大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛布のドア

大連の冬は寒い。
とは言っても、黒龍江省とや吉林省比べればかなりマシだという話だが。

さて、寒い大連なればこそという物を紹介しよう。
maodoa061126.jpg

ここは、開発区銀座の中心街、新マートがあるビルの入り口だが、出入り口に黒っぽいカーテンがあるのが見えるだろうか?
外の冷気を遮断する毛布のドアだ。毛布というのは正確な表現ではない。テント生地で作った綿入れみたいな、重くてごわごわしたくぐり戸だ。
高級なホテルやしゃれたレストランでは使われないが、地元市民が多く行く庶民的な市場や商店で使っているところが多い。少々風が吹いても揺れることも無く、一般のドアよりも開閉が早く、開くスペースも最小の空間で済むので保温性は抜群で、布地だから危険性も少ない優れものだが、二つほど難点を言えば、
1、あまりにも味気ないデザイン。
デザインなどという言葉は適応しないな。ただ、たまたまそこにある生地を使ってみたという感じ。タータンチェックや花柄にしろとまでは言わないが、もうちょっと明るい色にはならないのだろうか?
2、重い。
このくぐり戸を通るのが、結構重いんだ。ついつい、どっこいしょって感じになる。

ホテルなんかでは、ドアからの風を防ぐために、日本では安全性で問題になった回転ドアが多用されている。

読者のコメントから抜粋
遼寧省営口市在住さん
これ、中国語では
nuanlian2.jpg
と言います。
辞書には「日本の暖簾(のれん)の源流と言われるが、日本とは異なり大きく厚くできている」と書いてあります。日本の「のれん」はどうやら本来の機能を失って、目隠しや装飾に変化したようですが、「暖簾」という字から見ると本来は保温用のものだったことが判ります。

でも中国東北で見かけるのは、確かに厚ぼったく、色も黒やオリーブグリーン(国防色)の味気無いものばかりですね。
中には上の方に透明ビニール製の窓が付いているのもあります。
最近は室内が暗くなるのを嫌がるせいか、入り口の中間に1m程の保温スペースが取れる建物では、透明ビニール製のカーテンを外側と内側に二重にしているところもあります。
この保温スペース方式は、日本でも北海道のビルやスーパーの入り口などでは大抵そういう構造になっています。もっとも透明ビニールのカーテンなんかじゃなく、がっちりした強化ガラスのドアですが。
それから、北海道の民家では通称「玄関フード」と言う、玄関ドアの外側にさらに温室風の強化ガラス製の保温・防雪スペースを付けている家がよく見られます。

この「暖帘」、もちろん中国でも北国に限られ、北京でも見たことがありますが、南限がどの辺なのかはよく判りません。上海あたりじゃ多分無いでしょうね。



ついでに、二つ。
ドアの前で電話をしている女性がいる。携帯電話の普及は日本に負けていないよ。
更に、左側の女性が持っている串は、大連方言では「リゴ」と言う飴菓子だ。普通語では「糖葫芦(タンフールー)」と言い、サンザシの実を突き刺して、表面をべっこう飴で包む。
こんな風に、大連では日本よりも食べ歩きが多いような気がする。

コメント

「暖帘」

これ、中国語では「暖帘(nuan3lian2)」と言います。
辞書には「日本の暖簾(のれん)の源流と言われるが、日本とは異なり大きく厚くできている」と書いてあります。日本の「のれん」はどうやら本来の機能を失って、目隠しや装飾に変化したようですが、「暖簾」という字から見ると本来は保温用のものだったことが判ります。

でも中国東北で見かけるのは、確かに厚ぼったく、色も黒やオリーブグリーン(国防色)の味気無いものばかりですね。
中には上の方に透明ビニール製の窓が付いているのもあります。
最近は室内が暗くなるのを嫌がるせいか、入り口の中間に1m程の保温スペースが取れる建物では、透明ビニール製のカーテンを外側と内側に二重にしているところもあります。
この保温スペース方式は、日本でも北海道のビルやスーパーの入り口などでは大抵そういう構造になっています。もっとも透明ビニールのカーテンなんかじゃなく、がっちりした強化ガラスのドアですが。
それから、北海道の民家では通称「玄関フード」と言う、玄関ドアの外側にさらに温室風の強化ガラス製の保温・防雪スペースを付けている家がよく見られます。

