大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「柚子」とは言うけれど

薬味としての「柚子」が好きだ。
イカの塩辛に刻んだ柚子を混ぜると風味が良くなる。
うどんに一切れ入れるもの良い。

日本の「柚子」を探したが、どうもオレの調査範囲では探し出すことが出来なかった。

中国にも「柚子」はある。 だけど、、、、、。
中国で「柚子」(you4zi)と書くと、こういう果物を指すんだ。061223yuzi.jpg

缶ビールを並べておいたので、大きさを想像して欲しい。

とにかくでかい
大型の柑橘類(かんきつるい)といえば、夏みかんやグレープフルーツ辺りまでしか思いつかない。日本でも南の方にはザボンの仲間でブンタンとかボンタンとかバンペイユとか大きな柑橘類があるらしいが、オレは見たことがない。
オレが直接見たかんきつ類ではこいつが一番でかい。
切ってみるとこんな感じ。061223yzkai.jpg
あまり水分は多くなく、ちょっとパサパサして、八朔のような感じ。
酸味はそれほど強くなく、適当に甘く、さっぱりしている。
皮を剥きやすいので、まとめて剥いておくと、お菓子の様にサクサク食べられる。

コメント

乾燥柚子は?

結局、「日本の柚子の香りを持つ果物」は無いんですね。
こちらには、漬物用の「乾燥柚子」がありますよ。
香りは本物に及びませんが。
私も柚子大好きなので、季節はずれにどうしても柚子入り漬物を食べたくなったら使います。
でっつさん、何とかこんなので間に合わせるとか。

柚子といえば、結婚の記念樹として二本植えることがあります。
我が家の場合も、義母が対で植えてくれましたが、一本枯れてしまって・・・何だか縁起悪いです。
そういう意味では下手に夫婦茶碗とかペアのカップとか、考えものだと思ったり。

  • 2007/01/12(金) 03:55:52 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

ばんぺいゆとそっくりです

日本の柚子は、上海では流通していたんですが、私もこちらで捜しても有りませんでした。大連で栽培に成功したという話はきいたのですが、未だお目にかかってません。ただ、料理店用に冷凍の柚子皮は売ってます。
料理店で茶碗蒸しや吸い物に入っているのはたぶんこの冷凍のものだと思います。残念ながら香りがいまいちです。
この中国の柚子、大きさも味もまったくばんぺいゆです。
形がちょっと違います。柚子は頭の方が尖がっていますが、ばんぺいゆは尖がっていません。でも味はほとんど一緒。
昔は熊本でしか見た事がなく、とても高かったんですが、最近は沢山栽培されているみたいです。福岡のスーパーでも売られててどうにか手に届く値段です。といっても1個1000円はするかな?
しかもこちらの柚子と一緒で大きいけど厚い皮をむくと普通の夏みかんと同じくらいになるので、産地の熊本でも普通に毎日食べれる果物ではないですよね。高価な果物です。こちらではいつでも食べれるので嬉しい!(^^)!
ぼんたんは、皮を砂糖漬に使うので、皮を剥いだ身の部分だけたまに見かけます。これは、安い。5個くらいで300円程度。大きさは剥いたらばんぺいゆよりちょっと小さめ。でもあまり見かけませんね。
ピンクグレープフルーツのような綺麗なピンク色の果肉です。
でも中国の柚子の方が美味しい!安いし・・・!(^^)!
果物を語る時は、大連で暮らせる幸せを感じますね。

旨い酒は?

イカの塩辛に刻んだ柚子、
でっつさん、本当は日本酒が一番旨いんじゃないですか?

  • 2007/01/16(火) 00:05:56 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/523-f5d308ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。