大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塀は乗り越えるもの

「規則は破るためのもの、塀は乗り越えるためのもの」
というお話。
邪魔なものは取ってしまえ -2」の記事で、塀をくぐる話を書いたが、今日はその関連記事だ。

ある大学の裏側に位置する塀の写真だが、、、、
070617block2.jpg
なにやら、ブロックが積んであるのが分かるだろうか?
目立たない存在なので、気にしていないと見過ごしてしまうのだが、実は、すごい秘密兵器なのだ。

良くみると、この部分の塀の内側には、同じくらいの高さで足場になりそうな低い塀が横に走っており、塀の内側の足場になって受けてくれるというわけだ。

こちらの写真は、同じ塀の別の場所だが、同じようにブロックが積んである。
友人に頼んで、乗り越えるためのポーズをとってもらった。
070617block.jpg
このようにブロックに足をかけてから、ジャンプする要領でブロックの上にあがり、塀を跨いでから、塀の内側のコンクリートの台の上に移るというわけだ。

こうすることによって、わざわざ正門まで遠回りすることなく、便利に使える交通路が、塀の裏側に保持されているのだ。

それにしても、恒久設備のように積み上げてあるブロックの存在が、なんとも中国的だと感じてしまう。

コメント

スカートでは無理でしょう

でっつさんの共犯者、初登場と言うわけですね!

でもこの門、先が尖っていて危ないなあ。誤って怪我しなければいいのですが。
不安定な足場が、撤去されることもなく利用されているんですねえ。不思議。

  • 2007/06/25(月) 08:31:27 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

>友人に頼んで、乗り越えるためのポーズをとってもらった。
いや、カンカンさん、こんなことしてくれる奇特な共犯者なんかいませんよ。
これは、総経理命令に従った、可愛そうな部下でしょう。

ま、冗談はさておき。

モラル イコール 自分は他人様への心使いと思っています。

この他人様という概念が皆無なんですよね、この国は。
自分、身内、他人、のカテゴリーから脱する日は来るんでしょうか?

この国に根本ですからね、法治国家じゃなく人事国家と言われる
中国の善しも悪しきの。





  • 2007/06/26(火) 00:30:37 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

スカートでも

>カンカンさん
共犯者って!
彼はポーズを真似ただけで、乗り越えてはいません。
中国女性は、パンツは見られても構わないと思っているようですから、スカートでも乗り越えるかもしれませんよ。私は目撃したことはありませんがね。
下の写真を良く見ていただければ、トンガリが一個無いんですよ。自然に取れたのか、誰かが折ってしまったのか、真実は分かりません。

>青云さん
うちの社員は、こんなことでは総経理の指示を聞きませんよ。笑)
中国人って、家族、親戚、友人など、「身内」の結束が異様に強いですね。排他的な考え方についていけないことがしばしばです。
友人とか会社の仲間ということで、私も「身内」扱いされることもありますが、私を守るために他人を排除する姿勢(態度)に、心苦しさを感じるのは、日本人だからでしょうか?

  • 2007/06/26(火) 07:14:10 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

どう見ても

実用的じゃないよなぁ、これ。
積み上げてあるブロックだって今にも崩れそうだし、それで落っこちたらケガするだろうし(痛そう!)。
第一、かなりの高さがあるんで(一番低いところでも1m60ぐらいはありそうだし、体重が重くなるのに反比例して腕力の方は弱くなってる俺なんか、初めからトライする気になんないよなぁ。
まあ、大学生のお兄ちゃんが、お遊び気分で柵越えしてるんだろうな。
まぁ俺もその年頃だったらやってただろうなぁ。

ところでさぁ、これ見て、「他人様への心遣い」とか、中国人の「モラル」とか、「身内意識」とかについて洞察するってのも、なかなか深い読みだよなぁ。
俺なんか、これ見て、「ああ、こういうのもトマソンとか言うのかな?」とか思った程度で、そこまではまるで考えが及ばなかったもんなぁ(笑)。

  • 2007/06/26(火) 14:02:43 |
  • URL |
  • 遼寧省営口市在住 #-
  • [ 編集]

中国女性に限らず

「パンツを見られても構わない」という風潮は、日本の今の若い女性にも見られますよ。

「はしたない!」
古いと言われようが、恥を知る感性は譲れません。

  • 2007/06/26(火) 21:56:48 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

意外と安定感があった

>遼寧省営口市在住さん
見るからに不安定な感じを受けるのですが、意外としっかりしていて、塀を乗り越えるのに、殆ど不安はありませんでした。大学生の若者なら全く問題ないでしょう。

>カンカンさん、
パンツが見える云々よりも、スカートでは塀の上のトンガリに引っかかってしまう危険がありますから、やらない方が無難でしょうね。

  • 2007/06/28(木) 06:33:05 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/607-9fd2d5dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。