大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】

勘違い中国語シリーズ048【麻雀】

日本語で「麻雀」と書けば、いわずと知れた、「チー」「ポン」「ツモ」「大三元」と大騒ぎをする、大人の積木ゲーム「マージャン」のことだが、中国語でマージャンのことは「麻雀」ではなく「麻将」と書き、発音は日本語とほぼ同じで〔マージァン〕である。

じゃあ中国語の「麻雀」の文字は何をさすかと言うと、スズメのことである。
発音は〔マーチュエ〕だ。 実際は下のピンイン表示を見てくれ。

なぜ日本語で「麻雀」と書くようになったのかの由来は、牌をかき混ぜる音が、スズメのチュンチュンチュンという鳴声に似ているからだ、という説を聞いたことがあるが、信憑性は定かではない。

majiang.jpg

オレは、今はマージャンをやらないが、学生時代には毎晩のように徹夜マージャンをやっていた。(当然、学業はおろそかになる)
その頃、配牌がちょっとばらついていると、すぐに、つぶしの効かない役満、国士無双に走る傾向があり、これが勝てない秘訣だったと思う。国士が大好き、そんなオレでも、国士無双の13面待ちはやったことがない。どうしても、どれかが2個揃って先にアタマが出来ちゃうんだよなぁ。

現代の中国のマージャンでは、早く上がることが優先され、役作りを重視していないと聞いている。国士無双の役が今の中国マージャンで通用するのかどうか、オレは知らない。


月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

中国の麻将

中国の「麻将」は、日本の麻雀とは、かなりルールも違っているよ
うです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/中国麻雀

麻将もよく公園のベンチや茶室で打っているのを見かけます。
中国の麻将牌は、日本の麻雀牌に比べてサイズが大きく、多分、
3[cm]×4[cm]くらいあると思います。

中国は国土や人口も大きいですが、他のものもスケールが大きい
です。寺院の前の売店で木刀も売っているのかとよく見ると、線
香でした。

  • 2007/09/30(日) 00:21:19 |
  • URL |
  • 水澄 #xZaeTiAE
  • [ 編集]

太い線香

>水澄さん
ありますね、太い線香が。
中国マージャン牌は確かに大きいですね。

  • 2007/10/10(水) 06:16:10 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/595-3ef87285
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。