大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家教って何だ?新たな新興宗教か?

これを路上商売というのは、いささか違うような気もするが、路上で活動していたので、ついでに紹介しよう。
この子達が掲げている札には『家教』と書いてある。


「家教?」「回教?」「邪教?」「密教?」「旧教?」・・・・・
なにやら、怪しげな宗教の臭いが、、。

初めてこれを見たときには、オウムのような新興宗教の勧誘だと確信していた。誰かに騙されてこんなことをしていることを親は知っているのだろうか?

実は、答えを言ってしまえば、なんてことは無い、家庭教師のバイト探しなのだ。つまり『家教』とは「家庭教師」のことだったのだ。

日本では見かけない風景だが、大連では、しばしば見かける。特に夏休みや、春休みなどの長い休みになると増え、新学期が始まると急激に減る。札を良く見ると、教える科目や学年を書いていることがある。例えば、「小学生、国語と理科」という具合である。

中には「日本語教えます」という学生もいるので、これを逆に利用して、中国語の家庭教師を探す日本人もいる。「日本語を教える」というからには、多少は日本語が話せるはずだ。つまり、日本人とのコミュニケーションが取れるのだから、中国語も教えられるはずだと言う訳である。

学生バイトの家庭教師料金は、1時間当たり20元から30元といわれている。時給400円程度だ。1回2時間×週2回×時給30元とすると月給500元を超える。工場作業員の月給は800元程度だが、住宅積み立て金、健康保険、養老保険などを天引きされると、手取りは、600元程度になってしまうので、家庭教師のバイト代と大差が無い。



毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:時給、賃金、アルバイト、工賃、月給

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/56-c8ccaa2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。