く見える」
そうなのでしょうね、気をつけます。

  • 2006/11/29(水) 22:40:26 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

エレガントな女性の条件

>遼寧省営口市在住様
若い頃習ったテーブルマナーで
「背中を曲げずに、優雅にスープを口に運ぶ、これがエレガントな女性の仕草です」とか何とか言われました。
といっても実際には無理な姿勢なので、どうしても猫背になってしまい、そのたび「がさつよね・・・」と自分で思ってしまいます。なので、どうしても洋食は敬遠しがち。
食事は美味しく、楽しくいただくのが一番ですね、少し肩の力を抜いてレストランのフルコースを味わってみます。(機会があれば)

  • 2006/11/30(木) 02:18:52 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

「皿を持って食べるのが正しいマナー」という国は日本ぐらいですよ。

中国に限らず、朝鮮、東南アジア諸国、西洋、中東でも「皿をもって食べるのは乞食のようで下品」という認識です。

  • 2009/03/16(月) 01:58:05 |
  • URL |
  • はは #SFo5/nok
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/505-a81f629d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。