大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加湿器

冬の大連は空気が乾燥しているので、加湿器が活躍する。060124steam.jpg

おもちゃのような湿度計をぶら下げているのだが、部屋の湿度が20%を切っていることがある。

20%以下になると静電気がすごい。
家に帰って、衣服を脱ぐとバチバチと音がするし、暗闇では火花が見えることさえある。

また、乾燥し過ぎると、のどを痛める。
先日軽い風邪で微熱が出たときには、のどがひりひりして、たまらず夜中に起き出して、加湿器を動かした。その甲斐あってか熱はすぐ下がり、のどの痛みも改善された。

写真は我が家の加湿器の噴出し口だが、1時間に350mlの水を噴射する。
加湿器には、このような超音波方式と、加熱蒸気方式、ファン拡散方式などがあるが、どれが良いのか分からない。ただ水滴が一番荒いのはおそらく超音波方式だろう。

今の住まいは小さなアパートなので、加湿器を運転しておくと、50%くらいまで湿度が上がる。いずれにしても、冬の大連では、一家に一台加湿器が欲しい。

コメント

今晩は、以前大連に居た時は超音波式を使ってましたが、しょっちゅう故障してました。会社でも机の横に置いてましたし、その頃は湿度10%くらいで、静電気に弱い私は、コピー機のガラスに触るだけでビリッときておりました。もちろん、薄暗いホテルのドアの前では、今のカード式でなかったので、鍵でまずノブに触れないと、青い光がよく指先から放たれておりました。痛かったです。

  • 2007/02/04(日) 00:19:30 |
  • URL |
  • nabe #-
  • [ 編集]

そうなんですよね

当方、最近新居に引っ越し、自慢になりますが、暖房は中国で言う「地熱(di4re4)」(つまり温水パイプが床一面に通っている「床暖房」)で、暖房の効きは非常に良く、常時、22~24℃ぐらいの室温になります。
ただ欠点は暖房が効きすぎて、非常に乾燥することで、乾燥の度合いは旧式のラジェータ式スチーム暖房(鋳鉄の無骨なラジェータが窓の下などにドンと据えられている、中国北方では非常に一般的な「暖気(nuan3qi4)」と称するやつ)より酷いかも知れません。
したがって、そのままだと湿度はたちまち30%以下に下がって、喉の調子が悪くなったり、皮膚がカサカサに乾燥することになります。そこで加湿器がどうしても必要なわけですが、わが家のは昨年大枚400元を払って買った全自動の超音波式で、ほぼ24時間つけっ放しですが、順調に白い湯気を噴出してます。でも、これを使ってやっと55%ぐらいまでですから、「快適湿度」と言われる60%にはちょっと足りませんね。

地元紙でも確か「取暖病(qu3nuan3bing4)」(日本語で言うと「暖房病」でしょうね。つまり暖房で室内が乾燥することで起きる種々の疾病)の予防には、加湿器などを使って室内の湿度を上げないといけないと書いていました。
俺は日本の自宅(札幌市)でも加湿器は30年以上もお世話になってましたが、中国で加湿器が売られるようになったのはせいぜいこの5年ぐらいで、まだその効用が判っておらず、相変わらず冬になると喉をゼーゼー言わせて、「風邪を引きやすい」とかボヤいている連中も多いようです。

  • 2007/02/04(日) 16:51:05 |
  • URL |
  • 遼寧省営口市在住 #-
  • [ 編集]

いいですね

>遼寧省営口市在住さん
床暖房ですか! 良いですね、部屋中がぽかぽかして厳冬でも室内は春のようですね。 
私の部屋の暖気は、中国ではあまり見かけないはファン付きなので、やはり部屋中がぽかぽかです。 洗濯物を室内干すなど工夫をしているのですが、やはり加湿器の必要性を感じています。

  • 2007/02/05(月) 22:06:02 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

静電気

>nabeさん
湿度10%となると、異常なほどに静電気が発生しますね。
自動車のドアを閉めるときに、びくびくしています。

  • 2007/02/06(火) 07:20:54 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

まったく逆です

加湿器ですか。
北陸の冬は湿度が高くて、サッシの窓ガラスは結露でビシャビシャ。
むしろ除湿機を回しています。
とはいえ、最近は電気店で加湿器を見かけるようになりました。
きっと、高気密住宅の、快適な新しいお家で使うんだろうなあ、とうらやましく思っています。

  • 2007/02/06(火) 11:29:48 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

冬は湿度が低い(乾燥)?

>カンカンさん
冬はどこでも乾燥しているものだと思っていましたが、地域特性があるんですね。
でも、もし大連で湿度が高かったら、窓ガラスが凍り付いてしまうので、ビシャビシャにはなりませんね。

  • 2007/02/07(水) 22:29:01 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

加湿器に酢

>相変わらず冬になると喉をゼーゼー言わせて、「風邪を引きやすい」とかボヤいている連中も多いようです。

遼寧省営口市在住さん、以前いたソフトウエアパークの会社では、加湿器に酢を入れて、オフィスがくさくてたまらなかったですよ。

これは、中国人スタッフが、まあ、よかれと思ってやったことなのでしょうが、日本人スタッフは皆怒ってましたね。

いや、いろいろ、日本人、中国人、お互いに溝は深いと思います。

悪意はなくても、むずかしいもんですわ。



  • 2007/02/08(木) 21:29:06 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

加湿器に酢、その意は?

風邪予防に効くからですか?
確かに何となく消毒のイメージはありますが。
でも加湿器が壊れる心配はないのですか?

  • 2007/02/10(土) 01:18:25 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

酢?

カンカンさんと同じ疑問です。
酢にどんな効用を期待しているのでしょうか?
のどに良いようならやってみようかな。

  • 2007/02/10(土) 08:07:07 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

あらら!

カンカン さんもでっつさんも、ご存じないですか?
私は、中国東北では一般的なことなのかと思ってました。

フロアーや部屋が酢くさい経験してるのは、あんまり、皆、無いことなのかな。

>のどに良いようならやってみようかな。
やめたほうが、いいです。

  • 2007/02/11(日) 00:25:41 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/533-079e652c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。