大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網吧は大盛況

070617wangba.jpg


ちょっと見難い写真で申し訳ないが、隠し撮りに近い撮影状況だったので、勘弁して欲しい。
たくさんの若者が、ヘッドホンをつけてパソコン画面に向かっている。
ここは、コンピュータスクールかと思ったら大間違い。
いわゆるインターネットカフェ、中国語で「網吧」〔ワァンバ〕という。
070625wangba.jpg

中国の経済成長が著しいとは言っても、学生たち若者の一人一人がパソコンを所有するには至っていないので、どうしてもネットカフェに頼ることになる。

2005年の反日運動の時には、こういう場所から掲示板への書き込みが多かったもんだが、今、こいつらの大半は、ゲームをやっているんだ。
ネットゲーム人口は、日本よりもはるかに多いらしい。

2年前に、インターネットカフェは1時間2元と言う記事を書いた。
値段はその当時と変わっていない。
料金は、最初の1時間が2元で、その後30分毎に1元ずつ追加されるのが普通だ。
例えば5時間いても10元だし、仮に一晩10時間居ついても20元で椅子付きの空間が確保できるのでホテルに泊まるよりずっと安い。

パソコンが3000元として、電気代と場所代を無視しても、元を取るのに、1500時間かかる。24時間連続稼動だとしても4ヶ月以上かかる。全てのマシンが24時間稼動なんてありえないから、1年で元を取るくらいの計算なのかなぁ。
あんまり率の良い商売とも思えないのだが。

大きな「網吧」では、厨房を持っていて、その場で飲料や食事を注文することが出来る。
本業のパソコンではなく、飲食で稼いでいるところが多いとの噂も耳にしている。

日本でも「ネットカフェ難民」なんて言葉で社会問題になっているが、中国でも状況は似たものだ。
読者のコメントから
遼寧省営口市在住さんが、大変興味深い考察をされているので紹介します。

「網吧」は表向き儲かっていそうも無いのに、なぜこんなに多いのか?
この疑問が少々解けてきましたよ。
このカギもやはり「ゲーム」です。
「網吧」で遊んでいる連中の7~8割はゲーム(オンラインゲーム)をしているわけですが、このゲームも人気のある「対戦型」や「多数同時参加型」のある種のゲームだと、そのゲームの中に入るのに有料のスクラッチ・カードを買って、それに書いてあるIDやパスワードなどを打ち込まないと入れない物があるようです。
「網吧」ではそのカードも売っていて、これの利益が案外大きいんじゃないかと思われます。
それとゲームの中では一種のヴァーチャル・マネーのような通貨が使われているものがあって、得点で増えるとか、それをゲームの中で色々に使ってプレーすることがあるようですが、そのヴァーチャル・マネーが現実の人民元と交換性を持っている場合があり(そうなると一種の賭博になりますが)、それに「網吧」側が何らかの形で関与していて、利益を取っている可能性があるわけです。
これもどうやらある線までは、現行法では法的な規制ができないようで、明らかな賭博行為なら取り締まりということにもなるんでしょうが、色々と抜け穴があるようです。
そう考えると「網吧」(ネットカフェ)は実は「1時間2元」で場所貸ししたり、1本3元のコーラなんかを売っているだけじゃなく、もっと美味しい稼ぎがあるから続いているんだということが判って来ました。

しかも、自分でPCを持っていても「網吧」に来る連中が多いんだそうで、それは「網吧」のPCがゲーム用にグレードアップした機種で、家庭用や事務用のPCなどではMMORPGと呼ばれるオンラインゲームのハイレベルのものは全然動かないからだそうです。
この種のオンラインゲームと言うのは、日本ではどういうわけかあんまり流行っていなくて、韓国や中国の方が圧倒的に多いらしいですが、それでも日本でも少数ながら熱狂的なゲームファンがいるようで、彼らのために特に組み上げたショップブランドの「ゲーム専用PC」というのがあって、ネット上に広告なんかも出ていますが、大体15~25万円ぐらいしていますよ。

KMさんがおっしゃっていた大学付近の「網吧」が減りつつあるというのは、実は学生のPC保有率が高くなったというのは主な理由ではなく(人気のある高度なオンラインゲームの場合はそういう普通のPCや、ましてや拡張性の低いノートPC なんかでは全く動かないそうですから)、最近、どこの大学でもオンラインゲームにハマり過ぎて中毒になり、不登校や成績不振の学生が非常に増えていて、それに警戒した大学側が付近の「網吧」への学生の出入りを規制しているためだと思われます。
これに関してはCCTV(中国中央テレビ)でも、何度もそういう内容のドキュメンタリー番組をやっていて、一種の社会問題化しつつあるようです。