この「暖帘」、もちろん中国でも北国に限られ、北京でも見たことがありますが、南限がどの辺なのかはよく判りません。上海あたりじゃ多分無いでしょうね。

>でっつさん
大連の方言では「糖葫蘆」を「リゴ」って言うんですか、それは初めて聞きました。
ということで、大連出身ではありませんが、250kmほど北の営口出身のウチの嫁さんに、「そういう呼び方を聞いたことがあるか?」と聞いて見ると、「この辺ではタンリーグオということがあるわね」ということでした。口で言っているのを聞いただけで、漢字表記は良く判らないが、多分、「糖瀝果」あるいは「糖璃果」ではないかとのこと。前の方の「糖」を省略すれば「リーグオ」になりますから、大連方言の「リゴ」というのはこれかも知れないですね、想像ですが。

暖簾

>遼寧省営口市在住さん
へぇー、これが暖簾の原点ですか? そう聞いて、「広辞苑」を引いてみたら
「もと禅家で冬季の隙間風を防ぐのに用いた垂れ幕」
と書かれているので、正にその通りですね。
また一つ勉強になりました。

「リゴ~、リゴリゴ」と怒鳴っている人にどんな字を書くのか聞いても、「知らない」と言われました。カタカナで「リゴ、リゴ」と聞こえます。

  • 2006/11/30(木) 22:41:39 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

初めてこのカーテンを見たときは「えっ何これ」と思ったものです。
防寒にしても、もう少しセンスの良いものを選べばいいのに。

方言は漢字がないことが多い?
美味しいことを大連方言で「好ほて」というらしいのですが「ホテ」を書いてと頼んでも「無い」と言われました。

  • 2006/12/01(金) 12:00:01 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

文字化けしますね

>でっつさん
わざわざ「コメント抜粋」に掲載していただきましたが、「暖帘」の「帘」の字が文字化けしていますね。ChineseWriterで書きませんでしたか?
俺の方は普通にMS-IMEの日本語の漢字の中から選んで書きました。「れん」という読みで出ますよ。ChineseWriterは俺も使っていて、Word上では日本語と中国語を混在させることは問題なくできますが、ブログのコメント欄などに書き込みすると、どうしても文字化けして表示される場合が多いようです。多分、日本語専用の環境にしかなっていないんでしょうね。

>カンカンさん
方言の単語も90%以上は対応する漢字があるはずです。ただ全くの話し言葉なので表記することはほとんどありませんし、したがってほとんどの人が知らないわけです。
カンカンさん、誰にお聞きになったのかは判りませんが、中国人は「知らない」と言うことがプライドに関わると思うのか、自分が知らないと「無い」と言うことが多いですから、真に受けてはいけませんよ(笑)。
でも「好ほて」って本当にどう書くのかな? 俺も想像できない。

カットアンドペースト

>遼寧省営口市在住さん
ChineseWriterはインスト-ルしていますが、直接書いた訳ではありません。遼寧省営口市在住さんのコメントを「カット&ペースト」で貼り付けただけなんですけどねぇ。私のPCでは問題なく表示されています。
でも、障害があるのは好ましくないので、ちょっと見難いけど、画像にして貼り付けました。

  • 2006/12/01(金) 13:54:38 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

大連の勝利広場の地下に入る時にビニールでできたカーテンがありました。これも重かったです。これも冬になると毛布っぽくなるのでしょうか?

  • 2006/12/01(金) 21:41:12 |
  • URL |
  • zhehong #-
  • [ 編集]

Re.カット&ペースト

>でっつさん
わざわざ画像にして貼り付けていただき、お手数をおかけしました。
カット&ペーストしただけだということで、しかもでっつさんのPCでは問題なく表示されているとのこと、何で俺のPC上では文字化けするのかな?
うーん、判りませんねぇ…。
他にも文字化けしている人がいるんでしょうかね、誰か知っている人がいたら教えてください。

