大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイナップル螺旋剥き

丁度2年前になるが、パイナップルバーという記事を紹介した。
夏といわず冬といわず大連では、パイナップルを剥いて8つに割り、割り箸みたいな棒に刺した物を路上で売っており、それをアイスキャンデーのように歩きながら食べるのだ。その風景は2年前と全く変わっていない。

今回、パイナップルを螺旋状に剥く道具と作業を見せてもらったので、紹介する。

070401pot.jpg
まず、完成品は、こんな風になる。
袋の上の方に、4.40と書いてあるが、4.4元の意味だ。ここではこのまま売っているが、これを、縦に8つに切って割り箸に刺すと1本1元で売れる。8元になるから当然利益も増えるわけだ。


まず、パイナップルの皮を剥く。070401muki.jpg
左手でパイナップルを回しながら、表面を削るようにサッサカ・サッサカと手早く手を動かす。

使っている道具はこれだ。
070401ple.jpg
家庭用の皮剥き器(ピーラー)を大きく頑丈にしたようなものである。刃が覆われているので、危険性は少ない。

皮を剥き終えたら、芽を削り取る。
螺旋状に削っていくと、見栄えも良いし効率的だ。
070401rasen.jpg


ここで使う道具は、V字型彫刻刀の大きなヤツだと思えばよい。
070401ckt.jpg


こうして出来たパイナップルバーを開発区っ子は歩きながら食べる。街頭には信じられないほどたくさんのパイナップル屋が商売をしているのだが、それほど売れているのだろうか。
中心部では、2メートル毎に6人が店を広げているところもあった。
香りも良く、甘みもあって美味しいのだが、歩きながら食うのに馴染めない。

コメント

食べた後は

旨そうですが、終わったら道端にポイ捨てするんですよね。
これも、なかなか馴染めません。

  • 2007/04/26(木) 07:03:49 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

くずかごがあれば

>カンカンさん
食べ残るのは「割り箸」みたいな棒ですが、くずかごがあれば、そこに入れますけど、なければ、やっぱり路上にポイ!ですね。
律儀に家まで持ち帰る人は少ないでしょう。

  • 2007/04/28(土) 09:35:01 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

でっつさん、こんばんは。
私も明日、半年ぶりに仙台へ帰ります☆

私もよくテニス帰りや仕事帰りに1元パイナップルを買って
食べ歩きしています。ビタミンC補給には持って来いですね。

もちろん、食べた後の割り箸は、ゴミ箱かお家まで持って
帰りますよ☆
食べ歩きには慣れても、ごみのポイ捨てだけはしたくない。
その点で、まだ若干日本人の心を忘れていないようです。

  • 2007/04/30(月) 21:20:17 |
  • URL |
  • miffy #-
  • [ 編集]

いつ戻りますか?

>miffyさん、こんにちは。
仙台に帰ると言うと、あの人ですね。
大連にはいつ戻りますか? 私は5月6日に戻ります。

  • 2007/05/01(火) 09:40:29 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/572-c81849f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。