大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートベルトの方向

飛行機のシートベルトについて思うんだけど、中国の飛行機ってむちゃくちゃだ。
061221sheetbelt.jpg

飛行機のシートベルトってこんな格好をしている。
ぶれてて見難いけど、写真の右側がレバー付き金具で、左側が挿入金具である。

飛行機に乗った経験がある方は思い出して欲しい、飛行機に乗った経験がない方は、オレを信じて話を進めよう。

通常、飛行機に乗ると、席に着いてから、まずシートベルトを締める。オレの経験則で言えば、座ってから左側のレバー付き金具を伸ばして、腰の右側部分で挿入金具と結合させる。

シートベルトを外す時には、左側から来ている金具のレバーを右手で起こして、外す。

オレにとって見れば、初めて国際線の飛行機に乗ってから20年以上、一度たりとも迷うことなく、レバー付き金具は左側から来るものと信じていた。

ところが、中国の飛行機はそんな甘いもんじゃない。

レバー付き金具は、右の場合も左の場合もある。

不思議だ!!

コメント

気づきませんでした

>レバー付き金具は左側から来るものと信じていた。

たしかに、いや、そうかな。

今まで、気にしてませんでしたが、一度も右のは無かったような。
あんまり、確かじゃ、ありませんが。

次から、気にかけてみます。

  • 2007/02/22(木) 06:04:23 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

すっかり忘れていましたが、私も同じことに気付いたことがあります。というか、同じところから同じ種類の金具が生えているのを奇妙に思ったのでした。で、そのとき考えた理由はこうです。
席が3つ並んでいるとすると、金具は、
レ________穴レ________穴レ________穴
という並びで座席の両端および座席の境目についています。"レ"がレバー付き金具、"穴"が穴の開いた金具で、"________"のところが座席の部分です。それぞれ自分の左からレバー付き金具、右から穴開き金具をとって締めればいいのですが、座席の境目の部分は同じところから2種類の金具が生えているので、ねじれあっているとどっちを取っていいかわからず、まちがって左から穴開き金具を、右からレバー付き金具を取って締めることもできてしまいます。真ん中の人が最初に座って間違ってそうしてしまうと、後から来た端の方に座る人は自分の両側に同じ種類の金具が残されていて目がテンになってしまうという事態が発生してしまいます。そこで、
レ________穴穴________レレ________穴
と、並べておくと、そんな事態がおこらずに済みます。

という深慮にもとづいてそうなっていたのかどうかはわかりません。安全性の面からは、バックルのついている向きは全部同じ方向に統一されている方がいいはずですから、安全を重視すべき飛行機の設備としては、上記のような理由があったとしても、同じ方向に揃えるものなのではないかとも思います。つまり、上記のような理由を考えたのだとしたら、余計なお世話。そうでなければ、何も考えていない。

ちなみに、なぜレバー付き金具が左側に統一されているかというと、右利きの人が右手でレバーを引っ張ってはずす方がはずしやすいから。左利きの人もいるのに、と思われるかもしれないが、他人が介助してはずしてあげなくてはならない場合に、相手が右利きか左利きかわからないと反対向きにはずそうとして手間がかかるといけないから。左利きの人も、いつもそのようになっていたらそれで慣れてしまうから、混在しているより安全、という理由。同じく安全のことを考えるスクーバダイビングでのウェイトベルトを締める金具の向きについてそう習ったのですが、飛行機もきっと同じ考え方と思います。

  • 2007/02/24(土) 18:58:53 |
  • URL |
  • Erlang #nL6A2.tM
  • [ 編集]

レバ-は左から

>青云さん
本当ですよ。レバー金具は左側ですって。
いざと言うときに、同じ操作で避難できるように統一されているのではないかと思っているのですが。

>Erlangさん
「レ________穴穴________レレ________穴
 と、並べておくと、そんな事態がおこらずに済みます。」
う~ん、そこまで考えた結果とは思えませんが、どうなんでしょうか?
方向が統一されている方が安全ですよね。

  • 2007/02/25(日) 17:46:54 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

金具の件

昨日エミレーツ航空の最新型のエアバスに搭乗しましたが、レバーは左側に付いていました。
確認しておりませんが、もしかしたら飛行機の右側の窓側席だったので、
いざという時に客室乗務員が通路からベルトをはずし易くするためなのかもしれません。
私も20年以上飛行機に乗続けていますが、気にしたことがありませんでした。
これから気にして乗ってみますね(笑)
ちなみに明日から大連に行きます。

  • 2007/02/28(水) 01:43:53 |
  • URL |
  • nao #-
  • [ 編集]

続:金具の件

すみません。書き間違いがありました。
レバー付き金具が右側から出ておりました。
が、正解です。

  • 2007/02/28(水) 01:50:33 |
  • URL |
  • nao #-
  • [ 編集]

気にならなかったということは

>naoさん、こんにちは。
私も「シートベルト評論家」として身を立てようと思っているわけではないので、シートベルトの方向を気にしていたわけではありません。レバー金具が右側に付いていたときに「違和感」を感じたのです。「違和感」を感じなければいつもと同じだったのではないでしょうか?

それにしても、アラブの飛行機には乗ったことがありませんので、分かりませんが、全ての席のレバー金具が右側だったのでしょうか?
中国南方航空では、統一されていなかったような気がします。

  • 2007/02/28(水) 07:25:19 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/519-d0b91fa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。