大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連のげそ焼きはシシカバブーの味

中国人は歩きながら食べるのが好きなのかな?路上でいろいろなものを売っている。今日の写真は、げそ焼きだぁ!


げそ焼きと来れば、生姜醤油で焼き上げて、七味唐辛子を振りかけて食べる。香ばしさが漂ってくるようだ。

と、大きな期待を持って買ってみたら、「まずぅ!!、何これ!」って。
醤油の風味なんか全然なくて、なにやら癖の強い香辛料がガンガン塗りこまれている。辛いし素材の味なんかどっかに飛んで行っちゃたゾー。

これとは別の話だが、ホテルのレストランで、生のサヨリを見つけた。「これ焼いて」って頼んで、席でビールを飲みながら待っていると、「来た来た!」と!
「何これ!」淡白な薄味の白身魚が、香辛料で真っ赤!!食べてみたら、シシカバブーの味。

羊肉のように癖が強い素材だったら、香辛料で調整するのも悪くない。しかし、淡白な素材なら、さっと塩焼きにして、味が足りなければ、醤油をかけるくらいが美味しいのだ。何でもかんでも、香辛料で真っ赤にするのは止めてくれ。

中国人にとっては、日本料理の薄味がもの足りないと言う。普通にわさびが入った寿司の味が物足りないと、茶色になるほどわさびを溶かしたわさび醤油をたっぷり付けて食っている中国人。日本の煮物のコクがないと油をかける人たち。どちらもオレが目にした事実だ。
逆に日本人にとっては、中国料理の強烈な香辛料がうまいとは思えない。日本で食べる中華料理が美味いと思っているあなた、それは大いなる勘違いだよ。それは日式中華料理と言って、本場中華とは別物なのさ。

誤解しないで欲しいのだが、オレは好き嫌いないし、中華も美味しいと思って食べられる。だけど、1日2日は問題ないが、1ヶ月2ヶ月と続けると、さっぱりした薄味の日本料理が恋しくなる。

食文化って生活の基盤だから、一朝一夕にはどうにもならない。



毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/60-ff970d89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。