大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【手柄】

勘違い中国語シリーズ051【手柄】

「いやぁ~、山本くん、この商談をまとめたのは、君の手柄だねぇ」
「いえ、菅原部長、とんでもありません、たまたま運が向いていただけです」
「良いねぇ、そうして、手柄顔にならないのが、山本くんのよい点だよ。」

日本語の「手柄」は、こんな使い方だ。

中国語の「手柄」には、功績、功労の意味は無い。「手柄」〔shou1bing3〕を辞書で調べると、「取っ手」のことだ。
070616shoubing.jpg

中国ではまだ珍しいジュースの自動販売機の硬貨投入口付近の写真だが、左側に「退幣手柄」の表示がある。

この「退幣手柄」を、日本語表示でするなら「返金レバー」となるところだろう。

月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/604-95aaf6ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。