「ほて」とはなんぞや

>遼寧省営口市在住様
「好ホテ」という方言は、ほろ酔い加減の実習生がうっかり口を滑らせたものです。
しつこく質問する私に発音を教えてくれましたが、あとで他の実習生たちに責められていましたよ。多分下品な表現かな、と。「うめえ」みたいなニュアンスかな、と想像しています。
酔いから覚めてからは、聞いても「無い、知らなくていい」と逃げるので、また酒でも飲ませてピンインを聞き出してみます。また後日。

  • 2006/12/01(金) 23:35:41 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

「暖帘(nuan3lian2)」

私のショボイ中日辞典で調べてみました。
暖帘:冬季、保温のため入り口に掛ける綿入りのカーテン とありました。
「帘」の字、当然、簡略字なんでしょうね。

ちなみに、広東語の発音は「暖nyun5簾lin2」となるようです。

  • 2006/12/02(土) 07:56:49 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

「帘」は「簾」の簡体字?

>hexueさん
「帘」が「廉」の簡体字というのは、「半分当り」です。
『新華字典』によれば、「帘(²簾)」となっていて、字義としては、
(1)昔、商店が標示として使った旗
(2)布、竹、葦などで作った出入り口や窓を遮断するもの
となっており、(1)が「帘」の元の字義で、(2)は「廉」の字義です。
つまり、(2)の意味で使う場合に限り(もっとも現代ではこの意味がほとんど)「簡体字」と言えるわけで、これは以前にも出てきましたが「置き換え字」の一つですね。
だから、日本語のJISコードの中にも「帘」が収録されているわけです。
漢和辞典があったら更に調べて見て下さい。

広東語でも「暖帘」があるそうですが、言葉としてあっても暖かい広東ではそんなものは使わないでしょうね、多分。

帘・簾・廉

現代中日辞典(光生館)
  [帘](簾): lian ①酒屋の看板代わりの旗 <酒帘>
            ②カーテン、のれん、すだれ <門帘>
             部屋の入り口のカーテン <窗帘>
  [簾] : lian ①高潔な、無欲な、清廉な、
          ②安い <低廉>
③かど、すみ、稜角
④調べる <廉其事> その事件を吟味する
[廉隅] lianyu ① 器物の稜角
② 人物が正しく節操がある

[暖帘] : nuanlian のれん、部屋の入り口に掛けるカーテン (条)(幅)

漢語林(大修館書店)
 [廉] : ①いさぎよい ②やすい ③つつましい ④かど 稜角 ⑤みきわめる
  部屋の直角に交わる両面から成る直線、両面の角を兼ねている直線
  かどの意味を表す  この稜線の端正なところから、潔いの意味を表す
  また、利に心が動かぬ、値が安いの意味などを表す

[簾] : すだれ、御簾(みす) 竹などを編んで作った帳 
      部屋の隅に垂らす簾の意味を表す

今日は漢字三文字で勉強させてもらったが、「暖簾」と書く時は、平仮名で書いてしまう自分が情けない。

  • 2006/12/02(土) 13:51:50 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

黒龍江省

出身だという女の子と、昨日おしゃべりしてきました。

俺が、もう、ここ、大連は寒くて寒くて、なんて話していたら、
私の故郷、黒龍江省はこんなものじゃないわよ。と
おこられちゃいました。

でっつさん、オダイの毛布のカーテンも会社の入っているビルの裏口にに設置されました。
じゃまで、重いです。

自分もメイン通路が、この、裏口ですので、毎日、こいつを手で押し上げながら、出入りしています。

最初、中国大連に来た時、なんて、邪魔な下品な布を、入り口に置き、お客様の手を煩わせる物を、平気で設置出来るのかな~と思ったものです。
日本で、こんなもの設置できんでしょう。常識の違いではなく、より高いサービスを知らない、もしくは、考え付かない、さらに云えば、現状で満足してしまっている、向上心の無さを俺は感じます。

これは、関東圏しか知らない、俺の独りよがりかも知れない、東北、北海道では、日本でも、この毛布のドアなんて、あるものなんですか?

いや、たぶん、こんなお客様の手を煩わす物など無いと俺は信じたい。

  • 2006/12/02(土) 21:48:42 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

訂正

上の方のコメントの中で「廉」と書いた箇所は、すべて「簾」の間違いです。「廉」と「簾」では意味が全く違うので、hexueさんには誤解を与えてしまったようです。お詫びします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/506-b711832b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。