大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【急救】

勘違い中国語シリーズ054【急救】

ここは、開発区の中央部にある、開発区医院の「救命救急センター」の入り口だ。

中国の緊急電話番号は、警察は110番消防は119番で日本と同じだ。
日本で119番に電話をすると、
「火事ですか、救急ですか?」と確認を求めるらしい。
この時間が勿体無いので、救急を別の番号に変更したら!
と言う提案があるが、中国では、これを先取りして、救急は120番であり、火事とは別の番号になっているのだ。

「か、か、火事です、怪我してます、消防車と救急車、来てください!!」と時には、両方の場合もあるだろうが。

070324kyukyu.jpg
さて、この看板だが、ちゃんと「急救中心」と表示してある。
「中心」は文字通り「センター」なので問題ないが、何か違和感があるなぁ。
んん?
語順が違うような??
そうか、日本語の「救急」は、「救うために急ぐ」のだが、
中国の「急救」は、「急いで救う」ということか。

実は、日本語と中国語の間には、こんな風に、全く同じ意味なのだが文字順が逆になっている単語が結構たくさんあるのだ。

例えば(本来中国文字は簡体字なのだが、ここでは日本文字で代用する)
「平和」「和平」
「施設」「設施」
「期日」「日期」
「売買」「買売」
「紹介」「介紹」
「静粛」「粛静」
「静寂」「寂静」
「短縮」「縮短」
「落剥」「剥落」
「隠退」「退隠」
「淫売」「売淫」
「出演」「演出」
もっといっぱいあるんだろうけど、例示はここまで。

月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

コメント

始めて日本語を勉強した時に、よく「紹介」を「介紹」と書き間違いました。 v-402

  • 2007/07/01(日) 13:41:12 |
  • URL |
  • RIN #-
  • [ 編集]

庄河、小桂林

でっつさん、次の冰峪溝なんですが、コメントできないです。
先日、行ってきましたが、なんか、蒸し暑かったですね。

行く途中の道は、土地の住民が勝手に封鎖して、手数料取ってるのには、まいりました。
さすが、中国、なんでもありだな、と。

  • 2007/07/03(火) 10:27:17 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/622-7b57fd16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。