大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴下売り

今日の路上販売は、靴下売りだ。
ダンボール箱に靴下を並べて売っている。

写真で見えるだろうか?「ナイキ」と「アディダス」のマークが並んでいる。本物かどうかと聞かれたら、分からないとしか言いようが無いが、値段から判断すれば、ずぅえったい偽物だろう。
だって、2足で5元だよ。本物のはずがない。

1足2.5元ということは、日本円で32円だ。2~3回穿いて傷むようなら使い捨てにしてもいいくらいだ。どこから仕入れてくるのか知らないけど、こんな風に靴下を売っている人が、周囲に4~5人はいる。

靴下に限らず、スポーツジャージや、Tシャツなどのブランドでは、「ナイキ」「アディダス」「美津濃」が多い。どれもこれも全部偽物のような気がしてならない。
キーワード:偽ブランド、スポーツ用品

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/64-553c05a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。