大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中辞典

2冊の日中辞典を並べてみた。
左が中国製、右が日本製。中国製の方が倍くらい厚い。
中国製は1300円、日本製は7350円。
070205cidian.jpg

右側は、日本で買った小学館の「日中辞典」だ。電子辞書をお持ちの方はご存知だと思うが、殆どの電子辞書に採用されている「電子日中辞典」のベースになっている辞書だ。電子辞書は「第1版」だが、この辞典は「第2版」なので、コンピュータ用語などが補充されている。例えば、電子辞書版(第1版)には、「インターネット」の見出しはないが、第2版では、ちゃんと掲載されている。

左側は、中国の日本語学習者に広く利用されている、中国製の「新日漢辞典」(遼寧人民出版社)だ。
日本語(ひらがな)で検索して、中国語を調べる辞典だから、日本人にとっても問題なく使える。例文も豊富で、立派な辞書である。

この二つの辞書を比べてみると、
ページ数は、日本製(2115ページ)、中国製(2777ページ)で中国製が1.3倍ほど多いのだが、紙質がちょっと厚いので、厚さは1.7倍だ。表紙の頑丈さを考慮すると、およそ2倍の厚さに見える。
内容的には、両者見劣りしないと言って良いだろう。

今日話題に取り上げた理由は、その値段だ。

日本製は、定価7000円+税で、7350円だった。
中国製は、定価95元と書いてあるが、実売は87元(1300円、1元=15元として)だったので、なんと日本製の辞書1冊で、中国製が5.6冊買える計算になる。

過去に何度も書いたことだが、中国では、食品と人件費サービスがバカみたいに安いが、工業製品は日本と変わらない、物によっては却って高いと。
中国で安いものにもう一つ加えよう。書籍や新聞など出版物が異常に安い。日本の五分の一以下だ。

著作権の価値などゼロに等しい実態の中では、出版物の値段は中身に関係なく、紙代と印刷代だけで決まってしまうのではないだろうか?
作っている人たちは大変だ。

コメント

この辞書、購入したい。

新華書店に在庫が無かった時のことを考慮して、他に大きな書店を2~3教えて下さい。

  • 2007/02/08(木) 21:02:56 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

責任はとりません。

中華人民共和国国務院令
第468号

  《信息网絡伝播木又保护条例》已经2006年5月10日国务院第135次常务会议通过,现予公布,自2006年7月1日起施行。
                         総理  温家宝
    二○○六年五月十八日
http://www.gov.cn/zwgk/2006-05/29/content_294000.htm
文字化けいっぱいですが、

MP3ファイルなど音楽コンテンツについては、海賊版コンテンツを公開ができなくなりました。そこで百度MP3捜索のコンテンツを擁する百度は、海賊版コンテンツがある場合、コンテンツホルダーから削除要請があれば問題のファイルへのリンクを削除するとしています。またMP3ファイルへのリンクを右クリックで保存しようとすると警告画面が出ます。これにより百度の責任は回避され、それでも保存を実行した場合、利用者側に違法行為の責任が科されることになるとのことです。

この責任回避の精神こそ、中国だな、と私は思います。

  • 2007/02/08(木) 21:11:23 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

私のも

私の持っている辞書も同様です。日本で買ったのが、東方書店製の精選 日中・中日辞典 定価1800円(さすがに、日本製。箱があり、辞書自体もしっかりと製本されています。青灰色)。それが、大連で買ったのが同じ東方書店製の内容全く一緒のものでしたが、ケースは無く、オレンジの表紙は厚紙って感じでした。まえがきと説明の日本語が中国語になっていた以外はページ内容も全く同じ。それがたしか30元でした。

  • 2007/02/10(土) 23:43:17 |
  • URL |
  • nabe #-
  • [ 編集]

買いませんでした。

あまりの重さと厚みに圧倒され、この辞書で勉強するでもなく、枕には硬すぎるので、熟慮(?)の上、やめました。

  • 2007/02/19(月) 23:08:41 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/538-bf76a8b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。