コメント

大学周辺のネットバー

写真のネットバーの機種は古いですね。現在ではディスプレーは液晶でOSはXPです。大学周辺でこういう店は間もなく営業休止なるでしょう。というのは、すでに、大学周辺のネットバーは撤退時期に入っています。成都の西南交通大学本キャンパス(院生のみ)のは次々レストランなどになって、数年前から見ると半減以下です。学部生がいて大人数の新キャンパス周辺でほとんど見ません。学生のパソコン保有率が高くなっていますから。私の学生でも下級生の方が高いです。4人一部屋の寮で、複数人が保有していのも普通になりつつあります。

  • 2007/07/19(木) 07:53:29 |
  • URL |
  • KM #NscJhb76
  • [ 編集]

確かに古いと思う

このPCは確かに古いと思う。
中国でのPCの価格は分からないが、でも、ネットゲームをするくらいならディスプレイがブラウン管式で、部品をジャンク物又はネットオークションを使って買い自作PCにすれば、日本では30000円あれば作れますよ。
2年前で10000円/800元で計算すれば24000元で作れる。
ちなみに私のPCも自作だが、新しい部品を20000円で買って
残りは古いPCから取り外して組み立てたから、こんな金額で出来ましたよ。
ただ、来月も大連に行かないといけないので、今はPCに注ぎ込む小遣いが無いから新しく出来ない。(涙)
しかし、中国でビックリしたのは、瓦房店の田舎の彼女のお姉さんの
家で、甥がPCでネットゲームをしていた事にはビックリした。
だって、その家はガスも無い、水道も無い、風呂も無い、トイレは外で野つぼ、
照明は暗い(中国はどこも暗いようだ)電化製品といえば、TVとDVDプレイヤーと冷蔵庫しか無いような家でPCがあり、しかもインターネットをしているなんで・・・・・・


  • 2007/07/19(木) 09:16:56 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

網吧のPCは高性能でないとダメ

俺もPCにはあんまり詳しくないんですが、ただ今時のネットゲームと言うのは非常に重たい(大容量の)3D動画とプログラムの固まりみたいなもんですから、低スペックのPCでは全くサクサクとは動かないんですよね。
それに通信回線も最低でもADSL以上の高速回線でないと全くダメです。
単なるインターネット端末として使ったり、WordやExcel程度のビジネスソフトを使うぐらいだったら(ビジネスユースの大部分はそんなものです)、安物のPCでも十分ですが、中国の網吧(インターネットカフェ)のように大部分の客がネットワークゲームで遊ぶためには、実はかなり高性能のPCが必要なのですよ。
少なくともメーカー製の家庭用や事務用のPCよりはよほど高性能でなければいけないし、したがって値段も高いわけです。

そこで、実際にはどのぐらいの価格なのかと思って中国トップブランドの「聯想(Lenovo)」のサイトを見てみると、「商用電脳」の中に「網吧機型」(ネットカフェ専用機)というのが2モデル出ていて、価格を見ると何と、高い方が10,099元、安い方でも9,399元(いずれも液晶ディスプレイ込み)となっています。
まあ、これは一番高い部類でしょうから、ここまでは行かないにしても、3D動画をサクサク動かすために最も重要なグラフィックボードは上記の「聯想」では「RADEON X1600PRO 256MB」(日本でも単体で15,000円ぐらい)を搭載していますし、CPUも処理能力の高速な物が必要で、メモリーだって1GBぐらい積んでないとダメでしょう。
しかも網吧のPCってのは、場所によってはほとんど24時間動かしてますから、低品質のニセモノ・パーツなんかじゃ、すぐにイカレてしまうので、高くても本物を使わないと却って高くつきます。
キーボードだってガンガン叩きまくるわけですから、相当丈夫なのを使わないとすぐにヘタってしまう。
そう考えると、仮にこれらをショップで組んだとしても、全て新品なら7~8,000元ぐらいかかるんじゃないでしょうか。
5,000元以下ではどう考えてもできないでしょうね。
以前にでっつさんも書いていましたが、パーツの値段も日本より高いです。
もちろん、実際にはもっと低スペックのPCを使ってる店も多いでしょうが、そういう店は画面の動きがトロくて、ゲームの醍醐味や臨場感が半減しますから、ゲームのヘビーユーザーには敬遠されるわけで、PCのスペックと言うのが集客のための売りにもなるわけです。

そういうわけで、「網吧」の設備投資って、実は結構高くつくんだと思いますよ。
それでも料金を無闇に上げるわけにも行きませんし、立地の良いところは店の家賃も高いでしょうから、それで「1時間2元」とかじゃ本当に薄利の商売なんだと思いますよ。

  • 2007/07/19(木) 12:50:49 |
  • URL |
  • 遼寧省営口市在住 #-
  • [ 編集]

パソコンが1万元!

