大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の道路標識

中国の道路標識の表示は、基本的には日本と共通なので、見れば大体のところは分かる。

いくつか紹介しよう。

070705truck.jpgこれは、貨物自動車通行禁止の標識で、
一番上が中国、

真中が日本、

下がアメリカの標識だ。

絵の巧拙はともかくとして、トラックに赤い斜線を引いて禁止を表しているのは、日中米共に共通している。

しかし、中国とアメリカのトラックは左を向いているが、日本のトラックは右を向いている。
自動車の右側通行、左側通行の違いに関係しているのだろうか?



070705bike.jpg
次は、バイクというかオートバイ通行禁止だが、やはり、

中国の標識は(上)は、左を向いているが、

日本の標識(下)は右を向いている。


070719kousan.jpg

いろいろな標識を探していたら、こんなものがあった。
工事車両とおんぼろ三輪車の通行禁止だ。

大連では、こんな車が建築工事現場でたくさん走っている。
workcar.jpg
前方の荷台がダンプカーのように傾斜して、積荷(主に土砂)を降ろすことが出来る優れものだが、工事現場だけではなく公道も走ることがあるので、通行禁止標識が出されるのだろう。

下側の乗り物は、おんぼろ三輪車だ。

農家のおっさんやおばさんが、野菜を積んで田舎から走ってくる。三輪車と言うけど、構造はオートバイそのものだ。

こんな通行禁止標識もある。
070728sanrin.jpg

この標識に合うのは、こんな三輪車だな。
三輪車は横転しやすく危険な乗り物なので、さっさとなくしてしまえば良いのに、相変わらず豪快なエンジン音を発して走っている。

070728sanrin.jpg


070705bakou.jpg

こんな標識もあった。
見て分かるとおり、荷馬車の通行禁止だ。
今時、荷馬車が公道を走るのかい?って?


大連では、交通標識に掲げるほどに荷馬車の通行があるという証だ。実際、時々このような荷馬車(ロバ車)を見かけるが、日本ではもういないだろうな。051103basha.jpg


070719riyaka.jpg上はリヤカー通行禁止、下は電動自転車通行禁止。

中国にはリヤカー通行禁止の標識があるぞ、なんて笑っていたら、なんと日本にもこんなのがあった。
niguruma.gif これは、「自転車以外の軽車両通行禁止」を表している。
自転車以外の軽車両って何かと思ったら、乳母車、お年寄りの自走車椅子などをさすようだ。


070705oikosi.jpg

追い越し禁止の標識はこうなる。
上が中国で、下が日本。
中国では、車が右側通行なので、当然追い越し車線は左側になるのだが、見た瞬間に違和感がある。50年以上も追い越しは右車線の社会で育ったのだから、身体にしみこんでいるのだろう。

070719sokudo.jpg

日本では見ることが無い、最高速度が120キロの規制標識。

070703keiteki.jpg

別の記事にも書いたが、中国の市街地には、警笛禁止の標識が乱立している。日本には逆に「警笛鳴らせ」はあるのだが、「警笛禁止」の標識はない。日中の運転手の気質の違いを表している。


070705chuteikin.jpg

これは、駐停車禁止の標識で、日本と変わりが無いが、下の補助標識が凄い。
絵の通り、「違反車はレッカーでしょっ引くぞ」という訳だ。




中国の道路標識の極めつけはこれだ。
070719baku.jpg
イラクやアフガンじゃないのだから「自爆テロ禁止」の標識ではない。テロリストが標識を見て遵守するとも思えないし。

日本ならkikenbutsu.gif下の標識と同じで、「危険物積載車両通行禁止」を意味しているそうだ。
(本誌読者の遼寧省営口市在住さんが、探してくれたのでやっと意味が分かった)


視認性の良さが交通標識のデザインセンスで最も大事だと思うのだが、この標識は、全く作者の意図が伝わらない。


最後におまけ:
hitchhike.gif交通標識を調べていたら、アメリカにはこんな標識があったので紹介する。
視認性という点では、大変良く分かると思う。
「ヒッチハイク禁止」の標識だ。


コメント

中国の道路標識

中国の道路標識は日本では思いつかないような物がありますね。
実は、私の婚約者が先日中国で自動車の運転免許を取得しました。
日本と中国とでは国際免許の協定がありません。
初めは、日本に招聘してから自動車学校に通って免許を取得させようかと
思っていました。

しかし、中国の免許を持っていると日本で免許の試験を日本の
免許センターで受ける事が出来るそうです。
但し、自国で3ヵ月以上の運転経験が条件だそうですけど、
その証明はパスポートで良いそうですから、実質は免許を取得してから
3ヵ月以上自国内に居た事が証明されれば受けられます。
日本で運転免許を取得する為には、オートマ限定でも30万円はしますし
それならいっそ中国で取得してからと考えました。
実際に身近に中国の運転免許を取ってから日本で取得した人が
いますから、教えて貰いました。
問題は、でっつさんがご指摘のように中国独自の交通ルールがあるみたいですので

前置きが長くなりましたが、
彼女が日本に来たとき日本と中国の交通ルールの違いを教えないといけないので
中国と日本の交通ルールの違いを教えて下さい。

  • 2007/11/08(木) 13:30:09 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

交通ルールよりマナー

>こうちゃん
日中の交通ルールに詳しいわけではないので、細かいルールは良く分かりませんが、大きな違いは、二つありますね。
(1)日本では、車が左側を走ること
(2)日本では、赤信号では右折も左折も出来ないこと
  (中国では、赤信号でも右折は常時可能)

ルール以上に大切なことが交通マナーでしょう
(1)お先にどうぞ、譲り合いの心(強引に割り込まない)
(2)どんな場合でも歩行者優先
(3)やたらにクラクションを鳴らさない
(4)窓からタンを吐かない、タバコなどゴミを捨てない
(5)シートベルト装着、走行中の携帯電話禁止
(6)微量でも飲酒後の運転禁止
(7)トラックの荷台に人を乗せない
(8)交差点では直進車優先
他にも細かいことはたくさんありますが、基本的には運転中に限らず、他人を思いやる気持ちではないでしょうか。

  • 2007/11/09(金) 07:30:29 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

私が驚いたのは

今年、大連に行った時、友人が会社の車で迎えに来てくれました(公用車を私有化というのも、中国の常識なんですねえ)
助手席には4歳になる男の子が。
シートベルトもせず、おもちゃの鉄砲で遊びまわる子供を、お父さんは運転しながら片手で押さえたり引っ張ったり。
その間ずっと80キロ~100キロ走行。往復二時間。
車の列を右に左に割り込みながらクラクションを鳴らし、足と手を自在に操る技に驚きました。

でも、事故が起きたら、子供は真っ先に車から放り出されて即死でしょうね・・・
自分が悪くなくても向こうからぶつかって来る災難もありますから。
何もないことを祈るばかりです。

  • 2007/11/09(金) 11:09:55 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

  • 2007/11/09(金) 16:47:32 |
  • URL |
  • みんな の プロフィール #-
  • [ 編集]

やっぱり交通マナー

>カンカンさん
実際に中国では交通事故が多いです。
通勤の途中でも随分見掛けました。
これは、交通規則というよりも、やっぱりマナーの問題だと思いますよ。

  • 2007/11/10(土) 20:55:22 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/635-665b3a38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。