大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡体字解体新書7(字形を残して整形)

中国簡体字の作り方

今回は、字形の一部を消して、形を整えて作られた簡体字だ。

まずは「ヨ」三兄弟。
saofugui.jpg
「掃」「婦」「帰」の旁が「ヨ」になっている。
だけど「帚」の字そのものは「ヨ」とならずに、元の字のまま残されている。



changchangtang.jpg
「場」「腸」「湯」では、「昜」の「日」が同じように省略されている。
しかも、chengbian2.jpg
の部分は、一筆で書いてしまうので、画数減少効果は、素晴らしいものだ。
「場」について言えば、日本字は12画だが、中国簡体字は6画で、半分になってしまう。見慣れると、自分のメモ書きにはついついこちらを使ってしまう。
(実際は、「日」を省略したと言うよりも簡体字解体新書5(草書体の応用-2)に書いたように、草書体の応用として簡略化されたようだ)
しかし「錫」の字は、似ているけど「昜」ではないので、簡略化されずにそのまま残っている。(金偏部分は簡略化されているが)

同じ旁「昜」でありながら、「陽」の字は、「日」を残して、下半分が消去されている。
yangyin.jpg
これは、「陽」と「陰」とのバランスで、太陽暦と太陰暦で代表されるように、太陽(つまり「日」)と「月」を選んだのだろう(推測)



kenken0706.jpg
懇談の「懇」と開墾の「墾」は、同じように「豸」を省略して、形を整えている。



jibiao.jpg
「際」と「標」は「示」を残して、上部を省略した。



fenduo.jpg
「奮」と「奪」は、やはり同じように「隹」を削除して、上下をくっつけた。

字形を残す省略文字は、大体こんなところだ。

コメント

辞書をめくれば(2)

本日の14漢字のうち、台湾・大新書局の漢日辭典によれば、「帰」→「歸」と、この一字だけ日本字と異なっていた。

SHARP の電子辞書 PAPYRUS の中で、中国人が漢字をド忘れした時、
 ①取敢えず近い字を当てる
 ②アルファベットを当ててみる
 ③潔く誰かに聞いてみる
と書いてあった。 
傍に誰もいない時、参考にするものがない時、ド忘れしたらどうするのかな?

  • 2007/12/06(木) 21:04:39 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

「日」の省略ではなく

Tさんから、「場」「腸」「湯」は「日」の省略形ではなく、草書体から作ったのではないか?とコメントを頂いたので、()文章を付け加えた。
自分でもそういう意識はあったのだが、言葉足らずだったことを反省。

  • 2008/12/02(火) 21:58:42 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/600-b75ae950
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。