大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天線】

勘違い中国語シリーズ052【天線】

「天」は空を表している。
「線」は文字通り線だ。
「空の線」とはなんだろうか?

こんな絵をイメージしたら分かり易いのではないかな。
070620tianxian.jpg

おそらく、初期のアンテナのイメージって、こんな感じだったのだろう。

空に張った線、すなわち「天線」とは、中国語でアンテナのことを意味する。元々の「天」と「線」の個別の文字の意味には拘らず「アンテナ」を意味する単語として使われている。
今では、テレビのアンテナでも、パラボラアンテナでもロッドアンテナでもアンテナのことは、全部「天線」という。
ただし、室内アンテナなら、室内天線という具合に前にそれぞれの形容詞をつけることも多い。
070621tianxian.jpg

月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

空中線

こんにちは。
日本語ではアンテナのことを「空中線」といいますね。
最初は電波のことかと思ったんですが,アンテナのことでした。
中国語も同じような感じですね。

  • 2007/06/24(日) 17:43:50 |
  • URL |
  • だんご #-
  • [ 編集]

もう誰も使ってないよ。。。

テレビのアンテナは、20年前、中国ではよく見えましたが、
今は「閉路電視」の普及でもう誰も使ってないと思います。
その時はまだカラーテレビが少なくて、父がいつも黒白のテレビでサッカーを見てたことまだ覚えています。。
懐かしいですね。

空中線とは!

>だんごさん、こんにちは。
日本語で「空中線」と言うんですね。
知りませんでした。

>Rinさん
確かにテレビの中波のアンテナは減っていますが、衛星放送受信のパラボラアンテナは多いですよ。

  • 2007/06/25(月) 07:20:54 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

空中線

日本で空中線という言葉を使うのは、無線業務に携わっている人だけでしょう。一般にはなじみが薄いと思います。ちなみに日本では電波法にこの用語を使っている関係で、アマチュア無線を含む無線関係者はこの用語を使います。ちなみに英語ではaerialという語も使います。語源はギリシャ語の天・空間・空中とかというから来た言葉ですので、天線というのもイメージできます。
ちなみに絵のアンテナはおそらくダイポールアンテナという最も基本的な形式かと。短波通信では今でも現役で使用しています。下からあがってくる線は横線の中央にあるのが基本形です。VHF、UHFでは八木式が主力でしょう。パラポラはSHF帯が主力で多重通信とか衛星通信に使われる例が多いです。一般には衛星放送受信用が目立ちますね。受信用は1m径くらいまでで小さいですが、送信用や低強度向けはでかいです。

  • 2007/08/10(金) 23:30:50 |
  • URL |
  • papa_38 #-
  • [ 編集]

絵を訂正します。

>papa_38さん、はじめまして。
詳細な説明を書いていただき、ありがとうございます。
絵のようなアンテナを、ダイポールと言うのですか、知りませんでした。
しかも、縦の線は中央につなぐのですか、間違った絵で誤解を与えてはいけませんね。
近い内に訂正しておきます。

  • 2007/08/11(土) 06:41:53 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/606-69b176d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。