>KMさん、こうちゃん、遼寧省営口市在住さん
みなさんが同じ主旨を書いていらっしゃいますね。
この網吧は、ある大学の裏手にあるので、客の大半は学生だと思います。
結構多くの客が入っているので、すぐに潰れるようなことはなさそうです。
私は、ゲームは全くやらないので詳しくは分かりませんが、最近では、ほぼ実写に近いような立体画像が動くので、グラフィックの負担が大きいと言うことですかね。
パソコンに1万元も出したら、1日24時間稼動したとしても、1時間2元の収入なら回収に208日(7ヶ月)かかる計算です。その頃には、キーボードやマウスは相当痛んでいるでしょうし、割の合う商売じゃないような気がします。
それにしても、網吧の数は、すごく多いですよ。

  • 2007/07/20(金) 06:28:07 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

補足

「網吧」は表向き儲かっていそうも無いのに、なぜこんなに多いのか?
この疑問が少々解けてきましたよ。
このカギもやはり「ゲーム」です。
「網吧」で遊んでいる連中の7~8割はゲーム(オンラインゲーム)をしているわけですが、このゲームも人気のある「対戦型」や「多数同時参加型」のある種のゲームだと、そのゲームの中に入るのに有料のスクラッチ・カードを買って、それに書いてあるIDやパスワードなどを打ち込まないと入れない物があるようです。
「網吧」ではそのカードも売っていて、これの利益が案外大きいんじゃないかと思われます。
それとゲームの中では一種のヴァーチャル・マネーのような通貨が使われているものがあって、得点で増えるとか、それをゲームの中で色々に使ってプレーすることがあるようですが、そのヴァーチャル・マネーが現実の人民元と交換性を持っている場合があり(そうなると一種の賭博になりますが)、それに「網吧」側が何らかの形で関与していて、利益を取っている可能性があるわけです。
これもどうやらある線までは、現行法では法的な規制ができないようで、明らかな賭博行為なら取り締まりということにもなるんでしょうが、色々と抜け穴があるようです。
そう考えると「網吧」(ネットカフェ)は実は「1時間2元」で場所貸ししたり、1本3元のコーラなんかを売っているだけじゃなく、もっと美味しい稼ぎがあるから続いているんだということが判って来ました。

しかも、自分でPCを持っていても「網吧」に来る連中が多いんだそうで、それは「網吧」のPCがゲーム用にグレードアップした機種で、家庭用や事務用のPCなどではMMORPGと呼ばれるオンラインゲームのハイレベルのものは全然動かないからだそうです。
この種のオンラインゲームと言うのは、日本ではどういうわけかあんまり流行っていなくて、韓国や中国の方が圧倒的に多いらしいですが、それでも日本でも少数ながら熱狂的なゲームファンがいるようで、彼らのために特に組み上げたショップブランドの「ゲーム専用PC」というのがあって、ネット上に広告なんかも出ていますが、大体15~25万円ぐらいしていますよ。

KMさんがおっしゃっていた大学付近の「網吧」が減りつつあるというのは、実は学生のPC保有率が高くなったというのは主な理由ではなく(人気のある高度なオンラインゲームの場合はそういう普通のPCや、ましてや拡張性の低いノートPCなんかでは全く動かないそうですから)、最近、どこの大学でもオンラインゲームにハマり過ぎて中毒になり、不登校や成績不振の学生が非常に増えていて、それに警戒した大学側が付近の「網吧」への学生の出入りを規制しているためだと思われます。
これに関してはCCTV(中国中央テレビ)でも、何度もそういう内容のドキュメンタリー番組をやっていて、一種の社会問題化しつつあるようです。

  • 2007/07/20(金) 16:35:49 |
  • URL |
  • 遼寧省営口市在住 #-
  • [ 編集]

オンラインゲームの仮想現金

>遼寧省営口市在住さん
いつもながら、丁寧な考察をありがとうございます。
本文に転載させていただきました。

  • 2007/07/26(木) 22:54:44 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/608-39255d1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。