大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【馬虎】

071026mahu.jpg
そそっかしい。いいかげんだ。ぞんざいである。うかつである。

人々は「馬虎」を「ぞんざい」であるとか「不注意」であるという意味で使っているが、この言葉の背景には、一つの血涙の事実があったのだ。

宋の時代の京城に一人の画家がいた。
作風は気ままで、人々は彼が何を追及しようとしているのか良く分からなかった。

あるとき一頭の虎の顔を描き終えた丁度そのとき、一人の客が馬を描いてくれと訪ねて来た。画家は、すかさず虎の顔に馬の身体を描き加えた。
客が「一体全体、これは馬かね?それとも虎かね?」と聞くと、「馬馬虎虎!」と答えた。

客が要らないといったので、画家は応接間に飾っておいた。
長男が「お父さん、これは何の絵なの?」と聞くと「これは虎だよ」と答えた。
次男が「お父さん、これは何の絵なの?」と聞くと「これは馬だよ」と答えた。

やがて、長男が狩りに出かけたとき、他人の馬を虎だと思いこんで射殺してしまった。画家は馬主に弁償しなければならなかった。
次男が外出したとき偶然虎と出会ったが、次男は馬だと思って乗馬のように背中に乗ろうとして、虎に食い殺されてしまった。
画家は悲痛に苦しみ、その絵を焼いて、一首の詩を書いて自分を責めた。

   馬虎図
   馬虎図
   馬に似てまた虎に似て
   長男は図のために馬を殺し
   次男は図のために虎に食い殺された
   粗末な家で焼いた馬虎図
   尊敬する諸君 私を真似るでない


この詩は、良い出来とは言えないが、この教訓は問題の本質に触れている、ここから、「馬虎」の言葉が言い伝えられている。

2007年10月26日追記:
「馬虎」の場合、「虎」の三声は間違いではないかとのコメントをいただきました。
手元の辞書で調べたところ、「馬虎」では「虎」は軽声で、「馬馬虎虎」では一声でした。
これまでの表示、「虎」が三声は誤りでしたので、お詫びして、軽声に訂正します。
ご指摘を頂いたXXXさん、ありがとうございました。(匿名なので名前を伏せます)

コメント

訂正しました。

>管理人宛コメントさん
誤りのご指摘、ありがとうございました。
手元の、3種類の辞書で調べたところ、「馬虎」の場合「虎」は、軽声でしたので、そのように訂正しました。ただし「馬馬虎虎」の場合は、一声でした。
一人で書いているので、思い込みや単純ミスもありますので、また、お気づきの点がありましたら、ご指摘ください。

  • 2007/10/27(土) 00:14:36 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

まじビビリました!!!

は、は、はじめまして。。。
いやー、試しに【馬虎】で検索(google)してみたら、
1個目か、2個目で、出ていたので、
FC2とは知らず、開けてみたらビックリ!
エッ。
僕と同じテンプレートだし、、、しかも中語ネタ。。。
って、僕も思いつきで馬虎ネタを書いてみたんですが、
『まぁ、まぁ』って意味ありませんでしたっけ?
適当とか、、、中語で言う『隨便』みたいな。。。
いやー、勉強になりました。
今後もちょくちょく見に来ようと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/623-a22636aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。