大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い豆

市場で長~い豆を見つけたので買ってみた。
070530long.jpg

メジャーで測ってみたら、平均60センチ、長いのは65センチメートルもあった。

見た目はインゲン豆そのもの。
茹でてマヨネーズをつけて食べてみたら、味もインゲンそのもので、うまかった。

ネットで調べてみたら、「三尺豆」とか「三尺インゲン」という名で日本にもあるらしい。

中国語では「ジアンドウ」と教えられた。辞書で調べてみたら「ササゲ」と書いてあった。
070621jiangdou.jpg


ササゲから逆に調べてみたら、日本語でも「豇豆」あるいは「大角豆」と書き、このように長い種類のものを十六ササゲと言うそうだ。

コメント

あります、あります。

これ、知っています。
うちの義母が畑で作ってくれます。
油で炒め、醤油・味りんで甘辛く味付けすると、ご飯のおかずに合うんですよ。
「ささげ」と呼んでいます。

  • 2007/06/21(木) 05:29:59 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

10センチくらいなら

>カンカンさん、おはようございます。
早朝からのアクセスありがとうございます。
こんな長い豆を知っていましたか?
私が日本で見た事があるのは、せいぜい長さが10センチ程度のものです。

  • 2007/06/21(木) 06:43:47 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

おはようございます。

なるほど、これは標準語で「jiangdou」と言いますが。
普通、いつも上海語で「ガンドウ」と呼んでます。

  • 2007/06/21(木) 09:47:27 |
  • URL |
  • rin #-
  • [ 編集]

これ、天ぷらにすると結構美味い

これ、jiang4dou4って言うんですね。
うちのヨメさんが、「長豆(chang2dou4)」って言っていたんで、ずっとそういう名前なんだと思ってましたよ。
確かに長いから「長豆」じゃ、あまりにも芸が無さ過ぎだよな(苦笑)。

ところでこれ、豚のバラ肉なんかと一緒に炒めても美味いんだけど、長さ5cmぐらいに切って、同じ長さの拍子木切りのニンジンと一緒に日本式天ぷらの「掻き揚げ」にすると、ほんとに美味いですよ。

  • 2007/06/21(木) 19:25:33 |
  • URL |
  • 遼寧省営口市在住 #-
  • [ 編集]

この豆、結構利用されていますね

>rinさん、こんにちは、2回目ですね。
上海の言葉は、発音が全く違うので、まるで外国語ですね。

>遼寧省営口市在住さん、いつもどうも。
「長豆」っていいじゃないですか。見たまんまで分かり易くて。
話は変わりますが、大連湾で良く取れる魚って、「黄魚」と「黒魚」の2種類なんですよね。見たまんまで分かり易いです。「黄魚」は「アイナメ」、「黒魚」は「メバル」とされていますが、ちょうっとちがう様な気がしています。
油をたくさん使う天ぷらは面倒なので中国ではやったことがありません。料理としては、簡単なんですけどね。

  • 2007/06/22(金) 07:11:20 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

おはようございます。
上海の言葉は、なんというか、標準語より日本語の発音に近いと思います。

  • 2007/06/22(金) 09:34:03 |
  • URL |
  • rin #-
  • [ 編集]

私は

日本にしかないささげが、中国にも有る!と思ってましたよ。(笑)
狭い日本でも地方によってぜんぜん違うんですね。
福岡ではおかずにも普段に出てくるけれど、
お盆のお供えには必ず添える一品です。

長い豆

>mikihirommさん
へぇ~!
福岡では、普通なんですか?
こんな長い豆をみたのは、初めてだったもんで、思わず写真を撮ってしまいました。

  • 2007/07/01(日) 08:29:56 |
  • URL |
  • でっつ #r8WK//fk
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/598-62ee6f23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。